漫画ネタバレ

鬼獄の夜50巻【148話~150話】ネタバレ!憎しみの連鎖

マンガMeeで掲載中の鬼獄の夜【50巻】についてまとめました。

鬼獄の夜を無料で読む方法とは?安全に読む方法のまとめ!

鬼獄の夜 無料 読む
鬼獄の夜を無料で読む驚愕の方法とは?マンガMeeで連載中の「鬼獄の夜」を無料で読む方法をまとめました。 鬼獄の夜を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も見放...

【前回のあらすじ】

前回の鬼獄の夜49巻では、美空と灰原が念願の初エッチ。

柴と顔無し鬼のことがあったので、これまでなかなか結ばれるチャンスがありませんでした。

しかしラスボスが消滅したことで、真の恋人になることが出来ましたね!

灰原は普段は穏やかですが、美空とのエッチは彼女を激しく求めていて···。

今まで愛してあげられなかった分、しっかりと愛を注ぎ込もうとしたのでしょう。

さて二人が仲良く寝静まった時に現れたのは、エリカの亡霊。

彼女が出現したことで平安編がスタート。

平安の世には鬼から都を守っていた守護者達がいました。

その代表者か鬼殺しの司馬陰斗。

数々の強力な鬼を撃退してきた人物こそ、司馬陰斗その人だったのです。

鬼獄の夜49巻【145話~147話】のネタバレはこちら

愛しき者の死は司馬を憎しみの鬼へと変えた!

両親、そして姉までも顔無し鬼に殺された辛い過去。

鬼に襲われて血の気を失っていく姉の顔は、今でも覚えています。

しかし何故か誰よりも美しいと思ってしまった。

司馬はあの時の夢ばかり見ていました。

顔無し鬼の襲撃で大切な者を失えばそれはもうトラウマ!

何度も夢を見てしまっても不思議ではありません。

そんな司馬が尊敬してやまないのが権大納言。

気に入った女性を見付けてはセックス三昧の男性ですが、天涯孤独の身となった司馬を一人前に育てた人物。

司馬家の貢献人となり今の地位を与えてくれたのです。

権大納言はこう言いました。

「家族を失ったのは全て鬼のせいだ。自分を責めるでない。」

彼の言葉に司馬は全ての鬼を根絶やしにすると決意。

満足そうな顔をする権大納言でしたが、ここで顔左半分を仮面で隠した女性が乱入。

刀を手に持ち、”私の陰斗様に近付くな”と威嚇しました。

実の父親にまで刃を向けた身分高き女性の名は桔梗(ききょう)。

仮面を付けているのは、古傷を隠す為のようです。

桔梗は司馬の妻で、権大納言の娘。

自分より先に夫と会った父親に酷く嫉妬。

後で必ず自室に会いに行くと言い聞かせると、突然顔を手で押さえて苦しみ出します。

5年経っても未だに疼く古傷。

司馬に傷痕のあるほうの顔を手で触れてもらうと、少し落ち着いてきたようです。

顔無し鬼に襲われたところを見付けてくれた司馬は、桔梗にとって恩人。

身寄りを失った自分を養女として育ててくれた権大納言もまた同じ。

しかし夫である司馬に対しては一際執着心が強く、自分を抱く時以外に射精をするなと強制。

少しでも射精をした痕跡があるなら、激しく取り乱します。

司馬は桔梗が精神不安定になる度に抱いてやりました。

熱い夜を過ごす一組の夫婦。

そんな時です!顔無し鬼の使者である目だらけが司馬の屋敷に!

桔梗は司馬が鬼対峙に自分の屋敷に戻ったと聞き再び変貌。

他の女を助けに行ったに違いない!

あのお方の心は私だけのもの···。

どうすればそれが叶う?

ここで桔梗は逆立ちになり、子を産んでやると断言。

逆立ちになった理由がよく分かりませんでしたが、司馬の精子を卵子により多く注ぎ込む為ではないでしょうか?

頭に血が集中してもお構い無し。

場面は切り替わり司馬の屋敷。

鬼が出たという情報を聞いた司馬の脳裏に浮かんだのはつくしの顔。

まだ屋敷の奥にいた彼女を助けようと、内部へと踏み込みます。

そこで見たのは無惨な姿になったつくし。

このやり口は母と姉をいたぶり殺した顔無し鬼と同じ。

司馬は少しでも手掛かりを得ようと、つくしの遺体をまさぐりました。

翌日

昨夜の惨状を権大納言に報告した司馬は、彼を屋敷内にある秘密の地下に案内。

お見せしたいものがある。

そう言って突然持っていた刀で、自らの手首を切りました。

昨夜の顔無し鬼を倒すことこそ我が使命!

奴の好物は人間の血。

そして司馬の背後には拘束された目だらけの姿が!

こいつらを使って顔無し鬼を退治してみせる。

恩人である権大納言を前に司馬はそう宣言しました。

鬼獄の夜を無料で読む方法とは?安全に読む方法のまとめ!

鬼獄の夜 無料 読む
鬼獄の夜を無料で読む驚愕の方法とは?マンガMeeで連載中の「鬼獄の夜」を無料で読む方法をまとめました。 鬼獄の夜を無料で読むならU-NEXT! \アニメや映画も見放...

鬼獄の夜50巻【148話~150話】憎しみの連鎖の感想

桔梗という女性は司馬に助けられてから、彼に異常な執着を抱くようになりました。

司馬が懸命に愛しても、他の女性と話しただけで取り乱す。

おまけに精神の匂いすら分かるのだから、一途だけど恐ろしい女性です。

彼女はつくしの死を知ったらどう反応するのでしょう?

きっと邪魔者が減ったと喜んでも不思議ではありません。

さて一方の司馬は大切な者を失い、既に狂い始めています。

これは顔無し鬼になるまでの物語。

次回は司馬の家族を殺した鬼が登場するのか楽しみですね。

鬼獄の夜51巻【151話~153話】のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍