漫画ネタバレ

逃げ上手の若君21話ネタバレ!時行が敵の大将を追い詰める!?

2021年6月21日発売の週刊少年ジャンプ29号掲載の「逃げ上手の若君」のネタバレについてまとめました。

【前回のあらすじ】

貞宗に仕えて諏訪領を奪おうとする瘴奸と一騎打ちをすることになった時行。

一方吹雪、弧次郎、亜矢子は幹部連中と戦っていました。

逃げ上手の若君20話ネタバレはこちら

逃げ上手の若君21話ネタバレ

征蟻党が村を襲う前のこと。

吹雪は時行に真剣の本質は押して叩き斬るものではなく、包丁やのこぎりと同じで引いて斬るとき、最も切れ味を発揮するため、退きながら斬るのだと教えました。

つまり逃げ上手な時行には最適な方法なのです。

時行はその斬り方では、敵の命は断てないと指摘しますが、吹雪はそれこそが逃げ上手の剣だからいいのだと話しました。

 

そして瘴奸と戦う時行は吹雪の教え通り、祈るようなポーズで左手をかざして照準を合わせ、敵の太刀筋と、敵と刀の間を通る瞬間を待ちます。

その瞬間が来た時、時行は上半身を左回転し、刀を重さに任せて降ろしつつ、右方向へ引いて逃げました。

すると瘴奸の左腕の内小手に、斬り傷を負わせることに成功します。

内小手は敵から狙われづらく動きに邪魔で装甲がないので、鎧武者の弱点なのです。

しかし瘴奸は大した弱点ではないと余裕の笑みを浮かべます。

手首の出血では意識を失うまでに何分もかかるのです。

まさかそれまでに俺に殺られずに済むつもりか?と問いかける瘴奸。

この狭い室内でお前をじわじわと追い詰め、切り刻んでからゆっくり止血すればいいという瘴奸の言葉に、時行は震えます。

しかし時行のその震えは「逃げ」の愉悦によるもので、彼は逃げながらの戦いをとても楽しんでいました。

そんな彼の姿に瘴奸は思わずゾッとしました。

 

一方弧次郎と亜矢子は幹部の死蝋と戦っていました。

しかし死蝋は薙刀使いで、なかなか間合いに入ることができず苦戦する弧次郎たち。

死蝋はお前らはここで死ぬと宣言し、十年後には一端の使い手になっていたろうし、そうなれば色んな快楽を知れたのに残念だったなと言います。

彼は子供の頃に瘴奸に拾われたらしく、力と体で弱者を蹴散らす大人の快楽や奪う快楽、犯す快楽を教えてもらったのだとか。

お前らの頭の聖人面した諏訪頼重にはできないことだという死蝋。

弧次郎は今の自分たちの主君は頼重ではないと否定しますが、死蝋は誰にせよ、ろくな快楽も教えてやれず、こんなチンケな村のために無駄死にさせるとは、無能な主君だと馬鹿にします。

すると雫が木の上から吹き矢で死蝋を攻撃しつつ、弱者を犠牲に大きく肥ったあなたたちより、弱者を守れと命じた兄様の方が武士の器はずっと大きいと反論しました。

死蝋が彼女に気を取られた隙に、亜矢子が背後から素早く攻撃しようとします。

しかし死蝋はすかさず薙刀で亜矢子に反撃。

亜矢子はその薙刀を刀で受け止めましたが、おもむろに刀を投げ捨て手袋を装着した手で薙刀をガシッと掴みました。

そしてそのまま倒れ込んだ亜矢子は、足も使って長い薙刀を抑え込みます。

そこへ弧次郎が走って向かいながら、十年早いとか悠長なこと言ってられないとつぶやきます。

頼重は時行に「十歳の時にあなた様は天を揺るがす英雄となられまする」と予言しましたが、その時まで残り一年半。

弧次郎は十歳の自分たちでも大人を倒すことができなければ、時行の大戦に間に合わないと考えていました。

死蝋は慌てて亜矢子を何度も蹴って薙刀を引き離そうとしますが、彼女は必死に耐えて薙刀を離そうとしません。

そこへ到着した弧次郎が、死蝋の肩に刀を振り下ろしました。

死蝋は悲鳴を上げ肩から血を吹き出しながら、膝をつきます。

そんな彼に弧次郎は「我らが主君は北条時行。鎌倉殿の正統の世継ぎであられると地獄で触れ回れ」と告げました。

そして亜矢子が薙刀で死蝋の首を斬り落とし、とどめを刺しました。

 

一方時行と戦う瘴奸は全く攻撃が当たらず、焦っていました。

瘴奸は鈍重な大鎧を身にまとっているのもあり、次元が違う速度で逃げ回る時行にかなり苦戦している様子。

手首の傷から噴き出す血をいい加減何とかしなければと考える瘴奸ですが、時行はそうはさせまいと駆け出します。

瘴奸はそんな時行に刀を振るいますが、彼はそれをひらりと躱しました。

さらにその時に飛び散った瘴奸の血しぶきも、華麗にかわしてみせる時行。

そのうえ戦闘中にもかかわらず、楽しそうに笑みを浮かべています。

そんな彼の姿に瘴奸は唖然とし、(こいつ化物か!?)と動揺するのでした。

逃げ上手の若君21話感想

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない

吹雪の考えた逃げながらの攻撃は時行にピッタリですね。

時行の表情も生き生きしていますし、彼の良さが十分生かされていて、瘴奸を追い詰めることもできました。

しかし敵の大将がこのまま大人しく死んでいくとも思えないので、まだ反撃してきそうな気がします。

どんな展開になるのか楽しみです!

次回の逃げ上手の若君22話が掲載される週刊少年ジャンプ30号は6月28日に発売されます。

逃げ上手の若君22話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍