漫画ネタバレ

緑陰の冠49話ネタバレ!決闘の準備

「緑陰の冠」49話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

「緑陰の冠」48話のネタバレはこちら

明日 一緒に皇帝に謁見を申し入れましょうと言うユスタフの提案にランも同意します

それから家臣たちに、今後悪意ある噂も拡散されるはずだから事前に伝えたほうが安心すると思うと言い、他のみんなにも伝えるよう指示します

この世界にはまだメディアが存在せず、識字率も低いため使用人たちの噂話も言論戦で重要になってくることを理解しているランは

あえて情報を流すのも効果的かもしれませんから、箝口令は敷かないようにと伝え解散します

そして

ランと別れた後、ユスタフは・・・

ニヤッと笑いながら“第二皇子と話すときが来たようだな”と思うのでした・・・

「緑陰の冠」49話ネタバレ

皇帝陛下に謁見に来たユスタフとラン

挨拶を済ませると 陛下の配慮で入場許可証を承り、自分が無事だったのも陛下の沖塚があったからこそですとお礼を述べます

すると陛下は自分が至らないばかりに招いた事態だとユスタフに面をあげるように言います

すると早速演技を始める2人

ランはしおらしく振舞い、陛下が侯爵家との仲を取り持っていただいた時から私は皇家に忠誠を誓って・・・と話します

すると陛下はアタフタしながらも そなたの忠義を疑ったことなどない と言います

ユスタフはすかさずランの肩を抱き、申し訳ございませんショックが大きかったようで・・・と言い、ランもユスタフにもたれかかりながら

大丈夫、陛下はきっとわかってくださるはず・・・と言います

すると突然ユスタフは膝をつきます

ランは内心“え?打ち合わせしてないんだけど!?”と焦ります

そんな中ユスタフは どうか決闘をお許し下さい!姉上の名誉をこの手で取り戻したいのですと懇願します

すると陛下は もちろんだ、そなたのような誇り高き青年が次期ラチア公爵なら帝国の未来も明るいと言うと、皇太子に直接決闘に望むよう自分から伝えることを約束します

そして帰りの馬車の中でその話をするユスタフとラン

ユスタフは冷めた目をして 血は争えないようですね まったく愚かな奴だ と言います

ランは、ユスタフのプライドがどれほど高いのか、そしてそれを捨てることがとても難しいことも理解しています

それなのにユスタフは目的のために頭をさげた そのことを思い

「ユス 偉いわね」

そういうと、

ため息をつきながら その言い方はやめてくださいと言うユスタフ

そしてランに、本当に私の姉上のままで良いのですか?自分がただの弟で良いのですか?と聞きます

ランは自分自身に、本当にユスタフのことを弟だと思っているのかを問いかけますが・・・愛情を持っているのは確かだけど答えが出ない・・・

そう思っていると、ユスタフはランの手を取り、問いただしているわけではありません、ですがその言い方は嫌です と言うのでした

その後、新しい侍女を迎えることにしましたと伝えるユスタフ

その侍女は、ティモシア・ルステ と言い、ベロイン伯爵の遠い親戚でした

べロイン伯爵は緑陰が身分を偽るために使っている貴族の家名でした

ランはそれを聞いて、緑陰のティモシアは護衛の代わりということだと察します

一方皇太子は・・・

部屋の中でオリビアと2人でいる皇太子

陛下から、自ら決闘に挑めと言われたことで相当頭にきてワイングラスを投げつけ荒れています

それをなだめようとするオリビアですが、皇太子の怒りは収まりません

皇帝までがラチア公爵の味方となり、すべての関心がラチア公爵ではなく決闘に集まり、このままでは世論の流れが変わってしまうことを危惧するオリビアは

まだ皇太子のカードは捨てられない と思い 自分に考えがあるからまずは決闘を避けて・・・と言いますが、そんなオリビアの方にグラスを投げつける皇太子

自分があの小僧(ユスタフ)に負けるとでも?ラチア公爵もお前も身の程をわきまえろ跡継ぎも産めないくせに

そうオリビアを見下ろしながら言うと、後継者が生まれないから帝国の威信が揺らぐんだ!と言い捨てて部屋を出ていきます

オリビアは、操り人形として使えないならもう捨てましょう、いっそ決闘で死ねば自分は悲劇のヒロインになり世論を味方にできるとたくらむのでした・・・

後日、最近皇太子が近衛騎士団長と特訓をしていると耳にしたランは、早速キリックス侯爵に頼みユスタフの相手をしてもらうことにします

そして

小説で読んだストーリーからかけ離れている現状を不安に思うラン

領地戦や決闘は原作にはなかったのに・・・

ラチアの財政を立て直して、ユスタフとシナが結ばれたら自分はどこか遠くへ行こうと思っていたのに・・・

もしもユスタフに何かあったら・・・きっと罪悪感に押しつぶされる

そう思うランなのでした・・・

「緑陰の冠」49話ネタバレ感想

とんでもない皇太子対ユスタフ

万が一、ユスタフに何かあったら・・・そうおもうと読者の私たちも不安ですよね・・・

次回も待ちきれませんね!

「緑陰の冠」50話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍