漫画ネタバレ

涙雨とセレナーデ46話ネタバレ!孝章が命を狙われる!?

2021年11月25日に発売の月刊kiss1月号で掲載されていた、「涙雨とセレナーデ」のネタバレをまとめました。

涙雨とセレナーデを無料で読む方法を徹底調査!

涙雨とセレナーデを無料で読む方法を徹底調査!Kissで連載中の「涙雨とセレナーデ」を無料で読む方法をまとめました。 涙雨とセレナーデを無料で読むならコミック.jp! \登録...

【前回のあらすじ】

陽菜は菊之進から、孝章の父と超曲商会が人身売買に手を染めていたこと、孝章の母がオルブライトの愛人で、娘たちを海外へ売る説得役をしていたことを聞きました。

そして本郷章尚の裏取引について探り始めた孝章は、横浜支社にて彼と対峙するのでした。

涙雨とセレナーデ45話ネタバレはこちら

涙雨とセレナーデ46話ネタバレ

孝章は父の章尚に、オルブライト邸が炎上したことを伝え、探りを入れ始めます。

章尚は旧居留地で火事があったのは知っていたようですが、超曲商会の邸だったのは知らなかったようです。

丘の上の離れであったのがせめてもの救いで、延焼さえ食い止めれば他の民家への飛び火の心配はいらないという章尚。

立地を詳細に知っている章尚に、孝章は訪問されたことがおありでしたか?と問いかけます。

章尚はこの街で商いの手を広げる者に先代を知らない人間はいないと答えますが、オルブライトが有名か無名かを知りたいのではないという孝章。

そして孝章は改めて章尚に、本郷貿易を継がせる気があるかと確認しつつ、その意思が偽りでないなら、会社存続を第一の目的に掲げ、正しくより良き道を模索し、慢心いたす所存だと話します。

「なにとぞご教授くださいますよう、お願い申し上げます」と告げる孝章に、大した嫌味だと返す章尚。

オルブライトのどのような噂を耳にしたのか、お前の探りたい真実など知ったことではないと章尚は言い放ちます。

そして彼は、次期社長と名乗りたければ、力と金とがなければこの世は生きて渡れないということを、しかと心得よと告げて部屋を出ていきました。

 

廊下に出た章尚は、孝章の顔が母親譲りの煩わしい面差しだと考えながら、おタカが船で声をかけてきたときのことを思い出します。

おタカは章尚の元へやってきて、船旅が終わるまで、船長たちに章尚の客室に住むよう言われたと話しました。

「章さんがおらの新しいおとうさんか」と尋ねるおタカ。

彼女の言う「おとうさん」は、おショウバイをさせる主のことのようですが、章尚は自分は「おとうさん」ではないと否定します。

彼はおタカを証文ごと貰いとったので、今日から荷物持ちになるのだと彼女に告げました。

奥様見習いではないのかと尋ねるおタカに、俺の奥様なら間に合っているという章尚。

おタカは仕事が終わったら帰る場所がある章尚を羨ましがりますが、彼はお前も故郷へ帰るのだと言います。

それを聞いたおタカは涙を流しながら、なぜそこまで良くしてくれるのかと尋ねます。

すると章尚は、かつて自分の生まれ育った村では天然痘に赤痢と立て続けに流行り、医者を呼ぶ金も手立てもなく、生き残ったのはたったの3人だったのだと語り始めます。

その中に年の近い娘がいて、今のおタカのようにからゆきになったのだとか。

しかし幼いまま船の上で死んでしまったらしく、何年たってもその子を夢に見るのだという孝章。

彼はその娘を助けたかったようですが、全ては手遅れでした。

他にもおタカと同じ境遇の娘は船にいましたが、皆17から上。

しかしおタカはまだ子供なのでこのままでは身が持たず、朝晩客をとって命を縮めては夢見が悪いのだと章尚は話しました。

するとおタカは泣きながら章尚に抱き着き、姉さまたち置いて一人だけ救われるなんて自分は鬼だと言います。

それでも、もう一度母に会えるのなら、この先誰に恨まれても構わないとおタカは号泣しました。

そして場面は切り替わり大人になったおタカは、章尚に虚ろな目で、初めから何もかもが手遅れだった、自分も章尚もオルブライトの罠から抜け出すことなんてできないと話しました。

そのことを思い出しながら、罠になどかかるものかと考える章尚。

 

その頃、陽菜と菊之進は孝章の家でお茶を飲んでくつろいでいました。

すると誰かが扉を叩く音が聞こえ、ギクッとする陽菜。

どうやら風間が孝章に頼まれて、店から布団を運んできたようです。

そして陽菜は風間が運んできた布団の上に乗っかります。

日向の中、運ばれてきたからか、布団はホカホカしていました。

「お日様の匂いがするから菊も乗ってみ」という陽菜。

菊之進は布団の上に乗っかると「なるほど。雲の上に寝ころんでいる」と微笑みました。

そんな彼の様子を見て、フフと笑みを浮かべる陽菜。

すると風間が菊之進の倉庫から運び出したという行李も、部屋に持ってきました。

その中には先日邸の隠し部屋にあった木箱の中身の残りと着替えがあり、陽菜の荷物も入っていました。

陽菜は大喜びで風間に感謝します。

ちなみに風間の話では、まだノアの意識は戻らないとのこと。

菊之進の倉庫にあった服は早苗の衣装ばかりでした。

菊之進は陽菜に着たければ分けてやると言い、陽菜はお言葉に甘えてと嬉しそうに話しました。

 

一方、武虎は山城先生と共に北峯邸で麻雀の会に参加してました。

そんな中、山城先生は突然北峯夫妻に、雛子の家庭教師の半分ほどを武虎に任せてみたいと提案します。

そんな彼の言葉に内心激しく動揺する武虎。

実は山城先生は許嫁の孝章からぜひ新たな教えを授けてほしいと直々に相談されたらしく、婚前の2人からのたっての希望とのこと。

雛子の父は賢明な孝章がわざわざ先生に直談判したというのは、何か余程の得策だろうと推測し、それを了承しました。

そんな中、雛子が家に帰宅します。

山城先生は武虎に直に経緯を説明してもらおうと言いますが、彼は自分の意思をガン無視されていることに不満げでした。

 

そして武虎が部屋に入ると、雛子は嬉しそうな顔をします。

彼女が孝章に、山城先生に相談を持ち掛けるよう頼んでいたようです。

武虎は怪訝な表情を浮かべながら、全てここまで計画通りかと言います。

こんなにも早く成果が出るとは思いも及ばなかったという雛子。

武虎は不機嫌そうに彼女を見つめながら、超難解な宿題出しまくって必ず後悔させてやると企むのでした。

 

その頃、超曲商会は孝章が横浜に正式配属されたことを聞きつけ、件の依頼も実行の時だと話していました。

住居と社との往復を狙えばいくらでもチャンスはある、今度の客は羽振りがいいので逃がすまいという彼ら。

そして父への恨みで餌食になる孝章を憐れむのでした。

涙雨とセレナーデを無料で読む方法を徹底調査!

涙雨とセレナーデを無料で読む方法を徹底調査!Kissで連載中の「涙雨とセレナーデ」を無料で読む方法をまとめました。 涙雨とセレナーデを無料で読むならコミック.jp! \登録...

涙雨とセレナーデ46話感想

孝章が命を狙われているようですね。

なぜ恨まれている父が狙われずに、孝章が餌食になるのか分かりませんが、この後の展開がとても気になります。

涙雨とセレナーデ47話が掲載される月刊kiss2月号は、2021年12月25日に発売されます。

涙雨とセレナーデ47話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍