漫画ネタバレ

逃げ上手の若君40話ネタバレ!時行が貞宗の兵に囲まれる!?

2021年11月15日発売の週刊少年ジャンプ50号掲載の「逃げ上手の若君」のネタバレについてまとめました。

逃げ上手の若君の最新刊2巻を無料で読む方法を徹底調査!

逃げ上手の若君の最新刊3巻を無料で読む方法を徹底調査!11月4日に発売する「逃げ上手の若君」最新刊3巻を無料で読む方法をまとめました。 逃げ上手の若君を無料で読むならU-NEXT! ...

逃げ上手の若君を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

逃げ上手の若君を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年ジャンプで連載している「逃げ上手の若君」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 逃げ上手の若君を...

【前回のあらすじ】

3つの親北条勢力を標的に一斉攻撃を始めた国司・信濃連合軍。

逃若党は「南」の戦場と「中」の戦場に伝令を伝えに向かいましたが、最後に行った「北」の戦場は市河軍に敗けてしまっていました。

逃げ上手の若君39話ネタバレはこちら

逃げ上手の若君40話ネタバレ

望月の側室の子である亜也子は、父が死んでしまったと泣き崩れました。

時行も亜也子の心痛を察し、目に涙を浮かべます。

しかし望月は彼らの背後から突然現れました。

亜也子は喜び、望月に抱き着きます。

しかも望月も常岩も軍まで全員が無傷で生きていました。

吹雪は戦わずして、あの砦を捨てたのかと驚きます。

望月はせこせこ籠って戦うのは性に合わないので、あんな砦はくれてやったのだと笑みを浮かべますが、弧次郎はここが陥ちたらヤバいと焦ります。

市河の軍に南下されて「中」と「南」の戦場が超不利になるという弧次郎。

しかし北条庄代官の常岩宗家が、自分たちは感謝しているのだと口を開きます。

常岩の砦は防御が弱く軍も多く収容できず、市河相手では二日と持たないようです。

望月が包囲を破って逃がしてくれなければ、砦どころか常岩たちまで全滅していたのだとか。

さらに望月は、無傷で山に潜まれた方が市河にとっては脅威だと言います。

「中」の戦場に行こうとする市河の背後をいつでも突けるため、この南で川を渡る瞬間などは狙いどころになるのです。

それを聞いた吹雪は、対岸の四宮軍と挟み討てば壊滅的な打撃を与えられると気づきます。

市河がそれを警戒しても、川の手前で足止めできるという吹雪ですが、望月はさっき砦を捨てたばかりで手が回らず、四宮と示し合わせていない様子。

このままでは市河が素通りしてしまい、むしろ四宮が背後を突かれて挟み撃ちにされてしまいます。

明朝には市河軍が動き出すため、急いで四宮に伝えに行かなければならないという時行。

しかし時行は亜也子に、君はここで父君を護ってくれと伝えます。

時行は明日以降の「北」と「中」との間の伝令も亜也子に任せ、せっかくの父君と戦える機会に親孝行して差しあげればいいと告げました。

そんな彼の言葉に、亜也子は嬉しそうに微笑みながら「御意!」と答えました。

 

その後、時行と弧次郎と吹雪は急いで四宮軍本陣に行き、北の山の出口に兵を配してほしいと伝えました。

そして一仕事終えた時行たちは疲れ果て、保科の本陣で眠りました。

その翌日、祢津による「北」の動きを踏まえた上での、今後の軍議が行われました。

「中」の戦場で国司に勝つのが最重要となったため、なるべく短期で決着をつけたいようですが、国司軍との戦力は互角で決め手に欠けるようです。

打開策はないかと一同が悩んでいた時、雫が伝令の立場から進言したいと手を上げ、吹雪に昨日言っていた気になることについて話すよう指示しました。

すると吹雪は昨日「南」の砦を見て、少し戦力が過剰に思ったと話し始めます。

砦の構造はかなり堅固で、攻めてくる方角さえ前もって予測できれば海野の武力と少数の兵で守れるという吹雪。

このやり方は偵察兵が多く必要ですが、それでも現状の八割の兵で充分だと言います。

すると雫が吹雪に、祢津様の鷹を砦の見張りに使ったなら?と問いかけました。

それを聞いた吹雪は、それなら偵察兵はほとんど不要で、百騎も残せば十日は持つと気づきます。

さらに雫は短期決戦なら砦の予備兵もほとんど不要なので、祢津が「南」へ行くのと引き換えに、「南」の戦場から二百を引き抜き「中」に集中するということも可能だと話しました。

そして祢津は理にかなっている雫の策を採用し、「北」は挟み撃ちで食い止め、「南」では祢津と兵二百を交換し、「中」で保科党が勝負を決めることになりました。

祢津は雫が頼重の名代として重臣たちに顔が利くため、大将を配置転換するという大胆な発想は彼女ならではだと感じました。

 

翌日、時行は祢津と共に「南」の戦場・深志砦に向かいました。

そこにいる海野は、昨晩密かに二百騎を「中」に送ったらしく、祢津と一緒に砦を護る準備を万全に整えていました。

祢津は鷹で一通り戦場をみましたが、長くは保たないとのこと。

そのため祢津は時行に、「中」の決戦は三日中に蹴りをつけるよう保科に伝えてほしいと指示しました。

そして時行たちは再び馬で走って、保科の元へと向かいます。

しかし海野は上出来とはいえ、子供の策でこれ以上進めていいものかと少し不安になっていました。

国司軍はともかく貞宗は歴戦の手練。

こちらと同じように、やつにも当然策があるはずだという海野。

その時、祢津は鷹の動きを見て何かに気づきます。

砦の北に開戦時から動いていない百人規模の敵本隊がいましたが、いつの間にか敵本隊の気配がなくなっていました。

 

一方、保科の元へと移動する時行と玄蕃と弧次郎の前に、貞宗率いる敵本隊が現れました。

貞宗は時行を拷問し、諏訪の指示や戦への関与を洗いざらい吐かせれば、戦に勝つだけではなく頼重を滅ぼす大義名分が手に入ると企んでいるようです。

そして貞宗は百人がかりで、時行たちに襲い掛かるのでした。

逃げ上手の若君の最新刊2巻を無料で読む方法を徹底調査!

逃げ上手の若君の最新刊3巻を無料で読む方法を徹底調査!11月4日に発売する「逃げ上手の若君」最新刊3巻を無料で読む方法をまとめました。 逃げ上手の若君を無料で読むならU-NEXT! ...

逃げ上手の若君を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

逃げ上手の若君を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年ジャンプで連載している「逃げ上手の若君」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 逃げ上手の若君を...

逃げ上手の若君40話感想

時行がピンチになってしまいましたね。

果たして時行は百人がかりの相手を前に、どうやってピンチを切り抜けるのでしょうか?

次回の逃げ上手の若君41話は週刊少年ジャンプ52号に掲載されます。

逃げ上手の若君41話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍