漫画ネタバレ

呪い子の召使い7話ネタバレ!氷の少女と宰相の過去!

令和2年9月19日発売の花とゆめ第20号の「呪い子の召使い」についてネタバレをまとめました。

呪い子の召使いの最新巻を全部無料で読む方法は?

呪い子の召使いを全部無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、呪い子の召使いを実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
呪い子の召使いの最新巻を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

<前回のあらすじ>

アルベール王子を幽閉したのは宰相のヒューゴ様だと知り、部屋に軟禁状態になってしまいます。

そしてレネと王子が部屋の外へ出て、ギョームさんに助けを求めようとしますが幽霊が手招きをしたので地下へついていきました。

そこには氷漬けの少女がおり、その少女はヒューゴ様の妹でした。

そのジゼル様にロザリーは仕えており、呪いが暴走したときに、ヒューゴ様が毒矢を射ったため氷漬けになってしまったと語りました。

レネと王子はジゼル様の呪いを解こうと決めました。

呪い子の召使い6話ネタバレはこちら

呪い子の召使い7話ネタバレ!氷の少女と宰相の過去!

見張りの兵士に、レネが手枷のせいで着替えられなくて困っていると話しかけます。

また逃がして怒られるかもと悩む兵士たちですが、手枷があれば何もできんと赤面しながらカギを開けます。

レネが痛み入ります!と勢いよくドアを蹴り飛ばし、騙したと怒る兵士に王子が今想像したことは全て忘れろと脅します。

呪い殺されると怯えながら、ヒューゴ様に報告しなくてはと慌てます。

ロザリーのアドバイスがうまくいったと喜ぶレネに、ちょろくて助かったと言いました。

どうやってジゼル様の氷を溶かすのか尋ねるロザリーに、勢いって大事ですよねとレネが微笑みました。

まさかの無策に驚くロザリーに、悲しそうだったから何か力になりたいと思ったんですとレネは言いました。

感動したロザリーはジゼル様の所へ行けば、手掛かり位見つかるかもと言いました。

地下室へ行くとヒューゴ様が先回りしており、ロザリーに呪い子の味方をするのかと責めます。

ロザリーは自分の信じた人に仕えてるだけと言い返し、王子はヒューゴ様にジゼルは妹君なんだろうと尋ねます。

そしてこの子はこれで良かったと言うヒューゴ様に、レネが日記に記してあったお母さまと関係があるのか尋ねます。

ヒューゴ様は隠す必要もないと言い、母親は北の地グラスネージュの領主で、13年前に雪の下に沈んだと言いました。

母の周りを凍て尽くす呪い氷雪の呪い子の手でと語り出しました。

雪国でもあり、厳しい場所だったが母は立派に統治していました。

ヒューゴは母が誇らしかったが、この年は異常気象で大雪が続いており、その時に領民もヒューゴも母親が呪い子だと知りました。

たちまち領内に広がり民は怒り狂い、そんな状況だったのでヒューゴとジゼルを領の外へ出そうとしました。

この土地の領主として民を説き伏せて見せると言い、その後は偶然視察で回っていた陛下に保護してもらったと語りました。

母も領地も大雪崩で沈んだことを知ったヒューゴは母の呪いのせいだと確信したのは数年後だった。

母親の恨みが呪いとなってジゼルにかかっていたと言い、このままではジゼルも母親と同じ道を辿ると思ったヒューゴは毒矢でジゼルを射りました。

呪いさえなければ母も領民が憎み合うことなくジゼルがこんな姿になることもなかったと言い、貴方たちはここに居てはならないと言いました。

呪いの連鎖を許してはならないと言うヒューゴに、王子はなぜおまえは苦しそうなんだと尋ねました。

そう思うのなら俺の事など殺しているはずだと言い、お前が許せないのは本当に呪いだけかと尋ねました。

するとジゼルの氷が反応し、レネはジゼルが氷漬けなのは毒が回らないよう呪いが阻んでいるかもしれないと王子に言いました。

王子が毒を取り除けばと言い、凍傷してしまうので私の手に重ねてやってみましょうとレネとジゼルの所へ向かいました。

呪いが人を救うはずないというヒューゴ様に、目の前で苦しんでいるものがいるならこの国の王子としてお前たちを助けると言いました。

レネは呪いとなるものは恨みだけではない、自分の不死の呪いは父親の生きて欲しいという願いから生まれたと言いました。

ジゼル様の呪いもお母さまの願いだったと信じます、と二人でジゼル様の氷に手を当て続けました。

憎み遠ざけるだけでは呪いの連鎖は終わらない、答えはきっと閉ざした氷の中にと思った瞬間、ジゼルの氷が解けました。

ヒューゴ様は母様もジゼルも守れる道があったはずなのに、答えも謝ることもできずに、正しい道だと信じて進むしかなかったと考えていました。

そんな兄の心を見透かすように、ジゼル様はもう自分を許してあげてと兄を抱き締めました。

お二人の声も届いていましたとお礼を言うジゼル様に、ロザリーは涙を流して抱きつきました。

許せぬものかと、自分が無力だったばかりにお前を氷の中で苦しめたと言うヒューゴ様に、ジゼル様は苦しくなかったと伝えました。

氷の中で母様の記憶を見たと語り、雪崩の予兆が見えたから避難を促してはいるがその前に自分は殺されるだろうと言いました。

呪いで抑えていた雪が猛威を振るうので、ジゼルは小さいからこの寒さを超えるのは辛いけど、生きて兄さまを支えてと眠っているジゼルに触れます。

どうかお前たちだけでも守らせてくれ、呪いをかけることになってもと二人を抱き締めました。

大雪崩は母様のせいではなく、呪いの力で領地と皆、私達を守っていたとヒューゴ様に伝えました。

レネはこの呪いはお母さまの愛情だったのですねと兄妹を見つめながら言いました。

ヒューゴ様の妹が目覚めたのはアルベール王子が特効薬を用意してくれたと噂になっており、ギョームさんと陛下が無事突破できたみたいですねと話していました。

これを渡してやろうかな、と正式な側仕えの証をもらいました。

王族に仕えることを認められたものは身に付けるきまりだとヒューゴ様は言い、レネは今まで認められてなかったんですねと呟きました。

そして王子には呪いを抑えると言われる鉱石で作られていると言い、お守り程度にと言い、呪い子を滅する方法を調べていた時に見つけましたと付け加えました。

そして膝をついて、二人に向けた愚行を詫び、自分たちの時を動かしてくれたことを感謝していますと言いました。

今後はジゼルと共に呪いとの生き方を探し、陛下とアルベール王子の目指す世を共に創っていくことをお許しくださいと伝えました。

腕輪を付け、厳しい目を頼りにしているとアルベール王子は微笑みました。

そしてロザリーにお礼を言われたレネは仕えるべき主人の側にいることが一番の幸せですからと言いました。

そして宰相が危険な呪い子が大半な事も事実で、とある領地に妙な噂があるので二人で行っていただきたいと伝えます。

炎の獣が災いを振り撒く、宰相は呪い子の仕業と思っており、真相を確かめて欲しいと言いました。

場所は西のはずれ、ヴェストムルデです、と街の名前を聞いた瞬間、レネが驚きました。

そしてそこには私の故郷がありますと言いました…

 

呪い子の召使いを全部無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、呪い子の召使いを実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

▶今すぐU-NEXTに登録して
呪い子の召使いの最新巻を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

呪い子の召使い7話氷の少女と宰相の過去!の感想

ヒューゴ様の妹を無事に助けられて良かったですね。

陛下とギョームさんの言い方だと、試していたような感じもしますけどね。

無事にレネも正式に側仕えになれて良かったですね。

次回はレネの故郷に呪い子が!?

次回の呪い子の召使い8話が掲載される花とゆめ第22号は10月20日発売です!

呪い子の召使い7話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍