漫画ネタバレ

逃げ上手の若君41話ネタバレ!時行の窮地に現れた人物とは!?

2021年11月29日発売の週刊少年ジャンプ52号掲載の「逃げ上手の若君」のネタバレについてまとめました。

逃げ上手の若君の最新刊2巻を無料で読む方法を徹底調査!

逃げ上手の若君の最新刊4巻を無料で読む方法を徹底調査!1月4日に発売する「逃げ上手の若君」最新刊4巻を無料で読む方法をまとめました。 逃げ上手の若君を無料で読むならU-NEXT! \...

逃げ上手の若君を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

逃げ上手の若君を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年ジャンプで連載している「逃げ上手の若君」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 逃げ上手の若君を...

【前回のあらすじ】

3つの親北条勢力に一斉攻撃を仕掛けた国司・信濃連合軍。

その戦いの中で伝令役を任された時行たちは、3つの拠点を馬で走り回ります。

ところが、その移動中を狙って貞宗一派が、時行と弧次郎と玄蕃の前に立ちはだかりました。

逃げ上手の若君40話ネタバレはこちら

逃げ上手の若君41話ネタバレ

貞宗率いる敵本隊に囲まれ、絶体絶命となった時行たち。

そして彼らは容赦なく時行たちに襲い掛かってきましたた。

すると玄蕃が時行と弧次郎に馬から降りろと指示しつつ、煙玉を投げて煙幕を起こしました。

煙の中、玄蕃は時行と弧次郎に右側の包囲が整っていないため、坂を上って逃げるぞと指示します。

そして玄蕃はまきびし代わりに菱の実を地面にばら撒き、敵兵がそれを踏んで痛がっている間に逃げ出します。

一方、貞宗は以前玄蕃の煙幕を見ているため、煙の範囲が限定的なのを知っていました。

そのため煙の端から時行が出てきた瞬間を狙い、弓を放ちます。

すると貞宗の矢は時行の服を貫き、木に刺さって、時行は身動きが取れなくなってしまいました。

そんな時行を敵兵が捕まえ、弧次郎や玄蕃も捕らわれてしまいます。

終わりだと絶望する弧次郎。

しかし次の瞬間、時行たちを捕まえた敵兵に、どこからか飛んできた弓矢が命中しました。

貞宗は驚きながら、矢の飛んできた方向を振り返ります。

そこにはなぜか仮面を被った頼重と郎党たちの姿がありました。

「信濃仮面参上!」とポーズを決める頼重ですが、時行たちも貞宗も全員が彼の正体に気づいており、キョトンとします。

さらに横にいた盛高も仮面をつけて、信濃仮面の解説を始めますが、貞宗はどう見ても諏訪頼重だと指摘。

頼重がこの乱世で証拠を得るには現行犯逮捕しかない、やってみますかと問いかけると、貞宗は少し考えた後、人数は互角でこちらが低地なので分が悪いと判断し、あっさり退いていきました。

すると盛高はやはり東へ去ったと言います。

頼重によると、貞宗が率いる百騎の第一の目的は「中」への援軍だったようです。

「南」の戦場が膠着状態と見て、当面は使わない本体の百騎を「中」へ回すという戦略をとったのだとか。

そして貞宗の第二の目的は時行でした。

密命を帯びて戦場を逃げ回る諏訪大社の稚児を捕らえて情報を吐かせれば、頼重を攻める恰好の口実になります。

百騎を「中」の戦場に送るついでに、時行を捕らえる網としても使ったのです。

頼重はその未来が突然見えたので駆け付けることができたようですが、これ以上は危険すぎるため、他の者に伝令を任せて帰りましょうと時行に告げました。

諏訪から離れるほど関わる人数が増えるほど、頼重の予知は精度を失うらしく、貞宗が時行の戦略的価値に気づいた以上、伝令を続けるのは危険すぎるのです。

しかし時行は嫌だと拒みます。

そんな彼に、自分も帰るべきだと思うと話す弧次郎。

今回はちょっと働きすぎだという弧次郎に、玄蕃も同意します。

それでも帰りたくないと拒絶する時行に、頼重は三大将が引き連れた少数の援軍がどんな者たちか分かりますか?と語りかけます。

彼らは、捕まっても諏訪の指示だと口を割らない者たちだという頼重。

それは頼重の保身のためではなく、彼らはいつか困窮極まる信濃の民を代表して、諏訪明神が立ち上がると信じているため、覚悟は強いようです。

しかしあなた様までそうある必要はない、幕府の再興のための大事な体を今危険にさらす理由はないと優しく時行を諭す頼重。

すると時行は、分かりませんか!?あなたの役に立ちたいからだ!と声を荒げます。

時行は、頼重も大きな宿命を背負っているにもかかわらず、自分はもらうばかりで何も返せていないと言います。

伝令役として頼重を信じる大勢の仲間を繋いでいると、彼に恩を返せている気がして嬉しかったようです。

それでも帰らなければならないのかと、寂しそうに尋ねる時行。

すると頼重は、そこまで言うなら任務続行だと承諾しました。

ただし今回は戦闘は一切禁止で、伝令に徹し後方から戦を見届けてもらうと条件をつける頼重。

時行は嬉しそうに「はいっ」と答えました。

そして頼重は時行に諏訪大社精鋭の百騎と共に「中」の戦場へ行くよう指示し、彼を送り出しました。

頼重は時行に日々の成長を見せてもらっている上に、もったいない言葉までもらい、もらいすぎているのは自分の方だと涙を拭いました。

 

一方「中」の戦場では保科軍と四宮軍が、国司軍と決戦を繰り広げていました。

四宮に「北」の市河はどうしていると問われた亜也子は、今日一日は釘付けにできると話します。

望月軍が嫌らしく市河の背後を襲っているようです。

そして亜也子は父である望月の戦に戻っていきました。

保科も優勢のようなので、今日中で一気に方をつけると張り切る四宮。

一方時行たちも「中」の戦場に到着し、遠くから見守りながら、保科軍と四宮軍が気合十分で敵兵を押していると話します。

この大乱戦では貞宗の百騎も決定力となれておらず、吹雪はこの戦は勝てると確信しました。

しかし次の瞬間、どこからか輿が現れ、その中から弓矢が放たれて味方の兵に直撃しました。

輿の中から弓矢を放ったのは国司の清原でした。

逃げ上手の若君の最新刊2巻を無料で読む方法を徹底調査!

逃げ上手の若君の最新刊4巻を無料で読む方法を徹底調査!1月4日に発売する「逃げ上手の若君」最新刊4巻を無料で読む方法をまとめました。 逃げ上手の若君を無料で読むならU-NEXT! \...

逃げ上手の若君を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

逃げ上手の若君を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年ジャンプで連載している「逃げ上手の若君」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 逃げ上手の若君を...

逃げ上手の若君41話感想

ついに清原が仕掛けてきましたね。

今回は輿に守られているので、かなり攻撃しづらくなりそうですが、どうやって攻略するのでしょうか?

次回の逃げ上手の若君42話が掲載される週刊少年ジャンプ1号は12月6日に発売されます。

逃げ上手の若君42話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍