漫画ネタバレ

吸血鬼すぐ死ぬ221話ネタバレ!吸血鬼の文化(ウソ)を学ぼう!!

2020年9月10日発売のチャンピオン41号掲載の「吸血鬼すぐ死ぬ」についてネタバレをまとめました。

吸血鬼すぐ死ぬ最新話を無料で読む方法は?

吸血鬼すぐ死ぬ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、吸血鬼すぐ死ぬ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
吸血鬼すぐ死ぬ最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

サンダー・ボルトの充電方法を理解したロナルドとドラルクは、充電に協力します。

最後には恥を捨て、サンダー・ボルトは見事変態吸血鬼の仲間入りを果たしたのでした。

(※前回と今回の話に繋がりはありません)

吸血鬼すぐ死ぬ220話のネタバレはこちら

吸血鬼すぐ死ぬ221話のネタバレ

ロナルドは、呵々屋敷教授への取材の件で悩んでいます。

呵々屋敷 大正教授は、人間から吸血鬼となった存在で、両種族の文化史を研究しています。

その著作は高い評価を受けており、今回ロナルドは、ロナ戦の関係で取材することになりました。

しかし、気難しい人らしいのです。

ドラルクは、失礼のない立ち振る舞いができるのかと問います。

ロナルドはうるせぇと言いつつ、お土産も買ったとドラルクに見せました。

出したのは、黒くて長い箱です。

中には、ちょっとお高い血液ボトルが入っており、プレゼント用に銀色のリボンが結んであります。

ドラルクはヒョホホーイと指さし、吸血鬼=血というテンプレ知識をあざ笑いました。

いきなり血というのが重いのだと指摘します。

血は、吸血鬼にとっての主食です。

つまり、初対面に人にいきなりお米やハムを持っていくようなものなのです。

ロナルドは自分のその姿を想像して「ウッ」とひるみました。

また、装飾もいただけません。

古い吸血鬼は銀を苦手とすることは知っているだろうとドラルクが言うと、ロナルドは反論しました。

銀は銀でも、銀色です。

色まで苦手なわけじゃないと言います。

ドラルクは、ファッションに使ったりもするが、決してハレの色ではないと言いました。

例えば、もしも贈り物の熨斗が黒一色だったら……とドラルクが例えを出すと、ロナルドも確かにと納得しました。

ドラルクは註釈をつけ、吸血鬼のなかでも中二病の奴はやたらシルバーを着たがると言いました。

この流れで、ドラルクは更に言います。

間違っても棺桶の場所とか聞くんじゃないよという声に、ロナルドがなぜだときくと、プロポーズの言葉になっちゃうとドラルクは答えました。

古来、吸血鬼の退治方法は棺桶に杭を打つというものでした。

したがって、棺桶の場所を聞くということは「貴方の命を私に預けてください」という意味になり、求婚になってしまうのです。

寝室や地下室の場所を尋ねるのも、口説き文句のようになるので気をつけろとドラルクは言いました。

ロナルドはポリポリと頭を掻き、吸血鬼退治の方法は知っていても吸血鬼文化には疎い事を恥じました。

「あー…、もっと教えてくれるか?」

「もちろんだよロナルド君!!」

ドラルクはキリッとした顔で請け負いましたが、内心は違います。

ウソつく気まんまんです。

今ならロナルドに何を言っても、子犬のごとく信じるでしょう。

ドラルクは至極真面目な顔で、まずは挨拶の仕方(ウソ)を教えました。

人間のお辞儀は、相手に首を差し出して敵意のないことを示したのが由来という俗説があります。

吸血鬼への挨拶も同じ変化をとげて、うなじを差し出します。(ウソ)

これは、あなたは私を噛まないと信頼しています、という意味です。(ウソ)

また、入室は小粋なジョークとともに入ります。(ウソ)

これはユーモアを愛した貴族文化からの伝統です。(ウソ)

ロナルドは「なるほど」と真剣に聞き入っています。

ドラルクは顔を近づけ、ジョークのセンスは古ければ古いほど良い(ウソ)と言いました。

また、会話の途中で一発ギャグを挟むと通です。(ウソ)

ちなみに150年前、ヴァージン会議という事件がありました。(ウソ)

吸血鬼のもとに単身乗り込んだヴァージンが、敵意がないことを示すために愛剣をケツで割ったという出来事です。(ウソ)

これが現在のケツ割り一発ギャグの起源です。(ウソ)

そして吸血鬼はダンスが大好きで、何が起きてもとりあえずインド映画ばりに踊りくるっておけば解決します。(ウソ)

ロナルドは素直すぎるほど驚き、インドの吸血鬼超平和じゃんと叫びました。

と、そこへフクマさんがやってきました。

取材訪問する時間です。

フクマさんが壁に亜空間をつくってくれました。

ドラルクは、取材が今日だったことに驚きます。

ウソのせいで取材がめちゃくちゃになったら、フクマさんのバトルアックスで自分がめちゃくちゃにされるに決まっています。

ドラルクがタンマと言いかけますが、フクマさんに捕まり呵々屋敷教授のもとへ転送されてしまいました。

 

呵々屋敷教授の私邸は、某県某所にあります。

教授は書斎で椅子に座り、本を読んでいました。

髪形はオールバックで、シンプルなワイシャツを着てメガネをかけています。

人間のようですが、耳はしっかり尖っています。

静かな面持ちの教授ですが、心の中では陽気なラップが始まっています。

実は教授自身、すごく笑い上戸で陽気ですが、笑い方がおかしいので無口を心掛けているのです。

そのおかげで厳格な性格だと思われていますが、内心ではフランクな関係を築きたいと思っています。

チャイムが鳴りました。

教授が扉を開けると、そこにはムキムキポーズをして筋肉をみせつけるロナルドがいました。

「はじめまして先生、ロナルドと申しマッスル」

ロナルドは後ろを向いてうなじを見せ

「こんばんワンダフル」

と言いました。

教授は厳しい顔で、デュホホww勘弁してくださいと心の中で叫び唇を噛みます。

ロナルドの後ろではドラルクがあまりの出来事に灰と化しています。

教授が居間へ案内すると、ロナルドはまたギャグで返しました。

教授は笑ってしまわないように、眉をつり上げて口をギュッと閉じています。

ロナルドは、ギャグがお気に召さなかったのかと、いただいたお茶でもギャグを連発しました。

教授はますます怒り心頭、という顔をします。

しかしその心の中では笑いをこらえまくっています。

ドラルクは、なんとか奇行を止めないとフクマさんに殺されると思っています。

ロナルドは重い空気に耐え兼ね、一度は着た上着をまた脱ぎました。

「不肖ロナルド、一発芸します!!」

「やめろ―――!!!」

ドラルクが叫び、立ち上がったロナルドの全身を隠すように風を巻き起こします。

その風がおさまると、なんと、ロナルドはシャツをめくりあげており、乳首や腹にマジックで顔が描かれていました。

教授は思わずドゥフェーグェーボボボと笑ってしまいました。

それが笑い声だと気づかず、一大事だと思ったロナルドは最後の手段に出ます。

裸に謎のスカートを身に着けたロナルドがカッと両手を鶴のようにあげて踊る体勢になりました。

ドラルクが灰になって崩れ落ちます。

ところがなんと教授も、カッと鶴のように両手をあげ、応えてくれたのです。

4人は踊りました。

サーズデーナイトフィーバーです!

 

その後は普通に取材できました。

 

吸血鬼すぐ死ぬ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、吸血鬼すぐ死ぬ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
吸血鬼すぐ死ぬ最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

吸血鬼すぐ死ぬ221話の感想

テンポがよくてすごく笑いました。

次回も楽しみです。

次回の吸血鬼すぐ死ぬが掲載されるチャンピオン42号は9月17日発売です。

吸血鬼すぐ死ぬ222話のネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国