漫画ネタバレ

リターン~ある外科医の逆襲~119話ネタバレ!決断した理事長 春馬からの告白

ピッコマ漫画掲載の【リターン~ある外科医の逆襲~】についてまとめました。

【前回のあらすじ】

前回のリターン~ある外科医の逆襲~118話では、大日理事長の宗利が五十嵐が交換教授で派遣されるのを拒否していました。

よりによって大日グループ会長が退院してすぐのタイミングで、打診された交換教授の話。

断れば会長の機嫌を損ねてしまうのは必然だが、五十嵐が大日に派遣されれば自分達の身が危ない。

この2年間で春馬の大日病院後継者の地位はほぼ固まっています。

最近は自身の持つ病院の経営権まで危うい状況で、もし五十嵐が戻ってきたら···。

宗利は部下になんとしてでもこの話を破棄にしろと指示。

するとあまりに興奮したからか突然発生した謎の頭痛。

思い通りにいかないことが続いたからか、以前にも同様の頭痛に悩まされていたようですよ。

とにもかくにもセントジョセフから交換教授の件で催促があれば、関係を切ると宗利は言い放ちました。

この話に早く決着をつけてしまいたいんですね。

しかし抵抗に遭った五十嵐も諦めていません。

大日病院が無理なら国内にある他の病院でもいい。

遠回りになっても宗利と春馬に罪を償わせる。

そんな固い決意を窺わせます。

さて大日病院への交換教授の話は無しになったように思えましたが、再び五十嵐が医療ドキュメンタリー番組に出演したことで風向きが変化。

日本に戻るなら以前勤務していた大日病院に戻るのか?

インタビュー中に聞かれた質問に五十嵐は、大日に戻るつもりが先方に断わられてしまったので無理と答えました。

それを番組を通じて知った理事長は、宗利の奴めと怒り狂います。

この後すぐ宗利に大きな雷が落ちますよ。

リターン~ある外科医の逆襲~118話のネタバレ!はこちら

五十嵐が大日病院に戻る!追い詰められた理事長は今のところ打つ手なし!

日本に帰国したら交換教授で大日病院で働きたかったが、病院側の事情で断られてしまった。

たまたま番組を観ていた大日グループ会長は、前もって五十嵐を大日病院に呼ぶようにと宗利に話していたのです。

いくら金が必要でも構わないから今すぐに五十嵐を呼ぶように!

にも関わらず大日で働きたい五十嵐の希望を無視。

確か宗利は”私のほうからセントジョセフに連絡しておきます”とも言っていました。

ともかく息子をここに呼んで問い質そう。

会長はすぐに宗利を自宅に呼んで、大日に交換教授で戻りたいと言った五十嵐の要望を断った理由を聞きました。

しまった···そんな話を番組でしていたなんて···。

断った理由は気に食わない奴で、自らの野望に邪魔だったから。

でもそれを言ったら会長の怒りを買うことは必然。

とりあえず病院には年俸の都合があると弁明するも、それは既に大日ホールディングスで支援すると言われています。

今すぐセントジョセフに連絡し、五十嵐を交換教授として招きたいと言うように!

会長の怒りは最高潮になり、有無を言わさない勢いです。

これには流石の宗利もペコペコと頭を下げるしかありませんでした。

しかし既に他の病院による五十嵐争奪戦は始まっていて···。

学問の分野と手術の分野両面で、医学的バランスを変えた五十嵐は多数の病院から引っ張りだこ。

大日病院理事長の宗利を除いてですが。

場面は大日病院理事長室に切り替わります。

既にセントジョセフから大日との関係を断つと言われていますが、保身を考えた宗利は五十嵐を受け入れる方向に変更出来ないかと考えました。

でもセントジョセフに連絡し交渉する役目は部下に丸投げ。

部下本人は前回かなり強硬に拒否したのに、どう説明しようと頭を悩ませます。

とりあえずはなんとかもう一度交渉するために、先方へと連絡しました。

当然ながらセントジョセフ側は、一度拒否した上でやはり来てほしいと言ったことに不快感を露にします。

本居としては携帯電話を握りしめて、ひたすら謝り続けるしかありません。

その結果、あらゆる苦渋の末に五十嵐を交換教授として迎えることになったのです。

五十嵐本人はその話をセントジョセフ院長から伝えられ、”私を大日病院に送ってください”と答えました。

“五十嵐復帰”と知らせを受けた春馬は、不可解な微笑を浮かべます。

恋人と自宅で過ごす時間も、考えるのは五十嵐のことばかり。

古い友人と言っていますが、本当にそう思っているのかはっきりと描かれていません。

さて側にいる明日香は五十嵐を気にする春馬が心配。

何故そんなに五十嵐に執着するのか?

何よりも日頃から不可解な症状に悩まされる春馬が気になりました。

そこで辿り着いた可能性は幻覚症。

明日香はずっと前から気付いていて、抗精神病薬を使えば症状が良くなるかもしれないと提案。

見えないところでどんどんやつれているのを知っています。

大丈夫だと言われても、明日香は心から春馬を気遣ってくれました。

そんな明日香に春馬はなんと結婚しようと告白。

春馬が本気で彼女を愛しているようには見えない上に、解決しなくてはいけない幻覚症。

この状態での結婚は、明日香を不幸にしないか心配になりました。

リターン~ある外科医の逆襲~119話決断した理事長 春馬からの告白の感想

権力のある人が味方になってくれると、物事が調子良く進む場合もあります。

五十嵐の場合は、本人の実力が正当に評価され会長の後押しもあり大日病院に戻ることが決定。

あれだけ激しく抵抗した宗利なので、必ず策略を考えると思いますが、五十嵐なら逆に追い詰めていくでしょう。

そして幻覚症を患う春馬。

彼はあのタイミングで明日香に結婚しようと告白。

でもそこから本当の愛が生まれるとは考えられません。

今までの罪と向き合いその後幻覚症の治療もする

それが今春馬がやるべき最優先事項。

罪から逃れ明日香との偽りの愛に傾く春馬。

五十嵐が帰ってきたら更に重症になりそうですよ。

リターン~ある外科医の逆襲~120話は1月11日の更新です。

リターン~ある外科医の逆襲~120話のネタバレ!はこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍