漫画ネタバレ

19歳の夏休み36話ネタバレ!大介に抱かれた明美が決意したこととは?

ズズズキュン!で連載している「19歳の夏休み」のネタバレです。

19歳の夏休み

【前回のあらすじ】

明美に男らしくない、臆病者になったと言われた大介は豹変。

ついに女性の体に初めて挿入するのでした。

19歳の夏休み36話ネタバレ

大介に奥まで挿入された明美は、体が宙に浮いているような非現実的な感覚に陥りました。

そんな彼女に、大丈夫ですか?と尋ねる大介。

一瞬意識が飛んでしまっていた明美ですが、大介の声で目を覚まし、大丈夫だから続けてと笑顔で答えます。

そして大介は腰を振り始めました。

明美は気持ち良すぎて、何度も意識が飛びかけている様子。

一方、大介は明美の中は温かくてじっとりしていると感じました。

オナニーをし過ぎると女性の締まりを感じづらくなると聞きましたが、そんなことはないと感じる大介。

何回かピストンしただけなのにもうイキそうになり、1回1回がピンチだと考えながら、大介は慎重に腰を振ります。

そして大介はおもむろに明美の服を脱がせ、軽く胸を揉んだ後、ガブッとかぶりつきました。

そんな彼に「痛い・・・やさしくして・・・」と要求する明美。

すると大介は明美と舌を絡ませキスをしました。

それから大介は激しく腰を動かし、明美は喘ぎ声をあげます。

大介は2回も射精していましたが、萎える気配が全くない様子。

射精してから1分も経っていませんが、いれた状態でまた射精したようです。

ピストンもさっきより激しくなっており、明美はただのぎこちない正常位なのに、身体が宙に浮いて蒸発しちゃいそうだと感じました。

この子にはテクニックもノウハウも必要ない、この子の大きさがもはやテクニックであり、ノウハウだと考える明美。

19歳の夏休み

高い服を着ていい家に住むこと。

人々に尊敬されること。

明美は誰もが夢見る品のある暮らしをすることが、幸せだと思っていました。

そのため、この家の偉そうな人間たちから、バカにされても調子を合わせながら耐えてきましたが、それは幸せではなく、ただ富に対する執着に過ぎなかったと感じます。

そして今、明美はようやく本当の幸せが何か分かりました。

これからは欲望を抑えて生きたりしないと明美は決意するのでした。

19歳の夏休み

19歳の夏休み36話感想

大介と一夜だけの約束でセックスをした明美ですが、この快感を味わったことで、一日では終われない気がしますね。

欲望を抑えないと決意していたので、今後彼女がどんな行動に出るのか楽しみです。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍