漫画ネタバレ

忘却のサチコ144話ネタバレ!波乱を呼ぶ大型ハリケーンその1

2020年10月5日に発売されたビッグコミックスピリッツ45号に掲載された「忘却のサチコ」144話のあらすじとネタバレを紹介します。

都会の編集部に勤める結婚適齢期のサチコさんは、あるに日同棲していた婚約者であるシュンゴに逃げられてしまいます。

それから実家住まいになったサチコさんですが、自室にシュンゴに位牌を立ててお参りする毎日を過ごし、同居している母には「死んでないでしょ!」と、突っ込まれます。

シュンゴが逃げた理由や、寂しさからサチコが目覚めたのは【美食への道】。
毎日美味しいものを外食することによって、サチコの男を忘れる癒しの旅は今も続いているのです・・・。

忘却のサチコ最新話を無料で読む方法は?

忘却のサチコ最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、忘却のサチコ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
忘却のサチコを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

忘却のサチコ前回のあらすじは?

某大手編集部で原稿とりをしているサチコさんは、羽夢先生からある依頼を受けました。

それは、ぎっくり腰になった羽夢先生の代わりに【アイドルのコンサート】にいくこと。

しかも羽夢先生が推しているメンズのTシャツを奪ってきてほしい!という任務まで引き受けることになったサチコさん。

そのコンサート会場で、サチコさんのライバル編集部の尾野真由美に出会ってしまうのです!

そして、羽夢先生と真由美が狙っているアイドルが同じ!ということで・・・。

サチコさんの機転とガッツで、物語はスッキリと解決する展開になりました!

そんなスッキリとした気分で、サチコさんが今回選んだ食べ物は・・・?

忘却のサチコ143話のネタバレはこちら

忘却のサチコ144話のネタバレ

サチコさんが勤める某大手編集部は、副編集長が不在のままでした。

今までは、サチコさんが副編集長の代わりとして仕事を頑張ってきたのですが・・・。

そろそろ副編集長を具体的に決めたい!と、編集長が連れてきたのは、大ベテランで仕事ができる椿さんという男性でした。

しかし、編集長は気が乗らない様子。

全員が会議室に集まっているときに、椿さんがやってきます。

「ちょうどよかった!これから親睦会がてらに、ご飯でもみんなで行こう!」

と、編集長が言いましたが

「まだ正式な辞令が出ていないでしょ?今日は帰ります」

と、椿さんはつれない態度で会議室を後にしてしまうのです。

「相変わらずだなぁ」

と、ため息を編集長がもらしましたが、それには何か事情が隠れているようでした。

その翌週、正式に椿さんはサチコさんたちの編集部に配属されることになりました。

椿さんは、サチコさんの会社ではかなりのヒットメーカーで、デキル人材。

しかし前の部署では評判が最悪に近い・・・と、小野寺が言いました。

「仕事はできるけど、人付き合いが悪くて何を考えているかわからない人」

そんな【変人】扱いされている人物が、椿さんなのです。

その日も定時の5時間際に、編集部に顔を出した椿さん。

サチコさんが原稿の校正の確認を頼むと

「ああ、君が佐々木幸子さんか。あんた・・・」

と、椿さんが言いかけたところで、定時のチャイムが鳴りました。

「俺は基本的に5時以降は校正見ないから。帰るね」

そう言い放って、さっさと椿さんは帰宅してしまったのでした。

その椿さんの態度に、唖然とするサチコさんや小野寺たち。

「昔はそんな奴じゃなかったんだが」

編集長が、みんなの前で椿さんの過去を話し出しました。

そこで衝撃的な事実を、サチコさんは知ることになります。

「実は椿は、入社したての頃は佐々木みたいにバリバリ働いていたんだ」

変種長の言葉に、え!と驚いたサチコさん。

「椿さんに何があったんですか?」

サチコさんは編集長に質問しますが

「・・・わからんな。椿とは最初だけ同じ部署だったけど、そのあと俺は違う部署に異動になっちまったんだ」

と、編集長は椿さんの変化の原因はわからないようでした。

数日後、 小林が椿さんに校正を見てもらうと、その指示が適当すぎてわからない!と頭を抱えて困っていました。

サチコさんに校正を確認したもらったほうが良かったのに!なんて、発言をする同僚たちもチラホラと出てきてしまう編集部。

ある日、小野寺は残業していたサチコさんに、原稿の確認を頼みます。

確認を終えた後小野寺は、また椿さんの悪口を言い出しますが

「なにか事情があるんですよ」

と、サチコさんは小野寺さんを落ち着かせて帰ろうとしました。

しかしおなかがすいて、どこかに寄ろうとするサチコさん。

そこで「ルッコラの海に溺れるクロックムッシュ」に出会うのです!

厚切りのパンに挟まれたチーズとハムとガーリック。

その上には、鮮やかな緑のルッコラが、溢れんばかり飾られています。

パンだけでも濃厚なのに、ルッコラとセットで食べるとさわやかな万ぷjく考えられる不思議なお料理。

軽食であるようでいて、重厚でさわやかな海を泳いでいるよう・・・。

そんなふうにサチコさんは、今日も仕事の疲れを癒したようでした。

後日、小野寺が椿さんに食って掛かる勢いで、昨夜の原稿を渡します。

しかし、そこに電話がかかってきたのです。

電話の相手は、ノーベル賞候補!と言われている柴埼先生でした。

柴埼先生は、どうしても椿さんに話したいことがある・・・と言っていて、編集部は騒然とします。

そして椿さんは、柴崎先生のもとにサチコさんも連れていく、と言い出したのでした。

 

忘却のサチコ最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、忘却のサチコ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
忘却のサチコを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

忘却のサチコ144話の感想

新しい副編集長、椿さんはなかなか厄介な人のようです。

定時に帰って残業はなし。

しかし働き方改革としては、何も間違っていないようですが・・・。

編集部は作家の原稿の仕上がりによって、時間が振り回されてしまうので、定時に帰ってしまっては仕事にならないような気がしますよね。

今回のことで椿さんの事情や、編集部の在り方、椿さんがサチコさんに伝えたいこと、などなどの謎めいた部分が盛りだくさんでてきました。

次回はそんな展開で、その謎がとけていくのか・・・もしかしたらその謎もお料理にうまく例えられて、解決するかもしれません!

次回の「忘却のサチコ」は2020年10月19日発売のビッグコミックスピリッツ47号に掲載される予定です。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍