漫画ネタバレ

Reader〜活字中毒者が大魔導士の後継ぎになった〜73話ネタバレ!ベイム討伐

ピッコマで掲載中のReader〜活字中毒者が大魔導士の後継ぎになった〜【73話】についてまとめました。

【前回のあらすじ】

ハトバは今、仲間と草原のような場所を探索している。

「あれ···マルトの加護の反応が消えた。」

しかしめちゃくちゃ強いあいつが、ガドル湿地帯で死ぬなんてあり得ない。

ともあれ今向かっているのがそのガルド湿地帯。

(あの場所が嫌いと聞いたけど···まさかまたあの人のところに···)

一度気になったことは簡単に諦めようとしないハトバ。

仲間と一緒に更に奥へと進んでいった。

すると向こうから血の滲んだ脇腹を押さえた、ジッド帝国の1等級兵士が近付いてきた。

(もしかしてクエストか?)

怪我を負った兵士は銀色に輝くペンダントを、アイラッグ司令官に渡してほしいと話した。

アイラッグ司令官は平野基地に滞在中。

クエスト内容はネックレスを司令官に渡して、兵士の言葉を伝えることだ。

報酬は今のところ不明。

さて場面は切り替わり、仲間と共に別の場所を探索する最上智博。

前のクエストでは”ダークボール””ダークスピアー””ダークベビー”の3つを覚えることが出来た。

ヒュオンッ

智博がダークベビーを試しに召喚すると、命令してもいないのに2体のモンスターを排除。

自動攻撃をしてくれるモンスターだと考えると、かなり役に立ちそうだ。

召喚の継続時間は10分程度。

これが人に攻撃するのかは気になるところ。

魔塔図書館にある魔法関連の本から、情報を調べるのは後回し。

少し先に進んだところで背後の草むらに、最上達を狙う賊が出現。

彼の名はルアギオ。

獲物を探していたルアギオは、新しい獲物を見つけたとほくそ笑んだ。

このまま背の高い草むらに隠れて、2人を襲撃するつもりだったが···。

しかし突如接近してきたダークベビーに、腹を突かれて絶命。

ルアギオが死亡したすぐ後に現場を訪れた仲間は、倒れていた彼を見て驚愕。

(体を貫通させるようなモンスターはこの辺りにいないはずだ。)

周囲を見回すと最上達のものと思われる足跡が!

場面は再び最上達がこの辺りを探索しているところに戻る。

最上は今、毒カエルが先制攻撃型のモンスターではない為、どんなタイプのモンスターでも攻撃すると仲間に話していた。

するとレベルアップの通知音が鳴り響く。

報酬は毒カエルの足とグラヌズの証!

グラヌズの証とは殺人鬼集団グラヌズの一員である証で、ジッド帝国の懸賞金事務所でクエストと交換出来るようだ。

ジッド帝国が追跡中の殺人鬼ベイムもが所属している、有名な殺人鬼集団らしい。

(この証が出たということは、この近くに殺人鬼が倒れているかもな。)

最上がクエストを確認すると”殺人鬼の知恵”という特殊クエストが更新されていた。

一定時間経つと殺人鬼の死体は消滅するが、まだ残っているかもしれない。

最上達2人は引き続きこの辺りを探索することに。

さてその頃の殺人鬼集団のアジトでは、ルアギオが殺された話題で持ちきりだった。

足跡は2人分···恐らく兄貴分が直接殺しに行くだろう。

逃亡した兵士は相当痛めつけたので多分もう死んでいる。

あれこれと話す殺人鬼達。

そこへ現れた彼らのリーダーは、犯人はルミナ湖に向かった2人だと断言。

同胞の復讐をするなら、奴らが湿地帯を離れる前だ。

「皆行くぞ!!」

最上達は敵の魔の手が伸びていることをまだ知らない。

次回のReader〜活字中毒者が大魔導士の後継ぎになった〜72話のネタバレはこちら

恐怖の殺人鬼集団と対峙!しかし最上チートが発動し即敗北!?

場面は最上と幸正が湿地帯を探索しているところから始まる。

「またレベルが上がった。」

この調子なら魅惑の森に到着する頃には、新しい扉を開けるかもしれない。

そんな最上と仲間の幸正をしっかりと背後から護衛するダークベビー。

「あったぞ。」

幸正が指差したのは目印の木。

これならあと10分もあれば湖に出られるだろう。

ピコンッ ピコンッ

そんな時、グラヌスの証に反応が!

「今のうちにケリをつけておいたほうが良さそうだな。」

ダークベイビーの護衛のお陰で既に7人の敵を撃破。

特殊クエスト殺人鬼の知恵をクリアするまであと僅か。

ピコンッ ピコンッ

グラヌスの証の反応がますます高まる。

そこへ現れたのは殺人鬼集団のリーダー ベイム。

一度攻撃しただけで7千も防衛力を低下させる強敵だ。

初撃は盾で防ぐも兄弟を殺されたベイムは、闘争心を高めるばかり!

しかも大勢の仲間が最上達を包囲。

これは紛れもなく絶対絶命の状況だが···。

全員倒せばクエストクリア。

「ここは俺に任せてくれないか?」

最上に頼まれた幸正は防御に徹することにした。

早速ダークベイビーに命令して雑魚敵を次々と排除させる最上。

対するリーダーのベイムは、部下を率いて総攻撃。

「ポイズンストーム。」

新たなスキルは毒の渦巻き!

ベイムを始め殺人鬼達をあっという間に排除した。

報酬はグラヌスの証23
殺人鬼ベイムの頭
殺人鬼ベイムの斧

の3つであとは懸賞金事務所に立ち寄るだけ。

あまりに早い討伐に呆然となる幸正。

「やっぱり俺も魔導士になっておけば良かったなぁ·····」

と今更ながら後悔した。

ともあれ100人いた殺人鬼を全員倒してしまった最上。

このクエスト達成により知恵の追加効果をゲット。

知恵によって得られる魔法貫通力が増加するらしい。

これがあれば魔法防衛力全無視で攻撃可能。

なんてチート···。

魔法貫通力アップを事もなく達成した最上に、幸正はただただ驚くばかり。

さて最上達2人はいつの間にかルミナ湖に到着。

こんな美しい場所に定期的な自然災害が発生するなんて俄には信じがたい。

「急いで進もう。」

目的地はまだまだこの先。

ここでのんびり油を売るわけにはいかないと幸正。

2人はさっさと湖を抜けようとするが!?

ズンッ···!

ピコンッ

ルミナ湖全体に地震発生

地震といっても地面が割れるほどの大地震。

立っているのもやっとな最上と幸正は、打ち合わせ通りに行動することに。

それは一旦ログアウトすること。

ウィーン

場面は切り替わりレイル平野基地

アイラッグ司令官の下に運び込まれたジッド帝国の兵士は、既に事切れていた。

銀色のペンダントには”エリー”という少女の写真が?

「本当にありがとう···安らかに眠ってくれ。」

と兵士に声をかけたアイラッグ。

エリーはそんな彼の愛する娘。

「今度こそ必ず娘の仇を討つ···!!」

覚悟を決めたアイラッグ率いる討伐隊は、殺人鬼集団のアジトを襲撃。

しかしアジトはもぬけの殻。

「誰もいないだと···ベイムを逃してしまったのか···。」

そんな予感がアイラッグの頭を支配し始めた。

「司令官!こちらに足跡が!」

部下に言われた足跡の先には殺人鬼の死体が!

死体の腕にはグラヌスのマークがある。

「これは武器による傷跡じゃないな。」

更に周囲を探索するとベイムの死体も発見。

誰かが殺人鬼達を倒してくれたようだ。

その誰かは既にログアウト中。

アイラッグはここには居ない最上達に

「娘の仇を取ってくださりありがとうございます。」

とお礼を言った。

いつか必ずこのお礼はするつもりだ···。

Reader〜活字中毒者が大魔導士の後継ぎになった〜73話ベイム討伐の感想

世間を騒がす殺人鬼集団。

そのリーダーが登場したので激戦を予想しましたが、まさかあんなに早く決着がつくとは!

リーダーのベイムも最上にとっては雑魚敵でしたね。

あれだけ頻繁にレベルアップし、強力なスキルをゲットしているので不思議ではありません。

毒の渦巻きに貫通力アップとますます強くなる最上。

このまま向かうところ敵なしの彼を見るのも悪くはありませんが、強敵の出現に期待してしまいます。

しかし次回もチートスキルをあっさりと獲得する予感!

まだまだ最上無双が続くのか注意深く見ていきたいです。

Reader〜活字中毒者が大魔導士の後継ぎになった〜【74話】はピッコマにて6月28日に掲載されます。

Reader〜活字中毒者が大魔導士の後継ぎになった〜【74話】のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍