漫画ネタバレ

緑陰の冠51話ネタバレ!ユスタフの回想

「緑陰の冠」51話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

「緑陰の冠」50話のネタバレはこちら

ランはユスタフにエスコートされながら、

親しい侯爵夫妻との夕食、それに差し迫る決闘・・・様々な思いが交錯する夜だけれど、

公爵の座を譲りこの地を離れることになったら きっと思い出すだろうな

そう思うランなのでした・・・

「緑陰の冠」51話ネタバレ

今回はユスタフのアカデミー時代の回想から始まります

アカデミーに通っていた頃、ユスタフは一度も家に帰りませんでした

長期休み中もそれは変わらず寮で過ごしていた彼に、ランは何度も手紙をよこしました

ユスタフは一度も返事を書きませんでしたが、ランは手紙をユスタフに送り続けました

面会にも何度も足を運んだラン

しかし、ユスタフは一切面会にも応じませんでした

無視すればもう来ないだろう そう思っていたユスタフですがランは何度も何度も面会に来て

見かねた知人に促され、仕方なく面会室の前まで行くと、部屋の中からユスタフに気づき微笑むラン

そんな彼女を見て、ユスタフは顔を背け去ってしまうのでした・・・

それがユスタフの両親が亡くなる前に、最後にランを見た記憶でした

回想はここで終わり、リゼ・カロクたちとの夕食を終えたところに話は戻ります

リゼたちを馬車まで見送り、邸宅へ戻るユスタフとラン

ランは飲み過ぎて少し酔っています

ユスタフはランに、

お酒を飲むペースが早いと思っていました、なぜそんなにせっかちなんですか?

そう聞きながらせっかちな人は諦めも早いと思うのに、ランはなぜこんなにしぶといんだろう ランの横顔を見ながらそう思うのでした

室内に入ったころ、ランは一つ告白してもいい?とユスタフに尋ねます

それは以前、ただの弟で良いのか?とユスタフに聞かれた答えでした

ユスタフはそれに反応すると、どうお考えですか?と聞きます

ランは笑顔で「主人公!」

そう答えると、ユスタフは意味が分からないと言います

ランは教えてあげない、と言い この話は流れてしまうのでした…

それからランを部屋まで送り、自室へ向かうユスタフ

すると部屋の前にはブレイン卿がユスタフを待っていました

2人は部屋に入り、ユスタフは それで?とソファに座りながら尋ねます

ブレイン卿が、「当主様の護衛に緑影を・・・」と言いかけると ユスタフは冷たい視線で

「ブレイン・ワイルド 立場をわきまえろ 緑影はお前が口出しすることではない」と一喝します

ブレイン卿は謝ると、ロスを当主様の護衛に任命したいと伝えます

それは自分の立場上、ランのそばを離れることもあるでしょうし、ロスの実力はユスタフ様もご存じかと・・・とロスを任命した理由を説明すると

そうだな と言いながら、ランに対する無礼な振舞も知っているがなと心の中で思いつつ

優秀な護衛を連れて来いと言われて切ったカードがロスとは と鼻で笑うユスタフなのでした

ユスタフは了承するも、ランの意見を聞くことにします

そして3日後、皇太子宮にて決闘が行われます

オリビアは勝利を呼ぶハンカチを皇太子の手首に着けてあげようとしますが、皇太子はその手を振りほどき 要らん!こんなものなくても勝てる!と声を荒げます

オリビアはただ微笑みますが、それを見ていたランは 険悪な雰囲気に焦りドン引きします

そして自分もハンカチを持ちながらユスタフに話しかけようとするもうつ向いたまま前を向けないラン

ユスタフ「心配いりません」

ランは顔を上げ、2人は目を合わせます

ランはそして一言、「気を付けて」とだけ言うのでした

「緑陰の冠」51話ネタバレ感想

ただの弟ではなく「主人公」・・・はい??って思いますよね笑

ラン、ずるい!鈍感すぎますよ!

ユスタフは顔に表さないけれど 内心焦ってしまいますよね 答えをくれよ!って笑

そして・・・

いよいよ決闘が始まりますね

オリビアは立場なく、本当に可哀想・・・悪役ではあるけれど同情してしまいますね

ユスタフ、どうか負けないで・・・!

「緑陰の冠」52話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍