漫画ネタバレ

鬼獄の夜46巻【136話~138話】ネタバレ!古の姫·紫蝶

マンガMeeで掲載中の鬼獄の夜【46巻】についてまとめました。

鬼獄の夜を無料で読む方法とは?安全に読む方法のまとめ!

鬼獄の夜 無料 読む
鬼獄の夜を無料で読む驚愕の方法とは?マンガMeeで連載中の「鬼獄の夜」を無料で読む方法をまとめました。 鬼獄の夜を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も見放...

【前回のあらすじ】

暴走状態の牡丹がエリカを殺そうとしたその時、美空はエリカを身を呈して守った。

その瞬間エリカの脳裏に浮かんだのは、自分に夢中になったある男。

随分大昔だが彼女を守るために自ら犠牲になった者だ。

既に今のエリカからは殺意がないように見えたが油断は禁物!

回復に時間をかけているうちに、牡丹と恭平を安全な場所へ避難させようと美空は試みた。

そんな美空にエリカは抱きつき、今までの行いを”ごめんなさい”と謝罪。

今さら許すわけがない!大切な人を奪った奴なのだから!

しかしエリカが謝罪しているのは”父親”に対して。

ということは贄取塚に来る前の記憶を少しでも思い出したことになる。

それが意図的な封印であるのなら、彼女の記憶は呪いを解く鍵になるはず!

ところが何か思い出したことはないか?と聞いても分からないと首を振るばかり。

とにかくエリカをこの因果から解き放つことが、不幸の連鎖を終わらせる糸口だ。

悪意や憎しみが呪いの原因なら、彼女に変わってもらうことが必要不可欠。

美空の説得の甲斐があり、少しずつ過去の呪縛から解放されていくエリカ。

こんなに優しくされたのは初めて···。

しかしそこに現れた柴が放った一発の銃声に、エリカは肩を撃ち抜かれてしまう。

柴は自分を思ってくれる人の存在を忘れ、真実が判明した今はその役目を奪ってやろうと目論む!

さあこの俺が主様の対となる時が来た!

柴はそう考えると底知れぬ喜びを感じた。

鬼獄の夜45巻【133話~135話】のネタバレはこちら

【136話】呪いを解く鍵は古い鏡!長きに渡る呪いの元凶をぶっ壊せ!

今まさに頭に銃口を突き付けられている時も、エリカの脳内には美空の声が響いていた。

本気で変わりたいなら手を伸ばせ!

心情が変わりかけているエリカだが、柴が彼女を殺害し顔無し鬼の対となることを諦めていない。

主様と自分以外は排除しても構わないクズ。

呪いの解き方も分からない状況で、今エリカが殺されてしまったら今までの努力が全て水の泡。

そんな美空の心配を余所にエリカは、自分が殺されることで柴の孤独が癒えるのならそれでいいと思っていた。

寧ろあなたの本当の孤独を分かってあげれなくてごめんなさい。

一瞬動きが止まる柴だが彼の指は引き金にかかったまま。

その時美空が切り札として見せたのは、エリカと鬼を縛る鎖である鏡。

これを壊せば呪いの文字ぐらい消えるはず!

近くに転がっていた鉄の鎖で美空は鏡を壊すことを決意。

柴の思い通りになるぐらいならやってみる価値はある!

【137話】互いの信念をぶつけ合う男達!柴と恭平一歩も譲らず···!

今まさに美空が鎖を振り上げた時、動揺した柴は彼女に銃口を向けた。

そこまでして邪魔をしたいなら死ねと!

柴のライフルから弾が発射される直前、彼を蹴飛ばしたのは倒れていた恭平。

意識を取り戻したのは恭平だけでなく灰原も。

こんなことで諦めるな!

ギリギリの状態の2人は美空に精一杯のエールを送る。

しかし柴だって負けてはいない。

自分にはもう主様しか残されていないと、立ち上がり恭平の腹にきついパンチを食らわした。

流石の恭平も身体を大きく揺らすが?

喧嘩上等!こんなことで倒れる男ではなく···。

柴の顔面に強烈な一撃!

恭平と柴の最後の殴り会いが今始まった。

さて灰原の怪我は深刻で呪いの鏡を解読することは困難。

いずれにせよ不利な状況にいる美空は途方に暮れてしまう。

そんな時灰原が”ある事”を耳打ちしてきた。

柴対恭平の殴り会いが続くなか、灰原が伝えたかったある事とは?

一方一時的に柴から解放されたエリカは、落ちていたライフルに手を伸ばそうとして···。

【138】エリカに隠された驚愕の事実とは?そして顔無し鬼との関係まで明らかに!?

場面は朦朧とする意識の中で、灰原が美空とのことを思い出したところから始まる。

美空には全てを片付けて帰ると約束したはずだ!

意識を保つのもやっとのなか、美空に支えながらも最後に見たものを伝えようとした。

そうこうしている間にも柴と恭平の戦いはますます激化。

どちらも譲らぬ信念があるから何度でも立ち上がる。

柴か恭平のどちらかが倒れるまで終わらない戦いを止めたのは、ライフルで自殺を図ったエリカ。

兄と慕っていた柴の欲しいものは顔無し鬼だけ···。

最早自分は柴にとって不要な存在。

その代わり最期にもう一度だけエリカと呼んでほしい。

しかしエリカは呪い解いてほしいと約束したはずだと美空。

エリカの正体は永き夜に鬼と共に封じられた古の姫·紫蝶だと明かした。

これが長きに渡り忘れていた大昔の記憶だ。

鬼獄の夜を無料で読む方法とは?安全に読む方法のまとめ!

鬼獄の夜 無料 読む
鬼獄の夜を無料で読む驚愕の方法とは?マンガMeeで連載中の「鬼獄の夜」を無料で読む方法をまとめました。 鬼獄の夜を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も見放...

鬼獄の夜46巻【136話~138話】古の姫·紫蝶の感想

呪いを解く鍵はエリカの記憶と心境の変化!

彼女の正体が古の姫だと分かり、物語は大きく前進しました。

柴も恭平に徐々に追い詰められ、既にクライマックスに相応しい場面になっています。

あとはこの場にいないのは顔無し鬼のみ!

顔無し鬼とエリカの関係が分かれば、呪いを解くための重要な情報を得られるでしょう。

灰原がエリカの正体を知ったということは、呪いの解読方法が分かっていても不思議ではありません。

無事に全てを解決して、美空達全員で元通りの生活を送れるといいですね。

鬼獄の夜47巻【139話~141話】のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍