漫画ネタバレ

ワンダンス22話ネタバレ!カボがついにワンダへ想いを!?

2020年12月25日発売の月刊アフタヌーン2号掲載の「ワンダンス」についてネタバレをまとめました。

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\全巻無料でお試し読みはこちら/
今なら600円分無料ポイントGET!

U-NEXTで無料で漫画を読む

ワンダンスの最新話を無料で読む方法は?

ワンダンスの最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ワンダンスの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

ワンダンスの最新話でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ワンダンスの最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

着々とバトルの勝敗が決まっていき、カベやカボ、そして伊織が勝ち進んでいきます。

ワンダの敗北をみたカボは、何も言えずとも心に強いなにかを感じていました・・・!

ワンダンス21話のネタバレはこちら!

ワンダンス22話自覚のネタバレ

2回戦で伊織とカベは難なくいつも以上の力を発揮し勝利をつかみとりました。

カベはカボと話した内容が頭からぬぐい切れず、いつも以上に攻撃的なパフォーマンスでダンスを続けています・・・

そしていよいよ2回戦のラスト、カボVSココロのバトルが始まろうとしていました。

宇千と同じチームのココロはクランブと呼ばれる攻撃的で激しい動きのダンスが得意なテクニシャンです。

カボには荷が重い戦いと思えましたが・・・

「よろしく」

ココロは挨拶をすると、戦いの間際、カボに「君の高校のワンダって子、すごくいいね」と声を掛けます。

その言葉にカボは何も言えずに、ただうなずくことしかできませんでした。

そんなカボの様子を見ていた恩はカボを心配しています・・・

カボは、初めてダンスバトルに出ておきながらもしかしたら自分は天才だともてはやされるのではないかと期待していました。

それが、実際そうなっているのはワンダのほうです。

「あんなに練習して踊れる曲増やして、いろんなジャンルにも対応したのに・・・」

実際にバトルの場に立ってみると、いかに自分がダンスを舐めていたのかがよくわかります・・・

「カボ君、今のムーヴすごくよかったね」

そういって微笑んでくれたワンダのためにも、もう余計なことを考えて踊るのはやめよう、そうカボは決意します。

「ダサいかもとか迷うのはやめよう、俺のダンスはかっこいい、他に何もいらない」

そう決意したカボは、音楽にぴったりとはまり切る完璧なダンスを披露し二回戦を勝ち抜きました!

試合の後、カボは人気につかない場所で休憩していましたが、ふいにワンダをみつけて声をかけると、彼女の手を引いて外へと走っていきます!

「なになに!?事実上の決勝戦!?」

「いつの間にあんな距離つめた?」

恩と伊織は置いてけぼりをくらいますが、2人の恋の気配を感じ取り茶化しながらも見守ることを選びまいた。

・・・外へと出たカボとワンダはいつものように静かな会話を続けます。

カボは吃音のせいでほとんど言葉を発さず、ワンダはそれをせかすわけではなく、笑顔で受け止め、自分の気持ちを話す・・・

ワンダのこのあり方が、吃音をもつ自分にとっては心からありがたい、そうカボは感じていました。

そして、ふとワンダがかぶっている帽子に目がとまりました。

カボが好きな感じのキャップのデザインですが、普段ワンダがかぶるものではありません。

まさか自分の好みに合わせてくれた・・・?

そう感じたカボはじっとワンダの帽子をみつめ、それに気が付いたワンダは恥ずかしそうに帽子を隠しながら笑って見せました。

「なんで焦ってたんだろう・・・椀田さんより結果を出さなきゃいけないと思ってたけどそうじゃない・・・」

カボはようやく自分のすべきことに気が付いたのです。

ワンダのことを完璧な人間だと思い込んでいたカボでしたが、ワンダは1人の女の子で、彼女だって緊張はするし凹むことだってあります。

「椀田さんはいつも俺を助けてくれるのに、なんで俺は椀田さんを助けないんだ?」

カボは、ワンダに語り掛けました。

「つ、次!壁谷さんと当たる」

カボが勇気を出して話をしているころ、伊織は恩とトーナメント表をみながら話をしていました。

カボのダンスがすごかったという話をして盛り上がりながらも、伊織の脳裏にはかつての恩の姿が浮かび上がります。

カボのダンスの力を入部当初から見抜いていた恩は、かつて伊織が1年だったころも彼のダンスの力を見抜いていたのです。

強引にダンス部にいれたとはいえ、その後退部し、また入るという部に荒波を立てるような行為をした伊織・・・

そのことに負い目を感じているような伊織に、恩はいいました。

「もし仮に変な風になっちゃってもそれは私の責任だから、気にしないで踊ってよ」

そういってにこりと微笑みかける恩に、伊織は熱い何かを感じます。

そして、恩のためにも絶対に負けられないと心に近い、いよいよ宇千と準決勝で対決することとなりました!

ワンダンスの最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、ワンダンスの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

ワンダンスの最新話でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
ワンダンスの最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...
ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

ワンダンス22話自覚の感想

カボや伊織がダンスへの気持ちをより強いものへと変えましたね!

恋よりもさらにしっかりとした、相手へのリスペクトのこもった気持ち・・・熱いですね!

次回のワンダンス23話が掲載される月刊アフタヌーン3月号は1月25日の発売です!

ワンダンス23話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍