漫画ネタバレ

夏目友人帳115話【年下のいとこの章その二】ネタバレ!探し物は何処に…

令和3年11月24日発売の月刊LaLa1月号掲載の「夏目友人帳」についてネタバレをまとめました。

夏目友人帳を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

夏目友人帳 無料 読む 方法
夏目友人帳を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?月刊LaLaで連載中の「夏目友人帳」を無料で読む方法をまとめました。 夏目友人帳を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も...

夏目友人帳最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!

夏目友人帳 最新話 無料 まとめ ネタバレ
夏目友人帳最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!「月刊LaLa」で大人気連載中の漫画「夏目友人帳」のネタバレを全話まとめました。 「僕も好きだよ。優しいのも、あたたかいのも。惹か...

夏目友人帳を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

夏目友人帳
夏目友人帳を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ月刊LaLaで連載中の「夏目友人帳」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 夏目友人帳を配信している全部...

<前回のあらすじ>

ニャンコ先生とある家を尋ね、友人が来たと奥のひとに伝えてくれと頼みます。

断られた夏目は庭の方へ入り、女性から結界内に入れるのならば約束があったのですねと謝罪されます。

苦労して名取さんを見つけますが、目つきが変わっており先生は舌打ちをします。

夏目のことを忘れている名取さんを必死に取り戻そうと夏目は約束していた言葉を投げかけます。

正気に戻った名取さんは夏目に礼を言い、あんな幻影に捕まってしまうなんてと力なく呟きました。

夏目友人帳114話ネタバレはこちら

夏目友人帳115話【年下のいとこの章その二】ネタバレ!探し物は何処に…

昨日の午後、夏目と先生に頼みがあると言って名取さんが訪ねて来たのは昨日の午後のことでした。

仕事中、よくないものを祓いそこねてしまったと夏目に打ち明けます。

それほど力のない妖のはずなのに取り逃がしたと言いました。

そいつが名取の分家に入り込んでしまったからその家にこれから祓いに行くと夏目に伝えます。

場所が場所だけに嫌な感じがして、あの時に何かを覗かれてしまったのかもしれないと言いました。

幻術使いの妖であそこだけ雪が降っているからねと空を見て呟きました。

明日の正午になっても私が戻らなければ来てほしい、伝えてほしいと頼みます。

年下のいとこはいない、と告げてくれと言いました。

瓜姫、笹後、柊にすまなかったと謝りました。

幻覚が解けたため、妖が姿を隠したと瓜姫と笹後に伝えます。

柊のことを気遣う夏目に、危うい所をよくやってくれた、私たちでは果たせぬ役だったとお礼を言いました。

無条件に信じられる人の言葉でなければ頼めなかったと言う柊の言葉を聞いて、美弦の言葉を思い出しました。

夏目の耳に電話の呼び鈴のような音が聞こえますが、瓜姫たちは奴を探しに行くと言いました。

瓜姫と笹後に休んでからと言う夏目に、奴は結界の内だと瓜姫が言いました。

笹後は野放しとは我慢ならんから捕らえて成敗すると意気込みますが、名取さんが始末は私がつけると言いました。

みつけたら深追いせずに知らせてほしいと命じ、三匹はどろんと消えていきました。

二人きりになり、名取さんに大丈夫か尋ねると危ない目にあわせてごめんと謝られます。

玄関まで送ろうとする名取さんを止め、俺は頼ってくれて嬉しいからこのまま帰りませんと伝えます。

見える痛みをわかりあえた大事な友人で、助けてもらってばかりだと思っていたのに自分を信じて頼ってくれたと名取さんの腕に手を添えます。

信じてくれた友人のためならなんだってやりたいから、帰るときは一緒ですと夏目はまっすぐ伝えます。

諦めたように目をつぶり、自分から離れないようにと夏目に伝えました。

夏目が昨日一緒に来るべきでしたねと言うと、名取さんはあえて待ってもらっていたと返事します。

この家に来た目的は妖祓いのほかに個人的な探し物をしたくてと言いました。

名取家は見えなくなってから妖事とは縁を切りたがっていて、自分が祓い屋になったことに御立腹だと話します。

本家の長男でも歓迎されないから、年始の挨拶でこっそり結界を張ってまわるのがやっとだと言いました。

名取家が買ってきた恨みを思うと一応ねと言いました。

それさえ嫌って勝手に札を破棄したものがいるからと言った名取に、女妖に入り込まれたのかと先生が突っ込みます。

もともと叔父夫婦が住んでいたけど、事情があって今は空き家なんだと言いました。

空き家なら電話の音は気のせいかと夏目は呟きます。

探し物は金目のものかと言う先生に、叔父からこの家には秘密が隠してあると聞いたと伝えます。

お前だけがそれを探し出せるだろうと言う言葉を聞いた先生は秘密って何の…と呟きます。

体に入り込んでいるトカゲのような妖のことかと夏目は考えますが、これのことじゃないと名取さんは言います。

名取家の元家業についてのものじゃないかと思うと考えていました。

祓い屋を初めてしばらくのころにその話を聞いて、一度探す機会があったけど何もみつけられなかったと言いました。

叔父がヒントをくれていたのかもしれないけど思い当たらないと呟きます。

秘密と気がかりを残したまま、あの女妖が入り込んできたわけかと先生が納得します。

元は山中に潜んでいて、祓いに行くという単純な仕事のはずだったと振り返ります。

祓おうとしたときに一瞬、不意をつかれてまともに目の奥を覗かれたと分かりました。

自分の中から美弦と言う名を掴んで屋敷に入り込み、やつの幻術でこの家に雪が降っていると説明します。

逆に奴の力を利用できないかと考え、記憶に埋もれたこの家について知りたいと考えました。

幻術にのまれたふりをして身を置いてみたら何か思い出せないかと…と呟きます。

先生が万一の目覚ましが夏目かと言い、何の成果もないままここに来てもらうことになるなんて自分がこんなにも弱いなんてと呟きます。

「みつる」さんが誰なのか、その名は深く名取さんの中に影を落としていると感じて尋ねていると、近くを妖が通り過ぎていきました。

こっち、こっち、あるよはこ、と言いながら走り去っていきました。

その中の一人が止まり、振り返ると六つ目のある面をかぶっていました。

面を外し、お探し物ですかと「みつる」が尋ねました。

顔を伏せてと指示する名取さんに従うと、手元に美弦・光弦と書かれた紙がありました。

男の子ならこっちで、女の子ならこっち、秘密の名前だ、いつかーと声が聞こえ、夏目を呼ぶ声で正気に戻ります。

瓜姫たちが見つからずに焦り、幻術とはやっかいだなと瓜姫が呟きます。

主様が取り逃がしたのは調子が悪かったのかと考える笹後に、瓜姫は主様から何かを聞いていないかと尋ねます。

命じられてふもとに控えていただけだと答え、返す返すも腹立たしいと笹後が怒ります。

もっとお任せ下さればいいと言う笹後に、瓜姫は出過ぎた考えはおよしとたしなめます。

頭を冷やして、あのまやかしに我らが惑わされてはいけないからと瓜姫が言います。

我らは主様が望むように、命に従うだけだと言いました。

名取さんとはぐれて探す夏目に、先生も血族の家で個人を簡単に見つけられないと言い返します。

元祓い屋の名家かと呟き、なんでここは空き家なんだろうなと言いました。

引っ越したにしては綺麗に片付いているけど、家具や雑貨や衣類など住んでいた人の名残が残ったままだと気付きます。

その中で電話が鳴り夏目が取ると、名取さんの声が聞こえます。

すると、側で叔父さんが名取さんと話し始めます。

祓い事の資料が本家の蔵に残っているけど、そちらにも何か残っていないかと尋ねます。

うちの家名に向けた畏怖などを感じるので、まだもっと価値のある何かがありはしないかと考えていると叔父さんに話します。

この家には秘密が隠してあって、探し出せるものは一族の中ではお前だけだろうと伝えます。

この一族になにか希望が残っていると思うか、俺はもうこの家をからっぽだと感じると言いました。

明日来るといい、鍵は開けておくと言って電話がきれた後、背後から声がしました。

翌日、来た時には誰もいなかったと名取さんが話し出します。

連絡したら近場の親戚たちも駆けつけて、妖に襲われたんじゃないかと考えていたけど綺麗に身辺整理されていると分かって落ち着いてきた。

この広い屋敷で子供を持てないまま、暮らしに沈んでいたとか名取家に見切りをつけたんだろうと話をした。

本人たちの失踪だと納得するしかないように引き上げていき、私は家を探し回ったけど秘密を見つけられなかったと語ります。

名取の秘術らしきものも強くなる方法も見つからない代わりに、自分より年下の親族はいないことに気付いたんだと言いました。

名取さんが妖が見えると知ってから一族はさらに恐れるようになっていき、ひとり生まれたなら次も…と悲しそうに呟きます。

叔父は父の末弟にあたり、一族の中で一人だけ私を責めたことのない人だったと振り返ります。

空っぽになったこの家で、叔父が昔大切そうに考えていた名前のことを思い出したと語ります。

「みつる」というのは存在する前から名を与えられるほど望まれていたのに自分のせいで存在できなくなってしまった年下のいとこの名前だと伝えました。

名取さんのせいじゃと言いかけた夏目の前で、やめてくれ見苦しいと紙の術が現れて名取さんの姿が消えていきました「。

そんな偽物の戯言に付き合わないで、本物の輝きを見抜いてくれなきゃと言いました。

背に庇ったはずの君たちが消えて肝が冷えたと言う名取さんに、あれは幻術だろうねと言いました。

今より少し高い声の名取さんに叔父さんが秘密の件を名取さんに…と言うとそんなのも覗かれていたのかと呟きます。

憶えていないというより、見えないふり聞こえないふりをしていた事柄があるんでしたねと伝えます。

叔父さんの言葉の意味は妖が見える名取さんだけで、この家に隠してある秘密も妖がきっと知っていると考えていたと予想します。

その妖を見て声を聞ける名取さんなら…というと納得したように名取さんが頷きます。

それを見聞きしようとしないまま、追い出して結界を…取り返しが…と言っていると何かに気付きます。

いや、あの面は…と記憶を手繰り寄せるのでした…

夏目友人帳を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

夏目友人帳 無料 読む 方法
夏目友人帳を無料で読みたいあなたが必見の方法とは?月刊LaLaで連載中の「夏目友人帳」を無料で読む方法をまとめました。 夏目友人帳を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も...

夏目友人帳最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!

夏目友人帳 最新話 無料 まとめ ネタバレ
夏目友人帳最新話までネタバレまとめ!最終回まで全巻全話更新中!「月刊LaLa」で大人気連載中の漫画「夏目友人帳」のネタバレを全話まとめました。 「僕も好きだよ。優しいのも、あたたかいのも。惹か...

夏目友人帳を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

夏目友人帳
夏目友人帳を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ月刊LaLaで連載中の「夏目友人帳」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 夏目友人帳を配信している全部...

夏目友人帳115話【年下のいとこの章その二】ネタバレ!探し物は何処に…

名取さんが元に戻ってよかったですね。

それにしても、名取家の謎が深まるばかりですね。

妖が見える子が産まれてくることを恐れて、名取家は絶えていこうとしているんでしょうね…

叔父さんが名取さんに託した秘密が明らかになると良いのですが…

次回の夏目友人帳が掲載される月刊LaLa3月号は1月24日発売です。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍