漫画ネタバレ

六道の悪女たち204話ネタバレ!鈴蘭の想いがさく裂する!!

2020年9月3日発売のチャンピオン40号掲載の「六道の悪女たち」についてネタバレをまとめました。

六道の悪女たち最新話を無料で読む方法は?

六道の悪女たち最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、六道の悪女たち最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料今すぐU-NEXTに登録して
六道の悪女たち最新話を読む
U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

マンガBANG!で無料配信中!

まずはお試しで読みたい方は無料アプリ「マンガBANG!」がおすすめです!

無料の人気マンガが多数掲載されて連載中の人気作も読むことができます。

ダウンロードは無料ですので、ぜひお試しで読んでみてはいかがでしょうか。

マンガBANG!
マンガBANG!
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

【前回のあらすじ】

一度は芳閃の前に倒れた鈴蘭でしたが、六道を思い出し、過去の自分を思い出し、再び立ち上がります。

六道の悪女たち203話のネタバレはこちら

六道の悪女たち204話のネタバレ

鈴蘭は立ち上がり、構えています。

タテシマの元へ行こうとしていた芳閃はくるりと向きを変え、鈴蘭と再度対峙しました。

後ろでは膝をついたままのタテシマが、勝負の行方を見ています。

鈴蘭のうしろには、過去のふたりの自分が映っています。

芳閃は、鈴蘭の構えが変わったことを警戒しました。

動きの種類は見切ったはずでしたが、まだ幅があるという事かと熟考を重ねます。

タテシマは、今までにない様子を見せる鈴蘭を見て、思わず名を呼びました。

芳閃は、死んでも知らないと言い、再度構えます。

鈴蘭は、新しい構えのまま静止しています。

――抑えこむこと、解き放つこと、これすなわち、心技一体――、気の極意なり!!

鈴蘭は飛び出しました。

構えていたはずの芳閃の懐に飛び込み、重い一撃を放ちます。

芳閃は思わず汗をたらします。

すかさず高速の打ち合いに発展しました。

ガガガガと音をたてながら攻防をくりひろげます。

鈴蘭は思いました。

悪女バージョンの時の技も、天女バージョンの時の技も、全部が私だと心が叫びます。

鈴蘭は芳閃の顔に一撃を加えました。

芳閃は苦しい顔をしはじめます。

動きの種類が更に増えたのです。

だんだんと防戦のみになってきており、芳閃は妙な感覚に陥ります。

まるで同時に、何人もの相手をしているようなのです。

芳閃のまわりには、天女の鈴蘭・悪女の鈴蘭・現在の鈴蘭の3人がおり、三者三様の攻撃が芳閃を苦しめています。

しかし、ここで負ける芳閃ではありません。

ギンと殺気を放つと、鈴蘭が驚き一瞬身を放します。

その隙を狙い、芳閃は鈴蘭の腕を掴みました。

引き寄せ、鈴蘭の鳩尾に膝を食い込ませます。

ドゴッという鈍い音とともに、鈴蘭の体が浮き上がりました。

しかし、鈴蘭はそれを逆手に取り、ギュルギュルと回転して芳閃の拘束からすり抜けます。

後ろに回り込むと、その回転を利用して芳閃の顎に蹴りを入れました。

鈴蘭のローファーがヒットし、芳閃は衝撃で顔からのけぞるようにバランスを崩します。

芳閃は体勢を立て直し、貴様と叫びながらパンチを繰り出しました。

しかし、ストレートの拳を鈴蘭は見切り、しゃがんで交わしたあと、手をゆるく握りました。

「!?」

芳閃は気づきます。

この動きは――、タテシマのものだと。

鈴蘭はタテシマの得意技・点穴廉泉を突きました。

その瞬間、芳閃の動きは停止しました。

そよ風が、廃校舎に吹きます。

身体が動かない芳閃から離れて、鈴蘭は投げ捨てられた白い上着の中を探りました。

皆で撮った写真が出てきます。

取り戻せたのです。

鈴蘭はタテシマに、これからどうするのかと尋ねました。

タテシマは、特にやりたい事もないと言いましたが、もう少しカンフーを極めてみるかなと呟きます。

それを聞いた鈴蘭は笑い、じゃあ終わらせるかと言いました。

タテシマは、見事だったと言います。

鈴蘭は体が動かないままの芳閃に攻撃を打ち込み、芳閃は地面に倒れこみました。

鈴蘭が、たまには掛軸のお爺さんに手紙でも書いてやるかと言うと、タテシマは笑いました。

手紙の内容は、仕送りの要請です。

そして

PS タテシマが更生しました。

と書く予定です。

鈴蘭とタテシマの手が、そっと繋がれました。

 

 

一方、葵とアザミは、校舎の行き止まりまで竹松を追い込んでいました。

校舎には、バイクの逃走劇の証として破れた硝子戸に散乱したガラス破片、また、破れた板壁と木材などがそこかしこにあります。

アザミはバイクにまたがり、指をピンとさし、追い詰めましたわよと竹松に啖呵をきりました。

一方の葵は、竹松を追いかけるアザミを追いかけ続け、へとへとに疲れ切っています。

だらしなく両手をバイクのライト部分に置き、ハァハァと息をきらせています。

竹松はクソガキどもめと毒を吐きました。

こちらも息が上がっています。

葵は交渉しようと思い、竹松に諦めろと言いました。

桜沙知代を返してもらえれば、これ以上何もしないと告げます。

しかし、そんな葵にアザミがぐっと顔を寄せました。

何言ってるの葵くんと叫びます。

これだけでは駄目です。

警察を辞めさせなければ、市民に危険が及ぶと力説します。

アザミの剣幕に、葵は「あ…はい…」と答えるしかありません。

すると葵は気が付きました。

竹松が、自身の白バイ専用ヘルメットをボリボリと掻きむしっているのです。

チクショウ、チクショウ、と呟いており、目には光がありません。

アザミは腰に手をあて、改めて、竹松に白バイ警官を辞めるように言いました。

葵は待てととめます。

あまり刺激しない方がいいと判断したからです。

アザミは葵の忠告を無視して

「貴方は死刑よ!!」

とビシッと指さしました。

「やめろぉ!!」

葵が叫びます。

とたんに、竹松はバイクをふかし、アクセル全開で飛び込んできました。

ドゴオオンと音を響かせ、アザミのバイクが倒れます。

アザミ自身は間一髪で葵に引き寄せられ無事でした。

常識がないのかとアザミが叫びますが、とんだブーメランです。

葵は、お前が言うなと突っ込みます。

葵はちらっと竹松を見て、まずいなと焦りました。

頬に汗がつたいます。

竹松は完全にブチ切れており、異様な雰囲気をまとってこちらを見ています。

 

六道の悪女たち最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、六道の悪女たち最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料今すぐU-NEXTに登録して
六道の悪女たち最新話を読む
U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

まずはお試しで読みたい方は無料アプリ「マンガBANG!」がおすすめです!

無料の人気マンガが多数掲載されて連載中の人気作も読むことができます。

ダウンロードは無料ですので、ぜひお試しで読んでみてはいかがでしょうか。

マンガBANG!
マンガBANG!
開発元:Amazia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

六道の悪女たち204話の感想

タテシマもこれで完全に更生しましたね。

良かったです。

次回も楽しみです。

次回の六道の悪女たちが掲載されるチャンピオン41号は9月10日発売です。

六道の悪女たち205話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍