漫画ネタバレ

ラグナクリムゾン41話ネタバレ!転位成功!そして新たな仲間が登場?

2020年11月21日発売の月刊ガンガンJOKER12月号掲載の「ラグナクリムゾン」についてネタバレをまとめました。

ラグナクリムゾンを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

ラグナクリムゾンを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?月刊ガンガンJOKERで連載中の「ラグナクリムゾン」を無料で読む方法をまとめました。 ラグナクリムゾンを無料で読むならコミック.j...

【前回のあらすじ】

爪牙(そうが)の王は、己の血族を持ちません。

その代わりとして、気に入った相手に自分の武の技術知識を教えます。

もちろんそれは、血族も人間も関係なく教えることができます。

やがて王が納得できる強さまで到達したら、その王が持つ魔剣が与えられました。

そうして魔剣を与えられたのが「六爪対牙(ろくそうついが)」

爪が6つと一対の牙が1つ、計8つの世界最強の魔剣を持つこの者たちは「爪牙の血族」と呼ばれていました。

しかしそのうちの一人を殺し、魔剣を強奪した卑怯者がいました。

その人物について、クリムゾンは言います。

「あれと戦ってはいけない、ちょっとおかしいんだ」

「人間だった頃から異常に強かった」

「策を練ったら勝てるだとかそういうものじゃない、逃げるための策を考えなければならない相手だ」

「それでも戦いたいなら、アルテマティアを殺した後でなくてはいけない」

そうクリムゾンに言われたことを、

(そんなことを言っていた気がする)

と薄っすら思い出しながら、ラグナは戦闘を始めます。

その間、9秒。

あっという間に戦闘は終わり、場面は暗転していきます。

気が付くと、そこには銀器姫が立っていました。

転位が成功したラグナ達!同時に明かされた銀器姫の「使命」とは

死闘の末、目覚めるとそこには銀器姫が確かに立っていました。

思わず「銀器姫?!!!」と確認するべく距離を詰めて名前を連呼するラグナ。

「顔が近すぎるんじゃこのイケメンがぁぁぁ」

と照れた銀器姫に投げ飛ばされ、ラグナは地面に突き刺さります。

そして馴れ馴れしい!呼ぶならリアと呼べ、と言われました。

少し落ち着いて辺りを見渡すと、ラグナがさっきとは違う場所にいると気づきます。

リアに尋ねると、ここは転位した先の場所なのだと教えられました。

どうやらラグナ含め皆成功したようで、ついてこい、とラグナは呼ばれました。

ガルムとシンは役に立ったか?とリアに言われ、ラグナは「助けられた」と笑顔で答えます。

リアは、爺・シン・アイク・クリス・ナサレナ・フー・ヘザラ・グレアの話をラグナに聞かせます。

不意に彼女は、ぴたりと歩くのを止めました。

そしてここまでだ、先に行け、とラグナに言います。

リアは、これから剣を作らなければいけない、と空を見上げて言いました。

「物心つく前から、その剣のイメージはあり、名前も決まっていた」

名前は、「銀彗星」といいました。

全ての銀の元となった「銀の星」、この名を冠する剣を創り出すことが自分の使命なのだとリアは言います。

突如、その言葉と共に地面が割け、ラグナは暗闇へ真っ逆さまに落ちていきました。

リアは叫びます。

「例えこの命が燃え尽きようとも、ラグナにふさわしい剣を必ず作って見せる!」

それから泣きそうな顔をして、

「だから最期に…もう一度だけ会いに…」

と、ラグナに言ったのでした。

仲間の死を嘆く団員たち。そして「時の聖女カルラ」現る!

目を覚ますと、ラグナは全身包帯まみれになっていました。

そして、自身の胸に手を当てて「まだ感じている」と震えながら呟きます。

辺りを見渡すと、仲間たちが眠っていました。

生きてる、とひとまず安心し、今度は外を歩いているとスライム先輩が声をあげているのが耳に入りました。

「仲間がたくさん死んだ程度で、おちこむなでしゅ!」

しかしそれを言われている彼らは落ち込み切っていました。

ラグナがスライム先輩に声をかけると、「やっと起きたんでしゅね?!」とラグナの元へやってきました。

そして、この辛気臭い空気をなんとかしろ、と訴えてきます。

二人が話していると、そこへアイクがやって来て、

「会ってほしい人物がいる」

「一般市民は600人ほど転位させることができた」

「団員は80名ほどは生き残っているが、動けるものは少ない」

とラグナに言います。

ラグナがシンのことを聞くと、

「シンは無事」

「辛気臭いのが嫌でどこかへ出かけているのだろう」

と答えを返されました。

ああその前に食事を取った方がいいか、と言うアイクに、俺よりアイクさんは?と気にかけます。

しかしアイクは、

「大丈夫だ…今は、とにかく何でもいいから何か動いていたいんだ」

「止まれば、そのまま動けなくなってしまいそうだから」

と苦しそうに言いました。

そんなアイクにラグナは、

「これは俺が感じてるだけの話だけど、リアは」

と言いかけます。

するとそこへ突然、

「あなた、死神さま?」

と黒い服に身を包んだ少女がやってきました。

ラグナはその女を見て、ある人物と姿を重なり、数秒後いきなり彼女を殺します。

なんてことするんだ?!!と声を荒げるアイクに、ラグナは叫び返します。

「今の女はアルテマティアだった!」と。

すると驚くことに、次の瞬間殺したはずの「彼女」は何十人もに増殖。

そして増殖したと思われた分身は「全員彼女である」ことが判明しました。

しかし彼女は「アルテマティア」ではなく、「時の聖女カルラ」であると自身を名乗りました。

そして、自分も竜を滅ぼす側の人間であることを伝え、

「よろしくお願いしますね」

と満面の笑みを浮かべたのでした。

 

ラグナクリムゾンを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?

ラグナクリムゾンを無料で読みたいあなたが必見の方法とは?月刊ガンガンJOKERで連載中の「ラグナクリムゾン」を無料で読む方法をまとめました。 ラグナクリムゾンを無料で読むならコミック.j...

ラグナクリムゾン41話ネタバレ!転位成功!そして新たな仲間が登場?の感想

今回は、新しい仲間が登場しました!

彼女の登場シーン、いきなりラグナに殺されてしまったので「何事だ?!」と結構びっくりしましたね…。

素敵な笑顔が、今はまだ怪しく見えてきちゃうんですが、この先の活躍に期待します!

ラグナクリムゾン【42話】が掲載される月刊ガンガンJOKER1月号は、12月22日に発売されます。

ラグナクリムゾン42話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍