漫画ネタバレ

舞妓さんちのまかないさん第173話ネタバレ!すみれの危険な遊び

2020年9月23日発売のサンデー43号掲載の「舞妓さんちのまかないさん」についてネタバレをまとめました。

舞妓さんちのまかないさん最新話を無料で読む方法は?

舞妓さんちのまかないさん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、舞妓さんちのまかないさん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
舞妓さんちのまかないさん最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

初もうでに来た3人は、行列に並びます。

すみれとばったり会った中学時代の同級生は、すみれや健太、キヨの現在の様子をきいて、勉強をちゃんとしようと思いました。

舞妓さんちのまかないさん172話ネタバレはこちら

舞妓さんちのまかないさん第173話のネタバレ

バッグをひとつ、床に置き、すみれは自宅の玄関先に座っています。

靴を履いている横にはお母さんが立っています。

後ろにはお父さんも立っています。

ほんとうにバス停まで送らなくていいかどうか、すみれのお母さんが訊きました。

すみれは歩いていきたいからと両親に笑いかけました。

お母さんが「いってらっしゃい」と言い、すみれは家を出ました。

満天の星空がすみれを包み込みます。

夜はつめたく、すみれは白い息を長く吐きました。

星のすごさに圧倒されつつ、すみれはさきほどの「いってらっしゃい」の声を思い出します。

去年は言ってくれなかった言葉です。

また、家での出来事を思い出します。

お母さんは、顔をみれば向こうで元気に暮らしていたことくらいわかる、と言いました。

親なんだから、とも……。

すみれは夜空を見上げながら、歩き始めました。

バス停までの道はいつも、色んなことを思い出します。

雪の白さと夜の黒さの真ん中で、平らな道がどこまでも続いていきます。

車で行くと、気持ちが追いつかないままなので、すみれはあえて歩いてバス停まで行くことにしているのです。

ふと、遠くに黒い人影が見えました。

立ち止まって眺めます。

顔もなにもわからず、黒い棒のような姿の影を、すみれは健太だと思いました。

健太も歩きできたのだと思い、すみれもまた歩きはじめます。

(――って、いやいやいやいや!!)

すみれは目をカッとみひらき、口に手をあてて焦りました。

おかしいやろと自分にツッコミを入れます。

あんな黒い点のようなもので健太と分かってしまう自分に、汗はだらだらと出てきます。

すみれは「も~~~!!」と何回もじたばたしました。

立ち止まり、ぜーはー深呼吸します。

すみれは改めて遠くを見ました。

あの黒い点は、一瞬ですみれの心に嵐を起こしました。

さきほどまでの心細さはどこかに吹き飛んでしまったようです。

すみれはきゅっと手を握りました。

手袋をしていない素肌は、青森の冬の冷気でつめたくなっています。

そして、あの黒い点を見つめている顔ばっかりが熱いのです。

目がはなせず、すみれはまた白くて長い息を吐きました。

今度は恨み節が出てきます。

向こうはすみれに気づいていません。

好きになった方ばっかりが大変な思いをします。

黒い影は民家の横にずれていき、どうやらしゃがんだようです。

何をしているのかすみれは気になりました。

黒い影が犬らしき影をなでているのを見て、予想します。

『ここの犬一匹増えてる』

『前は黒いやつだけだったのに』

すみれは、健太の心の声を代弁してみました。

黒い影はまた動き、今度は個人商店前の自動販売機で止まりました。

すみれはまた

『自動販売機でコーヒー買っとくか』

と健太を代弁します。

おそらく、バスで寝れないと困るので水にしようか迷っているはずです。

そして、自動販売機の前でしゃがんだ影は、きっと自販機のあたりについてブツブツ言うのでしょう。

またはずれた、ほんとに当たり出るのか、などと言っていそうだと思い、すみれはクスクス笑いました。

影はこちらに歩いてきます。

電柱の街頭に照らされ、影は人の形になり、コートを着た姿になり、徐々に近づいてきます。

すみれは健太の心の中を代弁しました。

まず、お、と気づいて、なんだあいつも歩いて来たのか、と思い、そして、すみれ、と思って――

「すみれ。」

健太は言いました。

ちょうど、すみれの心の健太の声と、本物の健太の出した声が、かぶりました。

すみれはむーっと顔を赤らめて、プイと顔をそらしました。

名前を呼ばれるだけで嬉しくて、でもこんなのは、本当に好きになった方だけの苦労です。

健太は機嫌悪いなと言い、わかったと言いました。

お腹が空いているのが原因だと決めつけた健太に、すみれは、この頓珍漢と心の中で罵倒します。

健太はしょうがないと言い、バスで夜食にしようと思っていたあるものを差し出しました。

青森名物、工藤パンのイギリストーストです。

これ好きだろうと健太は言いました。

賞味期限が今日までのようで、10円の値引きシールがついています。

受け取ったすみれに、健太は、さっさと機嫌直せとリュックを背負いなおします。

「お前がつまんなそうだと俺がつまんねぇもん。」

すみれはそんな健太の横顔を見て、イギリストーストにかぶりつきました。

健太はさっきあったことをつらつらと言います。

民家の犬が一匹増えていた事や、自販機で水を買ったけれど当たらなかったことなどです。

それを聞いて、すみれは、さっき遊びで考えていた健太の行動や気持ちが、すべて当たっていたことに驚きました。

我ながらすごい、とすみれは独り言ちます。

と、健太がピタッと止まりました。

すみれが見上げた横顔は、すこし赤くなっていて、目線は遠くに注がれ、長く白い息が口から漏れ出します。

(あ……)

すみれも健太と同じ方角を見ました。

遠くから、黒い点が歩いてきます。

黒い点でも、その人だとわかるのは、その人が好きだからです。

すみれは、あの遊びはやめようと思いました。

健太が何を考えているか、当ててしまうからです。

黒い点は人の形になり、笑顔で手を振っているキヨになりました。

 

舞妓さんちのまかないさん最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、舞妓さんちのまかないさん最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
舞妓さんちのまかないさん最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

有料の最新巻を完全無料で読む意外な方法は?

もうU-NEXTにはお試し登録してしまった・・・そんなあなたに朗報です! 意外と知られていない次のサービスで大量ポイントを完全無料でゲットできます!
クランクインコミック 初回無料登録で3000円分のポイント付与
comic.jp 30日間お試し無料登録で1350円分のポイント付与
クラインクインコミックのメリットからデメリットまで詳しいサービス紹介はこちら

comic.jpのメリットからデメリットまで詳しいサービス紹介はこちら

まだ試してないのは絶対に損です!

完全無料でお試しできますので読みたい漫画を無料で読みましょう!

舞妓さんちのまかないさん第173話の感想

切ない関係ですね。

次回も楽しみです。

次回の舞妓さんちのまかないさんが掲載されるサンデー44号は9月30日発売です。

舞妓さんちのまかないさん174話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍