漫画ネタバレ

19歳の夏休み30話ネタバレ!明美の暴走中に大介が目を覚ます!?

ズズズキュン!で連載している「19歳の夏休み」のネタバレです。

19歳の夏休み

【前回のあらすじ】

明美の家に泊まることになった大介は、酔いつぶれて床で眠ってしまいました。

すると大介のアソコがハーフパンツからはみ出し、明美は興味本位でそれに触ります。

その瞬間、遊馬との快楽を思い出し、居てもたってもいられなくなった明美は、大介のアソコを自分の性器に入れるのでした。

19歳の夏休み30話ネタバレ

明美は本当にどうかしていると感じながらも、この二十数年間誰にも恥ずかしくない人生を生きてきたんだから、一晩羽目を外すくらい良いと自分に言い聞かせます。

そして明日の朝には何事もなかったかのように、いつもの上品な私に戻るのよ。

そう考えながら、明美は大介のアソコを性器に挿れました。

しかし挿れた瞬間、イッてしまう明美。

しっかりしろ!まだ1ラウンドだぞ!と頭の中で声が聞こえてきました。

こんなに大きいのは久しぶりだから、手強いと感じる明美ですが、ためらっている時間はなく、さっさと挿れて彼が起きる前に何もなかったようにしておかないとと考えます。

そして気を取り直し、もう一度自分の性器に彼のアソコを突っ込みます。

その瞬間、明美の下半身に電撃が走りました。

ああ!なにこれ!この感覚は一体!と驚愕する明美。

大介のアソコは父親の遊馬のよりも太くて硬く、世代を経てさらに進化している、これぞまさに優勢進化の結晶だと明美は感じました。

そしてまるで催眠にかかったように明美の感覚が、これまで忘れていた遊馬に1日に何度もイカされていた幸せだったあの時に戻っていきます。

ただ挿れているだけなのに、オーガズムで全身が震えました。

そんな中、大介は相変わらず昏睡状態です。

お酒を飲んで寝たら死んだように起きないタイプかしら?

明美はそう考えながら、ゆっくり腰を動かし始めました。

気持ちいいと感じると同時に、なぜか感動的で涙が止まらなくなる明美。

このまま時間が止まればいいのに。

永遠に朝が来なければ・・・。

19歳の夏休み

明美がそんなことを考えていた時、2階のトイレで突然物音が聞こえました。

明美は慌てて大介のアソコを性器から抜きます。

どうやら紗月がトイレに行ったようで、明美は彼女の様子を確かめに部屋に行きますが、何も気づかずにそのまま寝てくれたようです。

明美はもう止めなければ、心臓が暴走してこれ以上は無理だと感じました。

元通りにして布団でもかけてあげようと考える明美ですが、結局大介のアソコを見ると欲求が抑えられず、再び挿入してしまいました。

自らの行動に戸惑ってしまう明美ですが、本当に楽しむのは今夜だけだと考えながら腰を振り、思わず喘ぎ声が出ます。

しかしなぜか先ほどより、気持ちよくなっていました。

どうやら大介のアソコは、大きくなっている様子。

そして明美は、さっきまで聞こえていた規則的な大介の寝息が聞こえなくなっていることに気づきました。

まさか・・・

明美は目をつむっている大介の顔をじっと見つめます。

すると大介はゴクッと唾を飲み込みました。

それを見た明美は驚くのでした。

19歳の夏休み

19歳の夏休み30話感想

大介は目を覚ましていたようですね。

寝たふりをしているということは、受け入れてるということでしょうか。

いつの段階で起きていたのか、相手が明美だと知っているのか気になります。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍