漫画ネタバレ

お菓子な恋をした21話ネタバレ!マグレットの魔法

ピッコマ漫画掲載「お菓子な恋をした」21話についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

お菓子な恋をした20話ネタバレ!はこちら

妖精たちと手を組んで、呪いを解くことにしたイエル達

妖精たちの計画では、自分たちが捕まった皇子を助け姫のところへ連れて行く間に

呪いをかけた魔女とイエルが時間をつぶすというものでした

早速呪いをかけた魔女のもとへ向かうと、ローズが思い切り城のドアを蹴り開けて・・・!?

え!呪いをかけた魔女とローズは知り合いだったの・・・!?

「お菓子な恋をした」21話ネタバレ

“知り合いなの?”と心の中で思うイエル

心を読めるローズは、マグレットと自分は従妹なのよと嫌そうな顔をしながら言います

確かに黒髪に赤い目、似ていると思うイエルを他所に、お互いにお互いの性格の悪さを罵り合うローズとマグレット

ローズはさっそく、あんたのせいで何の罪もない友達まで被害を受けているから今すぐ呪いを解いて!と言います

しかしマグレットは友達という言葉に反応し、そんなもの作らなければいいのに・それより人間と一緒にいるなんて珍しいわね、と返すマグレット

あんたに関係ない、いいから呪いを解きなさいよ!と捲し立てるローズですが、マグレットは終始落ち着き払った対応をします

そして、呪いが広まったのは自分のせいじゃなくて妖精のせいでしょ?というとワイングラスを口に運びます

ローズはその態度に更に怒り、そもそもあんたが呪いをかけなかったらこんなことにならなかったじゃないと正論を言います

みんなが起きる方法だけでも教えてほしい、というイエルにマグレットは持っていたグラスを落としながら、そんなの簡単よ、と言います

グラスが落ちて粉々に割れると、殺せばいいのよ、というマグレット

元々ターゲットだった姫を殺すか、呪いをかけた自分を殺すか、簡単でしょ?

そう言いながら殺意をあらわにするマグレットは、つい心の中で

“全く話にならない あとどれくらい時間を稼げばいいのかしら”と思ってしまいます

マグレットも心を読めると知らずに・・・!

すると次の瞬間マグレットがイエルめがけて魔法で攻撃してきます

咄嗟にヘンゼルがイエルを庇いますが、攻撃の強さにイエルは血の気がサッと引きます

ローズは変身できる魔女で、自分はただの森の魔女

距離的にローズの剣術では応戦するのは無理があるし、自分は樹木がないと魔法を使えない

そんな絶体絶命の状況の中、逃げ惑うイエルたち

イエルはローズにマグレットの魔法はどんな魔法なのか尋ねます

するとマグレットは呪いの魔女だと言うことが分かります

そしてそんなピンチな中なのにヘンゼルがイエルを助けるためにやってきます

イエルが焦る中、ローズは

いや、ヘンゼルなら勝てるかもしれない・・・と言いだします

理由は分からないけれど、マグレットの魔法(人間を眠らせる呪い)が効いていないから・・・

そして賭けに出て、マグレットの前に出ていくヘンゼル

攻撃をもろに受けますが・・・何ともありません・・・!

ローズはやっぱりヘンゼルには呪いが全く聞かないんだと確信すると、マグレットの杖を奪えば呪いをかけられないことを伝えます

マグレットは何度も呪いの魔法をヘンゼルにかけようとしますが、全くかからずにパニックになり恐怖します

するとあっという間にマグレットから杖を奪い、追ってしまうヘンゼル

マグレットはショックを受けながらも、その場から消えて逃げてしまうのでした・・・

そうしてマグレットが消えると、妖精とともに王子様が現れ、姫は王子様のキスで無事に目を覚まし、国民たちも皆目を覚ますのでした

ローハンもグレーテルもすっかり元通りで、めでたしめでたし・・・

でもそんな中、ローズはヘンゼルを呼び出して、ちょっと話しましょうと言うのでした

「お菓子な恋をした」21話ネタバレ感想

魔法が効かないなんて・・・まさかヘンゼルも魔法使い・・・!?

あり得るかもしれないですよね。でも第1話では王様になっていましたよね。

どういうこと・・・!?

お菓子な恋をした22話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍