漫画ネタバレ

ながたんと青と第25話ネタバレ!周と慎太郎、それぞれの思い

2020年6月25日発売のkiss8月号掲載の「ながたんと青と」第25話についてネタバレを

まとめました。

ながたんと青とを無料で読む方法は?

今ならまんが王国にて期間限定で「ながたんと青と」の1巻と2巻を無料で読むことができます。

ながたんと青と

通常価格420ptがなんと無料で読めるこの機会にぜひ試し読みしてみてください!

また3巻以降も会員登録でもらえる半額クーポンでお得に読むことができますので、ぜひ活用してください!

今すぐまんが王国に登録して
ながたんと青とを読む

まんが王国
まんが王国の特徴とメリット・デメリット!アプリ評判や退会方法まで紹介人気の電子書籍漫画配信サービス「まんが王国」の特徴とメリット・デメリット、アプリ評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

ながたんと青と最新巻を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ながたんと青と最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
ながたんと青と最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

かけおちしていたふた葉の働きは有能で、桑乃木の大きな戦力となっていました。

その一方、元桑乃木の料理人、慎太郎は自信を失ったままでした。

見兼ねたふた葉は、深夜に慎太郎と一緒に夜逃げしようとします。

それを察していた周によって発見され、いち日は料理コンテストに一緒に出よう

と慎太郎に提案するのでした。

ながたんと青と第24話ネタバレはこちら

ながたんと青と第25話ネタバレ!

いち日は慎太郎に、先代桑乃木の出汁の取り方を教わっていました。

慎太郎の作った出汁を味見したいち日は、ほろりと涙をこぼします。

「ああ、お父さんの味や……懐かしい。この味を出せるのは、もう慎ちゃんだけ?」

先代であったいち日の父と、次に来た料理人戸川とは、出汁のとり方が違っていました。

戸川は昆布やかつおぶしの質を落とし、手間なく出汁を取る方法に変えてしまいます。

しかし本来の『桑乃木』は昆布とかつおぶしにお金をかけ、じっくりと煮出す方法でした。

「俺は先代の高行さん(いち日の父)に一からしっかりと教わりました。腕は鈍ってますが

お嬢さんにできるだけお教えしたいと思ってます」

慎太郎は遠慮がちに話します。

「よろしくお願いします」

いち日は頭を下げ、丁寧にお願いするのでした。

「コンテストにはどんな料理を出しますか?課題は久住豆腐を使った3品ですけど」

周がいち日に聞きます。

「まずはみんなでメニューを出し合おう。試食会を開いて意見を聞いてみよ」

いち日は楽しそうにメニューを考え始めます。

慎太郎はいち日の姿を見て、かつて桑乃木で料理人として働いていたことを思い出します。

新しい料理長としてやってきた戸川は、長らく出汁を担当していた慎太郎を外し、

戸川の出汁に変えてしまいました。

「新しい桑乃木の味」として出された料理はどれも華やかで、新しい時代を感じさせます。

しかし、これまでの桑乃木らしい味わいは消え失せ、同時に常連客も去っていきました。

そんな過程を知っている慎太郎は、先代の娘であるいち日がどんな「桑乃木」を作るのか

興味がありました。

一方、いち日は得意の洋風料理で、「豆腐クリームコロッケ」の試作を始めます。

【豆腐クリームコロッケの作り方】

材料20個分

豆腐半丁 砂糖10g 醤油小さじ1 出汁300CC 葛粉45g 塩ひとつまみ

卵二個 薄力粉30g パン粉80g

1・豆腐に重しをして、豆腐の水切りをします。

2・水切りした豆腐をすり鉢で軽くつぶし、砂糖と醤油を加えてなめらめにすり潰します。

3・出汁に葛粉を入れて溶いて、すりつぶした豆腐に少しずつ混ぜながら加えます。

4・3を鍋に移して、塩を加えて中火にかけ、焦げ付かないように混ぜながら煮ます。

5・へらでよく練り、透明感と照りが出てきたら火を止めます。

6・5をひとくち分ずつパラフィン紙(またはサランラップ)で包み、氷水で冷まします。

7・5分ほど待って6が固まってきたら、スプーンを使って形を円筒形にまとめます。

8・7を小麦粉→溶き卵→パン粉→溶き卵→パン粉 と二度付けで衣をつけます。

9・180℃の油で2分ほど、からりと揚がったらできあがりです。

いち日のまず考案したメニューは、豆腐をペシャメルソース(ホワイトソース)にした

クリームコロッケでした。

ふた葉や他の従業員も集め、クリームコロッケの試食会をします。

慎太郎がとった桑乃木の出汁を使った豆腐クリームコロッケの味は洋風でした。

しかし出汁をしっかり使ったことで、先代の桑乃木らしい味わいでもありました。

「コンテストの料理はいち日お嬢さんが考えたほうがいいと思います。あなたの料理を

もっと食べてみたいですから」

先代の発想力を彷彿とさせるいち日の料理に心を揺さぶられた慎太郎は、いち日が

創り出す新しい「桑乃木」を見てみたいと思うのでした。

一方、周は二階の個室の改装を急いでいました。

周に与えられた猶予はあと半年、いち日の側にいるためにも早く見通しを立てたい

と願う周でした。

「周さん、お疲れ様。お茶をどうぞ」

工事から戻ってきた周を、ふた葉がねぎらいます。

「ねぇ、周さんっていち日ちゃんにも丁寧に話すんやね。いち日ちゃんのこと好きやろ?」

ふた葉の突然の言葉に、周は軽く赤面します。

周はふた葉から逃げるように姿を消し、二人きりにならないように、と願います。

そこへいち日が現れ、コンテストのメニューを見てほしいと頼まれます。

ふた葉を避け、いち日の部屋で話を聞くことにしました。

いち日と相談しながら、周はつい呟いてしまいます。

「落ち着くなぁ……」

「ん?周さん、疲れてはる?」

声が出ていたとは思わなかった周は、顔を赤くしてしまいます。

「今うちは人が多いですから、いずれ離れを周さんの部屋にしてもええかもね」

「そこには、いち日さんも一緒ですか?夫婦なんですから」

いち日への気持ちが高まってしまった周は、いち日にキスをしようとします。

そこへ慎太郎が「話したいことがある」と訪ねてきます。

冷静になった周は、いち日から少し離れます。

「おとりこみ中にすみません、お嬢さんにお願いがありまして……丸川さんに

会わせてもらえませんか?許しをいただきたいのです」

慎太郎の目に迷いは一切ありませんでした。

いち日の伯母丸川虹子は、桑乃木のためなら手段を選ばない人です。

慎太郎とふた葉は丸川の伯母さんに会いにいきます。

「どうかわたしたちの結婚を許してほしいのです」

無精ひげを剃った慎太郎とふた葉は、丸川伯母さんに頭を下げ許しを乞うのでした。

 

今ならまんが王国にて期間限定で「ながたんと青と」の1巻と2巻を無料で読むことができます。

ながたんと青と

通常価格420ptがなんと無料で読めるこの機会にぜひ試し読みしてみてください!

また3巻以降も会員登録でもらえる半額クーポンでお得に読むことができますので、ぜひ活用してください!

今すぐまんが王国に登録して
ながたんと青とを読む

まんが王国
まんが王国の特徴とメリット・デメリット!アプリ評判や退会方法まで紹介人気の電子書籍漫画配信サービス「まんが王国」の特徴とメリット・デメリット、アプリ評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

ながたんと青と最新巻を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ながたんと青と最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

▶今すぐU-NEXTに登録して
ながたんと青と最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

ながたんと青と第25話感想!

先代の味を守りつつ、いち日が作る新しい桑乃木の料理に興味をもった慎太郎は

ようやくここで生きるという覚悟が決まったようですね。

料理を通して心をふれあったいち日と慎太郎は、やはり根っからの料理人ですね。

逃げることをやめ、丸川の伯母さんに頭を下げて結婚の許しを乞う慎太郎とふた葉。

ふたりの姿がどこか頼もしいです。

次回の「ながたんと青と第26話」が掲載されるkiss9月号は7月22日発売です。

ながたんと青と第26話ネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国