漫画ネタバレ

鬼の花嫁は喰べられたい24話ネタバレ!人間陣営が潜入してきた!

2020年11月5日発売の花とゆめ23号掲載の「鬼の花嫁は喰べられたい」についてネタバレをまとめました。

鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読む方法をまとめました!

鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読む方法をまとめました!花とゆめで連載中の「鬼の花嫁は喰べられたい」を無料で読む方法をまとめました。 鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読むならU-NEXT!...

【前回までのあらすじ】

遂に始まった秋の大収穫祭。

酒吞は無事に役目を果たし、真白との接近禁止令も解除となり、2人は久々に同じ布団で眠ることができたのでした。

鬼の花嫁は喰べられたい23話のネタバレはこちら!

鬼の花嫁は喰べられたい24話のネタバレ

秋の大収穫祭も終わり、酒吞と真白はのんびりとしたいつもの日常生活を送っていました。

「金木犀が美しい季節になった」

「いい匂いですね~」

2人は秋の幸せを噛み締めていましたが、ふと酒吞が真白にこう提案します。

「漬物石がほしいと言っていたろう、ちょうどよい、取りに行こうか」

酒吞からの提案に真白は大喜びでうなずき、ついでだからと銀杏や栗も拾いたいといいだしました。

秋の大収穫祭は終わり、2人の接近禁止令もとけたのですが真白は昨晩久々に一緒に眠ることができたというのに、疲れから眠ってしまっていたのです。

酒吞はもっと2人きりでイチャイチャしたいと考え、デートをしようと漬物石をだしに真白をおでかけに誘ったのでした。

(イチャイチャするぞ!)

そう決意した酒吞でしたが・・・玄関にいた真白は思ったよりもしっかりとした出で立ちだったのです。

巨大なカゴに手甲に・・・あまりに農作業のような格好に驚く酒吞でしたが、すぐに気を取り直してデート・・・もとい漬物石拾いへと向かうのでした。

石を探しがてら、2人はまず栗や銀杏を拾い歩きます。

秋の味覚に大はしゃぎの真白はたわわに実った柿の実に手を伸ばしました。

酒吞はすぐに真白を抱き上げ、こうやったらとりやすいぞ、とほほえみます。

真白は笑顔で柿をもぐと、ニコニコと微笑んだのですが・・・

「うおっ?!」

酒吞の足元に不意に現れた石のせいで、酒吞は足をもつれさせて転んでしまいました・・・!

2人は転んでしまいましたが、酒吞は真白が怪我をしないように丁寧にだきとめます。

酒吞の上でポカンとした表情の真白、そして酒吞もそんな真白をみてホッとしたあと、2人は笑ってしまうのでした。

「欲張り過ぎちゃいました」

「そうだな」

酒吞はそうやってほがらかに笑う真白を愛らしいと思ったのか、ふいに彼女に顔を近づけると噛み付くような口づけをおくります。

・・・そうこうしてカゴいっぱいに収穫をしおえた2人は、ようやく本命である漬物石探しをしようと腰を上げたのですが・・・

目の前にいたのは、先程酒吞が足を滑らせる原因となった丸い石でした。

「わあ!これ!私こんな形の漬物石がほしかったんです!」

大喜びの真白でしたが、彼女が石に触れようとすると何故か石は動いていってしまいます・・・

困惑しながらも漬物石を追いかける真白をみて、酒吞はハッと気が付きます。

「真白、それは石ではなく”しろうずま”という名前の妖だ」

しろうずまとは追いかけると転がっていく石の妖です。

真白は可愛い形をしていたから漬物石にできたらいいと思ったのですが、と残念がるのでした。

とるのを諦めようとした真白でしたが、なぜかしろうずまは真白たちの足元をコロコロと転がるまま、逃げようとはしません。

「どこかに連れていきたいのでしょうか?」

不思議そうにする真白でしたが、酒吞はそうかもしれないとしろうずまについていくことに・・・

しろうずまが連れて行ってくれた先には、ぐったりとした様子の子供が倒れていたのです!

真白は慌ててその子供にかけよります。

「だ、大丈夫ですか!?」

命に別状はないようでしたが、子供は衰弱した様子で、しかも・・・

「酒天様!この子、人間です!」

2人はすぐさま秋の行楽デートを取りやめて子供を家へと連れ帰ることに・・・

陽も落ち、夜となったころに人間の子供は目を覚ましました。

酒吞が具合を聞こうと子供に近寄ると、子供は目の前に鬼が近づいてきた!と大慌てでとびのこうとします。

「大丈夫です、心配しないでくださいね。酒天様は鬼は鬼ですが優しい鬼なんですよ」

酒吞の後ろから顔をぞのかせた真白の言葉に、子供はすぐさま酒呑童子は人間に退治された悪質な鬼だったはずだ!といい絵巻物を取り出しました。

それをきいて酒吞はニヤリと笑いながら、人の作ったただのおとぎ話だろ?といいます。

子供はムッとした様子となりますが、真白が付けヅノを外して自分は人間で酒吞のお嫁さんなのだと話すと、目を白黒させてしまいました。

2人は妖の里に迷い込んでしまったというこの少年を一晩泊めてやることにします。

少年は遠慮しましたが、2人の微笑みを見て泊まることにきめたようでした。

「ふーん・・・」

ひとまずお風呂に入るといいと、真白が沸かしてくれた五右衛門風呂に入ったその少年は、さっきのおどおどとした表情からキリリとした表情にかえます。

そして、こうつぶやいたのです・・・

「こうも早く鬼に会えるとはな・・・酒呑童子・・・その本性を俺が暴いてやる!」

鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読む方法をまとめました!

鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読む方法をまとめました!花とゆめで連載中の「鬼の花嫁は喰べられたい」を無料で読む方法をまとめました。 鬼の花嫁は喰べられたいを無料で読むならU-NEXT!...

鬼の花嫁は喰べられたい24話の感想

酒呑童子と楽しく日常を過ごす日々に戻れてよかったです!真白と酒吞が幸せそうに過ごしているのをみているのが一番ですね!

・・・と感想を述べたところで、いきなりやってきてしまった人間からの刺客・・・?この少年は何者なのでしょうか・・・

次回の鬼の花嫁は喰べられたい25話が掲載される花とゆめ24号は11月19日の発売です!

次回の鬼の花嫁は喰べられたい25話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍