漫画ネタバレ

舞妓さんちのまかないさん第169話ネタバレ!お母さんの一言は…。

2020年8月27日発売のサンデー39号掲載の「舞妓さんちのまかないさん」についてネタバレをまとめました。

舞妓さんちのまかないさん最新話を無料で読む方法は?

舞妓さんちのまかないさん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、舞妓さんちのまかないさん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
舞妓さんちのまかないさん最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

大晦日の健太の家は、どんちゃん騒ぎで盛り上がっています。

親戚に野球のことを聞かれても言い返さない健太に対して、健太の姉は怒りました。

キヨの家まで車を出すと言う姉に、健太は、来年の年越しそばは自分で作ると言いました。

舞妓さんちのまかないさん168話ネタバレはこちら

舞妓さんちのまかないさん第169話のネタバレ

すみれは両手で鼻と口をおさえて、盛大にくしゃみをしました。

はっくしゅん、はっくしゅんと二回連続です。

すみれは、青森の自分の部屋にいました。

カーテンは開けられており、窓の外には雪が降っています。

すみれは木の椅子に座っており、机の上には写真立てと本が数冊置いてあります。

半年ぶりなのでほこりがすごい、と言いつつ、すみれはもう一回くしゃみをしました。

昨日は寝るだけだったので何もしませんでしたが、今日は掃除すると決め、すみれは部屋を出ました。

台所にいるお母さんに、掃除機を借りると言いに行きます。

すみれのお母さんは流し台に立っており、エプロンの後ろ姿のまま、部屋のほこりがすごいのではないかと言いました。

「部屋の主がずっと留守だから。」

お母さんのその一言に、すみれの顔が曇ります。

うんと一言だけ言って、すみれはその場を去りました。

 

濡らした雑巾を絞ると、バケツにじゃーっと水が落ちました。

すみれは自分の部屋に雑巾をかけています。

机をふいて、たくさんのほこりに思わず笑うと、ふと、写真立てが目に入りました。

持ち上げます。

そこには、中学のセーラー服を着てピースをするすみれと、ひょっこり顔を出したように笑うキヨ、そして、ニッコリと微笑む舞妓さんが写っていました。

すみれは写真を眺め、この写真を撮った直後のことを思い出します。

 

中学生だったすみれは、家に帰ってくるなり「お母さん!!」と叫びました。

台所にいたお母さんは、聞いて聞いてと大声を出すすみれに、まずはおかえりと言いました。

すみれはただいまと言い、学校行事で舞妓さんが来たことを話しました。

すみれは興奮して、両手をほっぺたにあてて叫びます。

「私、初めて見た!! すっごく、すっ…ごく、キレイだったー!!」

先生に頼んで写真も撮ってもらったので、すみれはお母さんに見せました。

お母さんは、部屋に鞄を置いてからにしたらと言いますが、すみれの興奮は収まりません。

写真見てと言うすみれに、お母さんは眉尻をさげて、はいはいと笑いました。

お母さんは写真を手に取り、キレイと感想をもらしたあと、キヨも映っていることに気づきます。

すみれは一緒に撮ってもらったと言いました。

ほんとにほんとにステキだったとすみれは再度叫び、お母さんに資料を見せました。

すみれが図書館で調べたところによると、舞妓さんは中学校を卒業したらすぐに修行に入るらしいのです。

台所のテーブルには、すみれが集めた資料がどっさり山盛りに置かれています。

すみれは続けて、屋形という家に日本中から舞妓さんを目指している子たちが集まるなどと声高に言い続けます。

お母さんは、察しました。

そして、

「だめよすみれ。舞妓さんになるなんて。」

ハッキリ言いました。

すみれは、お母さんの突然の言葉に固まります。

しかしお母さんは続けます。

すみれはまだ15歳です。

もっと大人になってからでないと、将来に対して正しい判断ができるとは思わないと言い、写真をテーブルに置きました。

すみれは、怒って、それじゃ遅いと言い返します。

舞妓さんは10代じゃないとできない仕事だと主張するすみれですが、拒絶するように後ろを向いたお母さんは何も言いません。

すみれはお母さんの背中を怒ったように見つめていましたが、やがて泣きそうな表情で横を向きました。

テーブルに置かれた舞妓に関しての本に手をやり、すみれはそれでもやりたいという意思を見せます。

お母さんは後ろを向いたまま、どうしてもというなら反対できないと言いました。

でも、応援もできない――、そう告げます。

 

すみれは部屋の中で写真を見つめながら、当時のことを暗い表情で思い出しています。

と、すみれは指をこすりました。

この写真立てだけ、ほこりがつもっていないのです。

なぜつもっていないのか……、すみれがいない間、お母さんが定期的にこの写真立てを見ていたのではないかと、すみれは思いました。

すみれの頬に、少し赤みがさします。

お母さんは、何だかんだ言っても結局、屋形の挨拶には来てくれたのです。

 

今日のすみれの家のご飯は、やきそばと味噌汁と漬物です。

歓迎ムードなどは一切なしの、いたって普通のご飯です。

すみれはいつもと変わらないご飯にホッとしつつも、せっかく帰って来たのだから少しくらい好物とかあっても……とも思います。

そんなすみれの心を見透かしたように、お母さんは、からあげは要らないでしょうと言いました。

「むこうでキヨちゃんがちゃんと作ってくれてるでしょ?」

流し台に立つ、いつものお母さんの背中です。

お母さんは、顔をみればすみれが元気に暮らしているのだと分かると言い、親なんだから、とも付け加えました。

あの写真立ての写真には、キヨも一緒に写っています。

京都でも、すみれと一緒にいてくれるので、ちょっとだけ安心しているとお母さんは言いました。

でも、直後に「ちょっとだけよ。」と釘をさします。

「二人とも子供だもの。」

すみれはお母さんの背中を見つめ、笑いました。

今夜はキヨの家に行くすみれを、車で送ってくれるとお母さんは言います。

すみれは「おおきに」と、すっかり板についた京都の言葉でお礼を言いました。

 

 

舞妓さんちのまかないさん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、舞妓さんちのまかないさん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
舞妓さんちのまかないさん最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

舞妓さんちのまかないさん第169話の感想

 

次回も楽しみです。

次回の舞妓さんちのまかないさんが掲載されるサンデー40号は9月2日発売です。

舞妓さんちのまかないさん170話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍