漫画ネタバレ

舞妓さんちのまかないさん218話ネタバレ!それぞれの決意とは

2021年11月2日発売の週刊少年サンデー49号掲載の「舞妓さんちのまかないさん」についてネタバレをまとめました。

舞妓さんちのまかないさんを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

舞妓さんちのまかないさんを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年サンデーで連載中の「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む方法をまとめました。 舞妓さんちのまかないさんを無料で読むならコ...

舞妓さんちのまかないさんを全巻無料で一気読みする方法をまとめました!

舞妓さんちのまかないさんを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年サンデーで連載している「舞妓さんちのまかないさん」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 舞妓さ...

【前回のあらすじ】

理子は駒えみを名乗ることとなり、店出しの日を迎えました。

彼女が舞妓になるのを反対していた両親もその門出を祝いに来たのですが、母親はキヨと話すことで舞妓へのわだかまりが解けて素直に娘を応援できるよになります。

舞妓さんちのまかないさん217話のネタバレはこちら!

舞妓さんちのまかないさん218話この街で一緒に。のネタバレ

京都に暑い夏が来ました!

7月1日からはじまる祇園祭・・・

日本中だけでなく、世界中から観光客が集まり、京都の人口密度もあがっていきます。

そんな中、仕事で外出していた駒えみや百はなたち市の屋形の舞妓たちでしたが、百はなはふと何かに目を取られたのか、立ち止まり何かを見つめ始めました。

「どうかしはったんですか」

すぐにそれに気がついた駒えみがそう尋ねると、百はなははにかみながらいいます。

「勝山がうらやましゅうてな」

勝山・・・それは祇園祭の間だけ年長の舞妓のみが結うことを許される特殊な髪型のことです。

いつもの百はなたちが行っている髷とは違い、古式ゆかしい伝統にのっとった姫のような髪型にするのが勝山の特徴でした。

「お姫さんみたいやね」

百はなは勝山を結えたらなあ、と先輩であるつる駒の勝山をじぃっと見つめます。

駒えみはすぐに、あれはつる駒姉さんの髪やないのと中身がつる駒だから自分は羨ましいと思わないといいますが・・・

「聞こえとるで」

すぐにつる駒がツッコミにやってきます。

彼女は百はなたちに近づいてくると、うーん、と苦しそうに伸びをしました。

「勝山確かにかわええんやけど、重うてかなわんわぁ」

彼女は今年年長になりたての舞妓で、今回祇園祭で初めて勝山を結ってもらったのですが、さすが髷をたっぷりととって結うこともあり、この髪型は重かったのです!

「うち、さっき距離感が掴めんくて、日傘でひっかけてもうた~」

いつもよりもボリューミーな髪型ということもあり、いまいちうまく取り回せないという舞妓たちに、勝山歴の長い舞妓5年目の姉さんが口を挟みます。

「5年もやってればなれるよって」

頼もしいその言葉と、5年という歳月の重みに舞妓たちは「おぉ~」と感嘆の息を漏らしました。

百はなは楽しそうに話す同僚たちを眺めながら、自分もこのまま順調に舞妓として過ごせれば来年には祇園祭で勝山が結えるのだなと将来を夢想します・・・

そして、来年勝山を結えるように頑張らないと!と身を引き締めるのでした。

一方その頃、同じ京都で働いていた健太は買い出しを頼まれ京都を歩いていましたが・・・

舞妓たちとは違いTシャツにジーパンというラフな出で立ちですが、京都の蒸し暑さに負けてひどい顔をしながら店へと戻るところです。

(京都、夏あつすぎだろ・・・)

人混みにもあてられながら、ヘロヘロになって店へと戻るとそこには元気そうな先輩たちの姿が・・・

「おかえり!あーあー、暑さにやられたか!」

健太が弱っているのを見ていたずらっぽく笑った先輩は、アイスコーヒーを健太に飲ませてやりながら暑さには慣れろよといいます。

夏は京都にとって稼ぎ時の時期の一つ・・・

祇園祭の間はどの店も予約でいっぱいになってしまいます。

健太が働いているこの洋食屋も例外ではなく、今日も大忙しなのです。

「これから仕込みするから着替えてこいよ」

健太に仕込みをみせてやるという先輩の言葉に、健太は背筋を正し大きく返事を返しました。

(京都の夏になれる頃には、店の即戦力として働けるようになっておきてえ!)

健太は目つきを鋭くし、決意を新たにするのでした・・・

・・・百はなと健太が未来を見据え頑張ろうと考えていた頃、キヨはといえばいつもどおり季節季節の仕込みや家事を行っています。

ちょうど今は梅干しの仕込みが終わったところで、干し終わった梅干しの状態を確認していました。

「うん、よさそう」

作っていたのは梅干しと梅酢で、天日干しを行っていたのです。

三日三晩干す最後の工程は、今年は終日晴天だったため雨番をたてる必要もなくよかったとキヨはほほえみます。

ふっくら仕上がった梅干したちの乗ったざるを両手にかかげもちながら、彼女はそっと台所へと戻っていきました。

(去年は梅酢で紅生姜をつけられたな~、今年もやろう!)

ホクホクとした表情でキヨはこれから作ることのできそうな食べ物を夢想し、次々に保存瓶へと梅や梅酢をつめていきます。

それぞれが、京都の街で未来にむけてあるきだしていました。

舞妓さんちのまかないさんを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

舞妓さんちのまかないさんを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?週刊少年サンデーで連載中の「舞妓さんちのまかないさん」を無料で読む方法をまとめました。 舞妓さんちのまかないさんを無料で読むならコ...

舞妓さんちのまかないさんを全巻無料で一気読みする方法をまとめました!

舞妓さんちのまかないさんを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年サンデーで連載している「舞妓さんちのまかないさん」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 舞妓さ...

舞妓さんちのかまないさん218話この街で一緒に。の感想

勝山は年長さんしか結ってはいけない、しかも祇園祭の時のみの髪型だったとは!知りませんでした!

健太も百はなも、キヨも、3人が三者三様という様子で未来を考えているのは、見ていて清々しいですね。

次回の舞妓さんちのまかないさん219話が掲載される週間少年サンデー50号は11月10日の発売です!

舞妓さんちのまかないさん219話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍