漫画ネタバレ

冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~8話ネタバレ!嫉妬?それとも

めちゃコミックで配信中の「冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~」8話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

香子からの呼び出しにやむなく応じる佑人。

香子の想いをどことなく察知し、出来るだけ距離を取っていますがうまく行きません。

そんな折、奈都から連絡が来て…?

冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~7話のネタバレはこちら!

冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~8話ネタバレ

奈都からの連絡を見て、かなり緊張しているな、と察する佑人。

苦手な佑人に電話をしようなど、恐らく偽装演技でしくじったか何かに違いないと、佑人は奈都にどうぞ、とだけ返します。

早速、あっ、あの江藤です、夜分にすみません、と電話を掛けて来た奈都。

聞けば堀内に彼氏がいると話したが、名前を言う機会を逃した上に年齢を聞かれても答えられず疑われてしまったと言います。

挙句紹介しろと言われ、東条、堀内、奈都と佑人で食事をしようと言われ、断れなかったと話す奈都。

しかしこの状況に佑人は彼らの生の姿をじかに観察する絶好の機会だと思っていました。

わざと基本データを教えなかったのだが、こうもうまく行くとは、とさえ感じています。

それでいて無意識と言う棘の無さ、迷子はスパイとして中々貴重な人材かも知れない、と評価する佑人。

願ったり叶ったりの状況に、僕は構いませんよと佑人が言うと、いいんですか!?と喜ぶ奈都。

佑人は自分の予定を教え、顔合わせの前に事前のすり合わせが必要なのでは?と尋ねます。

基本データの確認が臨機応変にやれるなら不要、と言う佑人に不満げにお願いします、と言う奈都。

佑人は奈都の反応に少し笑みを浮かべますが、ふと、香子の元に行かなければいけない事を思い出します。

この電話で出来ればいいのですが今から少し出る用事がありますので日を改めて会いましょうか、と佑人が言うと、はいと返す奈都。

しかし奈都は電話口で黙ってしまいます。

電話で済むと思っていたのだが、僕が承諾したのを後悔しているのか?実際日を改めれば電話で済むのだが…とどうしたのか気になる佑人。

や、そ、そのそうですよね、それじゃご都合のいい日お願いします、と言う奈都の反応の理由が佑人には良く解りません。

明後日逢うと言う約束を交わし、電話を切る佑人。

事の成り行きに頭を抱えたという事だろうか、と思いつつ、明後日奈都がどんな顔をするかが楽しみにもなっていました。

そして約束の日を迎えます。

リークが始まったのは東条より前、堀内が会社に来て数か月後の事でした。

ここから先は本人からの聴取が必要で、その為には可能性のあるルートを全てあぶりだす必要があると考える佑人。

しかし佑人は、奈都から7時に通用口で大丈夫です、と言うメッセージが届くと、厳しい表情を少し緩めます。

保存の必要が無い限りメールは削除、とそのメールを消そうとしますが、ここ数日メールの整理をしていなかった事に気付きます。

香子からの、昨日はありがとう、今度お礼をさせてと言うメッセージ。

佑人はあの日、香子の家に赴き夫に迷惑行為が調停の行方に関わると警告していました。

わかった、もう来ないと夫が去ると、その後ろ姿を佑人の腕をそっと掴みながら見つめる香子。

その出来事を思い出し、佑人は溜息を吐きながら香子からのメールを削除します。

奈都との約束の時間に近づき、通用口に向かった佑人は亜武電機の部長と遭遇します。

娘の誕生日で早く帰ると言う部長に、娘さんはおいくつですか?と尋ねると、14になるけど最近は口もきいてくれないと返す部長。

皆川さんご結婚は?と尋ねられ、まだです、適齢期を逃しつつありますね、と佑人は笑います。

昔、渡米の際に結婚を考えなかった訳ではありませんでした。

当時交際していた香子は仕事でようやく下積みを終えてこれから、と言う時。

香子のチャンスを奪ってまででも連れて行きたいという強い気持ちが無かったと言えばそうかもしれない、と思う佑人。

事情が違って居れば結婚していただろう、と今では思います。

うちの社に適齢期の女性社員は沢山いますよ、と言われ、少々面倒くさそうな表情を浮かべる苦笑いの佑人。

孤独も好きな佑人にとっては、この選択に後悔はありませんでした。

僕はここで、待ち合わせしていますので、と立ち去る佑人の前にきょろきょろと奈都が作業着で現れます。

佑人に気付き、すみません!と頭を下げる奈都。

仕事が終わらないんですか?と佑人が言うと、月末で伝票処理が終わらないと奈都は答え、謝ります。

しかし、先程の乗り合わせたエレベーターには帰り支度をした企画本部の男性社員が何名か乗っていた事を佑人は確認しています。

奈都が一人で全部背負っているのか?確か若手が一人いたはず…と考える佑人。

貴方のほかにその担当は?と佑人が尋ねると、私だけですと答える奈都にやはり一人か、と理解します。

女性が一人しか居ない部門にはありがちだと思いつつ、どれくらいで終わりそうかと尋ねると、奈都は30分くらいだと答えます。

けれど帰れない、と言葉を濁す奈都に、どのような用事が?と尋ねる佑人。

明らかに挙動不審な奈都を見て怪しい…と思うものの、雑用ばかりじゃなく本業もちゃんとやってます、と言う奈都。

それに主任が伝票入力を手伝ってくれて、と言う言葉に東条主任ですか、と反応する佑人。

まだ片付いてない本業をやりなさいって作業を手伝ってくださってますと言う奈都に、今?と佑人は尋ねます。

はい、だから主任にそんな雑用をさせておいて先に帰る訳にも行かなくて…その、と言う奈都に、佑人は不機嫌そうにほう、と答えます。

苦手な嫌味男はお払い箱か、なんなんだこの感情は、要するに大好きな東条とキャッキャしながら伝票作業をしたいと。

僕を差し置いて…この感情、これじゃまるで…と一つの可能性を思い至る佑人。

間に合わなければ本業は持ち帰って約束に間に合うように頑張ったけど手伝って下さる気持ちが心強くて、と奈都は言います。

仕事優先は当然です、急な約束でしたし、と言って微笑む佑人。

本当にすみません、来週ならきちんと時間の都合が付けられると思います、と奈都は佑人の笑顔を見て安堵の表情を浮かべます。

わかりました、仕事が終わったらメールください、場所は僕の自宅にしましょう、と提案する佑人。

ご自宅…ですか?と奈都は表情を強ばらせますが、その方がお互い時間を気にせず仕事出来るでしょう、と言う佑人。

あの、でも…と奈都は顔を赤らめますが、僕の部屋の様子も頭に入るでしょうしね、恋人らしく、と佑人は畳みかけます。

では東条主任とのお仕事頑張ってください、あまり遅くならない様に、と言って立ち去る佑人。

パニックを起こしている奈都を背中で感じながら佑人は、気づけば普段解放しないエリアに彼女を入れてしまっている、と実感します。

しかし、氷の男らしく、いや、これは仕事なのだ、決して嫉妬などではないと言い聞かせるのでした。

冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~8話感想

完全に嫉妬ですよね!(笑)

氷の男と言うより鈍感ともいえるようなレベルで惚れてるのではないでしょうか…。

次回も楽しみですね!

冷たい上司は本音を隠す~さよならの代わりに 皆川編~9話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍