漫画ネタバレ

ミステリと言う勿れ6巻ネタバレ!横浜女性連続殺人!22年前の殺人鬼復活?!

ミステリと言う勿れ

月刊flowersでシリーズ連載中の人気漫画「ミステリと言う勿れ」の6巻のネタバレです。

ミステリと言う勿れを無料で読む方法は?

ミステリと言う勿れ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ミステリと言う勿れ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ミステリと言う勿れ最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前巻のあらすじ】

犬堂我路(いぬどう・ガロ)は姉・愛珠(アンジュ)を殺した犯人を見つけるため、従兄弟の甲矢(ハヤ)・乙矢(オトヤ)兄弟とともにバスジャック事件を起こし、犯人を特定します。

犯人は警察に逮捕されましたが、精神鑑定にかけられることがわかり、ガロと従兄弟たちは彼を殺害して逃亡しました。

一方、ガロたちが起こしたバスジャック事件に巻き込まれ、解決に一役買った大学生・久能整(くのう・ととのう)は、検査入院中に長期入院しているという美少女・ライカと出会い、連続放火殺人事件の真相を突き止めます。

ミステリと言う勿れ5巻のネタバレはこちら

ミステリと言う勿れ6巻ネタバレ

第9話 デートならぬ遠出(トーデ)

数々の事件と関わる中で、久能には気がかりなことがありました。

事件の犯人であったうちの2人が身につけていたアクセサリーと、かつて事件で知り合った犬堂我路がお見舞いと称して送ってきた指輪には、同じ意匠の星座のマークが入っていたのです。

久能は病院を訪ね、温室でライカに相談します。

ライカは、

「君が気になるなら、何かあると考えたほうがいい」

と答えます。

その後の会話の流れでふたりは初詣に行く約束をします。

初詣の帰り、ふたりはたまたま開いていた焼き肉店に入ります。

経営者らしい父と店員をしている娘が出迎え、娘が接客してくれます。

ライカはいつものように数字の暗号で久能に話しかけます。

久能は文庫で解読しながら彼女と会話をし、店員の娘にオススメを聞きながら注文します。

ふたりは焼き肉を食べ、「うまい」と顔を見合わせます。

食べ終わり、ふたりは店を出ました。

病院に戻るライカを見送り、久能は電話をかけます。

久能が焼き肉店に「忘れ物をした」と言って戻ると、店は閉まっていましたが、店員の娘が快く出迎えてくれました。

久能が店に入った隙に、酔っぱらった様子の会社員らしき人々がどかどかと入店し、「生ビール!」と注文を始めます。

久能と店員の娘が忘れ物を探している間も、続々と酔客が入ってきます。

「刑事が犯人を見つけたら、まずしっかり捕まえてから名前を呼ぶといいですよね」

久能が刑事ドラマの疑問点を口にして父親の気を引いているうちに、

「浦部沢邦夫(うらべさわ・くにお)だな、一月一日午前5時23分、身柄を拘束」

酔客らは刑事の顔となって父親を拘束し、言いました。

店の奥から本物の経営者夫婦が発見され、安心した娘はわっと泣き出します。

ライカと久能は、娘がオススメを伝える会話の端々に紛れ込ませた暗号を解読し、「強盗が父親を装って店の中にいる」という事実を知って警察に通報したのです。

その日の午後、ライカとともに病院の足湯を楽しみながら、久能は逃亡中の強盗殺人犯が焼き肉店に押し入り、その直後に自分たちが入店したのだ、とライカに経緯を教えました。

とんでもない結末になりましたが、ライカと久能は外出が「楽しかった」と笑いあうのでした。

 

第2.5話 骨の在処はまだ

横浜港中央署で捜査会議が開かれています。

女性ばかりを狙った連続殺人事件が起こっているのです。

現場に残された血痕から関連が判明した“平成の切り裂きジャック”事件を、太い眉と口ひげが特徴的な備前島操(びぜんじま・みさお)警部が解説します。

犯人は羽喰玄斗(はぐい・げんと)。

17人の女性を惨殺し、最後に女性を殺したとき、その場にいた刑事に重傷を負わせて逃亡、以降行方が知れないということでした。

今回の現場の血痕は羽喰の17件目の被害者のものであり、2つの事件で同じ凶器が使われたものと推察されています。

しかし備前島警部は、被害者像と犯行現場の特徴の違いから、今回は羽喰の犯行ではない、と断言しました。

会議では警部の意見も参考にしつつ、犯人を羽喰とする線、別人の犯行の線、羽喰の崇拝者の犯行の線で捜査を続けると結論が出されました。

 

一方、横浜では犬堂我路と犬堂甲矢のふたりもホームレスや地下カジノのディーラーに身をやつして調査を行っていました。

盛装して地下カジノを訪れたガロはそこで働く女の子に声をかけ、喫茶店で話を聞きます。

ガロが彼女に見せたのは姉・愛珠の写真でした。

女の子は愛珠がかつてカジノで働いていたと言い、そうしたバイトが似合う風貌ではないので理由を聞くと、「カウンセリングで勧められた」と言ったと話します。

また、彼女はこっそりと、現在起こっている連続殺人事件の被害者も地下カジノで働いていた、とガロに話し、怖くなったからやめるつもりだ、と言って帰っていきました。

ガロはホームレスの扮装をしていた時に顔見知りになった刑事に連絡し、地下カジノについて教えると、連続殺人との関連をにおわせて電話を切りました。

ガロとハヤは港へ行き、オトヤの待つ、隠れ家としているクルーザーに帰ります。

彼らは愛珠がなぜ殺されるきっかけとなったバスに乗ったのか、その理由を調べているのです。

第2.5話-2 開かぬ箱

姉の復讐を終えたガロは、すべて終わらせたつもりでいました。

しかし、愛珠の部屋にある手紙が届きます。

その手紙には、香川県粟島にある「漂流郵便局」に、犬堂愛珠さんの書いたと思われる手紙があります、と書かれていました。

ガロと従兄弟たちは「漂流郵便局」で、愛珠が書いた葉書を発見します。

そこには“自分には生きる資格がない”“死ねなかったら、ジュートに頼もう”といった、遺書のような内容が書かれていました。

気の強い愛珠を誰がそこまで追い込んだのか、疑問に思ったガロと従兄弟たちは、それを調べるために愛珠がしばしば訪れていた横浜に来たのです。

手掛かりは、愛珠の部屋にあった寄せ木細工の箱と、ジュートという名前。

寄木細工の箱がどうしても開けられないので、ガロとハヤは横浜にある寄木細工ミュージアムを訪れました。

学芸員の辻浩増(つじ・ひろまさ)は愛珠と知り合いでした。

愛珠の寄木細工の箱は月岡桂(つきおか・かつら)という作家の作品で、それを買った縁で、辻と月岡と愛珠は、3人でお茶をするほど親しくしていたのでした。

そこへ、新しい連続殺人の被害者が出たというニュースが入ります。

テレビ画面に出た被害者は、昨夜、ガロが話を聞いた地下カジノで働く女の子でした。

現場には「羽喰十斗」という署名も残っていた、と報道されます。

ガロはその文面を見て、“ジュート”と読むのでは、と考えました。

 

警察では、極秘のはずの羽喰の情報がマスコミに漏れて騒ぎになっていました。

また、被害者のバッグに犬堂ガロの指紋がついていたとわかり、ガロのバスジャック事件を担当した東京の大隣署に連絡が入ります。

大隣署の刑事により、地下カジノをタレこんだ電話の音声はガロのものと確認されました。

一方、鑑識からは、被害者の遺体には折りたたまれた形跡があることが伝えられ、捜査会議においては、トランクを押している少女の目撃情報が報告されました。

 

寄木細工ミュージアムを後にしたガロとハヤは、ジュートと愛珠が知り合いなら話を聞きたいと考え、羽喰について調べることにします。

 

横浜港中央署の猫田十朱(ねこた・とあけ)刑事は、犬堂ガロの目撃情報を得て寄木細工ミュージアムを訪ねましたが、彼は立ち去った後でした。

刈上げでマニッシュな外見の彼女は、学芸員の辻に名刺を預けて署に帰ります。

猫田とバディを組んでいる若い川辺刑事は、カジノを調べている4課からトランクを押していたのと同じ少女の情報を得て、捜査課に帰ってきます。

それによると少女はカジノで働く女たちから本名を聞いて占いをしていたそうです。

また、声からして、少女の正体は男だろう、との証言もありました。

これらを聞いた備前島警部は、被害女性たちの名前の共通点に気づきます。

全員、名前の漢字に「十」が含まれているのです。

そのころ、辻学芸員から連絡を受けた猫田刑事は、寄木細工ミュージアムに向かっていました。

 

第2.5話-3 帳は幾重にも

猫田刑事が寄木細工ミュージアムにつくと、学芸員の辻がかがんで何かを探しています。

猫田が近づくと、振り向いた辻は彼女の腹に刃物を刺しました。

辻は自分は羽喰の息子、羽喰十斗(はぐい・じゅうと)だと名乗り、22年前に元刑事が父を殺して死体を別荘に埋めている、と警察に何度も伝えたのに、調べてすらくれない、と文句を言います。

猫田刑事がなぜ女ばかり殺すのか問うと、辻──十斗は「女の人(♀)には十の字が入っていると父が言った」と答えます。

「男の漢字にも十があるだろう。都合のいい言い訳をするな」

息も絶え絶えに猫田は反論し、興が削がれた十斗はその場を去ります。

女装した十斗が猫田を運ぼうと近づくと、猫田はその手に手錠を掛けました。

鍵は飲んだ、と猫田は笑います。

遅れてやってきた川辺刑事は、物陰からその現場を目撃し、電話で助けを呼びました。

十斗がナイフを振り上げると、その腕に釣り糸が絡まり、動きを妨げます。

駆け付けたオトヤが釣竿をふるったのでした。

その隙にガロが猫田と十斗の間に入り込みます。

十斗がひるんでいる間に、ハヤが猫田に応急処置を施します。

ガロは夜中に目撃したトランクを運ぶ少女と、ミュージアムでワゴンを押す辻の歩き方の類似点が気になり、ミュージアムに戻ってきたのでした。

パトカーのサイレンが近づき、ガロは十斗の拘束を外して連れて行きました。

備前島警部ら警察と救急車が現場に駆け付けたのはその後でした。

 

ガロたちのクルーザーで十斗は少女の扮装を解き、話し始めました。

十斗──辻は、羽喰の17番目の被害者、辻十岐子(つじ・ときこ)と羽喰の間に生まれた私生児でした。

羽喰は辻のことを十斗と呼び、殺人に至る偏った思想を教えていましたが、ある日突然姿を消しました。

22年前の羽喰の最後の犯行を疑問に思っていた辻は、昨年、その事件で怪我を負った元刑事の後をつけ、箱根の彼の別荘で父の白骨を発見しました。

何度も警察に投書しましたが、警察は一向に動いてくれません。

そこで辻は父の事件を連想させる事件を起こし、羽喰玄斗に注目を集めようとしたのです。

ガロが姉との関係を尋ねると、辻は、愛珠とは自分の母殺しなど深い話をする仲で、彼女を殺すよう頼まれていた、と言います。

彼は愛珠に自分のカウンセラーを紹介した、とも言いました。

カウンセラーの名は鳴子巽(なるこ・たつみ)といい、射手座のマークが彫られた指輪をもらったそうです。

飲み物に薬を入れていたため、辻はやがて眠りに落ち、港で柱に縛り付けられているのを警察に発見されました。

 

箱根の月岡桂の工房をガロたちが尋ねると、月岡は涙ぐんでガロを抱きしめました。

月岡と愛珠は穏やかな時間を過ごす恋人同士でしたが、愛珠はどんどん不安定になり、月岡のプロポーズの後、連絡が取れなくなったそうです。

月岡は嫌われたのかと落ち込みましたが、その時、愛珠は事件に巻き込まれていたのです。

月岡の話を聞いたガロは、愛珠にも幸せな時間があったのか、と涙を流しました。

愛珠の寄木細工の箱を月岡に開けてもらうと、中から、山羊座のマークの入った指輪が出てきました。

辻と同じく、カウンセラーからもらったもののようです。

辻の行動も愛珠の行動も、理由を辿っていくと、途中で論理の飛躍があります。

その飛躍の理由をカウンセラーは知っているのでしょうか。

ガロとハヤ・オトヤ兄弟の疑念はつのります。

 

そのころ、意識を取り戻した猫田刑事に、備前島警部が捜査経過を報告していました。

辻の証言に加え、引退した元刑事・牛田から独自の捜査手帳が送られてきたこともあり、箱根の別荘を掘り返すことが決まったそうです。

 

ガロはジュートの指輪を久能に送ることにし、いつか漂流郵便局に、愛珠にあてた手紙を書こう、と思うのでした。

 

ミステリと言う勿れ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ミステリと言う勿れ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ミステリと言う勿れ最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

有料の最新巻を完全無料で読む意外な方法は?

もうU-NEXTにはお試し登録してしまった・・・そんなあなたに朗報です! 意外と知られていない次のサービスで大量ポイントを完全無料でゲットできます!
クランクインコミック 初回無料登録で3000円分のポイント付与
comic.jp 30日間お試し無料登録で1350円分のポイント付与
クラインクインコミックのメリットからデメリットまで詳しいサービス紹介はこちら

comic.jpのメリットからデメリットまで詳しいサービス紹介はこちら

まだ試してないのは絶対に損です!

完全無料でお試しできますので読みたい漫画を無料で読みましょう!

ミステリと言う勿れ6巻感想

広島で整くんが狩集家の謎解きに奔走しているころ、ガロくんは横浜の連続殺人事件にかかわっていた、という巻でした。

 

整くんが入院した晩に出会った牛田元・刑事の過去話も伏線となっていたことがわかります。

羽喰玄斗の事件がまた出てくるとは思いませんでした。

ガロくんが送ってきた指輪の由来がわかり、星座のマークのアクセサリーにかかわるカウンセラーの存在が明らかになったところで、次巻に続く…という気になる終わり方です。

整くんも、いつかこのカウンセラーにたどり着くんでしょうか。

 

ミステリと言う勿れ7巻ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍