漫画ネタバレ

舞妓さんちのまかないさん204話ネタバレ!久々の二人きり!

2021年6月16日発売の週刊少年サンデー29号掲載の「舞妓さんちのまかないさん」についてネタバレをまとめました。

舞妓さんちのまかないさんを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

舞妓さんちのまかないさんを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年サンデーで連載中の「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む方法をまとめました。 舞妓さんちのまかないさんを無料で読むならコ...

【前回のあらすじ】

健太はスミレを助けるためにキヨに連絡をして、無敵のラスクを作って届けてもらいました。

それをみたスミレは昔の二人を思い出し、晴れやかな笑顔を浮かべて「自分は踊るのが好きだから舞台に立ちたい」と師匠とお母さんに言いに行くことができたのです。

舞妓さんちのまかないさん203話のネタバレはこちら!

舞妓さんちのまかないさん204話おおきに。のネタバレ

美しい姿で千秋楽最後のステージにたつ百はな・・・

その愛らしい姿を録画した映像をキヨは食い入るように見つめていました。

「何みてはるん」

そういって部屋に入ってきたのは百はなでした。

「あ!これね!男衆の人らが昨日の千秋楽とってきてくれたの!すーちゃんすごいね!大評判だったって!」

自分のこと以上に大喜びのキヨにポカンとしながらも、百はなは嬉しくてたまらず、顔をほころばせます。

すーちゃんはすごい!そう言ってブンブンと百はなの腕をふりまわすキヨをみて、百はなはスミレの表情でようやく年相応な笑顔を見せました。

肝心の足の怪我でしたが、その後病院に行った結果、しばらくは安静にする必要がありますが問題はないと言われたと百はなはいいます。

本当は今日の午後はお得意様が足洗いなどの怪我にきく場所に連れて行ってくれることになっていたのですが、百子がすべて断ったのだと言いました。

「あんたは休み」

そう一言で言い切られた百はなは、やることもなく、久しぶりに家でお昼ごはんが食べられるといい、その言葉にキヨは更に喜びます。

「今日はみんな外なんだー、一緒に台所で食べよ!」

そういって台所へと歩き出したキヨを見て、百はなはあのラスクのお礼をどう言おうかと考えあぐねていました。

ラスク美味しかったよ、だけですむようなお礼じゃないと思った百はなだったのですが、どうしても他に言える言葉が見つからないのです。

そのままキヨについて台所へとむかった百はな、彼女が料理の支度をするのを久々に見ることとなりました。

テキパキとエプロンを身につけるキヨは絵になるため、吸い寄せられるように百はなは見つめてしまっていたのです。

キヨはお昼ごはんのメニュー選びに悩みますが、ふきのとうやら竹の子やらをどう使うかと悩みだし、それをみてふと百はなは気が付きました。

自分たちがお稽古や舞台で頑張っているときに、キヨもまた屋形でご飯を作るだけではなく、様々な仕事をこなしていてくれたのだと。

荷物の受け取り、料理の献立を考える、下ごしらえ、買い出しに不規則な出退勤を行う舞妓さんたちへの食事作り・・・

生半可な仕事ではないキヨの仕事を、彼女は楽しくこなしていたのです。

百はながそんな自分が見ていないキヨの仕事を想像している間に、キヨはあっという間にお昼ごはんを作り上げていました。

「できたよ」

そういって差し出されたお昼ごはんは季節の食材がふんだんに使われた、余り物パスタでした!

燻製されたベーコンと、ふきのとうのみそ和えや竹の子をいれて軽く炒めたパスタは、正に春の味覚といったメニューです。

二人でパクパクとそのパスタを食べながら、百はなは少しだけ考えていいます。

「おおきにな」

彼女の感謝の言葉にキヨは不思議そうに首を傾げますが、特に気にはせずうなずきました。

そんなキヨと過ごす時間が百はなには何よりの幸せだったのです・・・

舞妓さんちのまかないさんを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

舞妓さんちのまかないさんを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年サンデーで連載中の「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む方法をまとめました。 舞妓さんちのまかないさんを無料で読むならコ...

舞妓さんちのまかないさん204話おおきに。の感想

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

結局千秋楽に出ることができた百はな!本当によかったです・・・!

しかも足の怪我は大事にならなかったようで・・・よかったです~!

次回の舞妓さんちのまかないさん205話が掲載される週間少年サンデー31号は6月30日の発売です!

舞妓さんちのまかないさん205話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍