漫画ネタバレ

忘却のサチコ147話ネタバレ!嵐を呼ぶ大型ハリケーンその4

2020年11月16日発売のビッグコミックスピリッツ51号に掲載された「忘却のサチコ」147話のあらすじとネタバレを紹介します!

都会の編集部に勤める結婚適齢期のサチコさんは、あるに日同棲していた婚約者であるシュンゴに逃げられてしまいます。

それから実家住まいになったサチコさんですが、自室にシュンゴに位牌を立ててお参りする毎日を過ごし、同居している母には「死んでないでしょ!」と、突っ込まれます。

シュンゴが逃げた理由や、寂しさからサチコが目覚めたのは【美食への道】。

毎日美味しいものを外食することによって、サチコの男を忘れる癒しの旅は今も続いているのです・・・。

忘却のサチコ最新話を無料で読む方法は?

忘却のサチコ最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、忘却のサチコ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
忘却のサチコを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

忘却のサチコ前回のあらすじは?

新しい上司となった【椿副編集長】から、柴崎先生の担当を言い渡されたサチコさん。

椿副編集長は、協調性がないく編集部から疎ましく思われるほどの【マイペース人間】。

そんな椿副編集長ですから「柴崎先生の家政婦として、佐々木サチコを雇ってください!」なんて破天荒な提案ができたのでした。

次期ノーベル賞候補と言われている柴崎先生は、実は生活能力が皆無な人物だったのです!

ゴミだらけで汚部屋になった部屋で生活する柴崎先生を心配して、椿副編集長が、真面目でキレイ好きなサチコさんを「家政婦」として任命したのでした。

家政婦兼、柴崎先生の担当・・・ということで、編集部に帰る必要がなくなったサチコさん。

サチコさんがいなくなった編集部は大変なことになっていました。

椿副編集長が来るまでは、サチコさんが副編集長の仕事を肩代わりしていたので、他のみんなはサチコさんに頼りきりになっていたのでした。

そしてサチコさん自身も、派手で要領のいい「アリス先生」の資料集めの仕事が残っていたのです!

柴崎先生の家での家事・・・しかも大量のゴミの整理は、なかなか過酷なものでした。

しかも、お料理はサチコさんにとって【もっとも苦手な家事】。

食いしん坊なのに、料理が苦手とは、なんとなく皮肉な展開ですね。

だからこそ、部屋だけでもキレイに・・・と、頑張るサチコさんでしたが、ここでトラブルが発生します!

汚れた大量の粗大ゴミを、清掃車に出したところ

「僕の宝物だったのに!」

と、柴崎先生に怒られてしまったサチコさん。

しかし危機一髪のところで、椿副編集長が、粗大ゴミを回収していたのでした!

自分の失敗に落ち込んで、帰ってしまったサチコさんでしたが・・・。

あとで、柴崎先生が「新しい原稿にとりかかる」という連絡をうけたのでした!

忘却のサチコ146話のネタバレはこちら

忘却のサチコ147話のネタバレ

大傑作である「シルエット」などの作品を発表していた有名作家、柴崎先生。

しかし最近の柴崎先生は、なにも書けなくなったように、低迷していたのでした。

そんな柴崎先生が、「新しい原稿を、椿副編集長からの依頼で書く!」という報告を受けたサチコさん。

家事なども頑張って、柴崎先生を細かくケアしていたのは自分なのに・・・という思いもあったサチコさんでしたが・・・。

柴崎先生の大切な宝物を、間違って粗大ゴミにだしてしまったのも、自分だし・・・謝ろう!と柴崎先生のもとに向かいました。

柴崎先生と椿副編集長がサチコさんを待っていましたが、そこで衝撃な事実をサチコさんは知ることとなるのです!

それは新しい原稿の決定は、【酒の席】で決まった!ということでした。

柴崎先生は、お酒に酔うと大変陽気になるタイプで、椿副編集長とは気が合ったようで大盛り上がりになったのでした!

「僕はお酒で明るくなるけど・・・」

と、柴崎先生はお酒の事を語ると、陰気な雰囲気になります。

どうしたのか?と、サチコさんが柴崎先生の様子を伺っていると

「シルエットを書いたときも、酔いすぎてわけがわからなかった」

と、柴崎先生は、アルコールに溺れないと執筆できない自分の生活にうんざりしているようだったのです。

サチコさんは、柴崎先生をいたわり、何か心が癒やされる方法を考えました。

「先生・・・私が間違って捨てようとした本は、何の本ですか?」

サチコさんの質問に、照れくさそうに、本を見せてくれたのです。

それは、サチコさんも大好きな子供向けの【絵本】でした。

柴崎先生のボロボロになった絵本を、いっしょに修繕したサチコさん。

サチコさんのお母さんの協力もあり、美味しい親子丼を作ることもできました。

胃も心も癒やされた柴崎先生は、少し個性的な恋愛小説を完成させたのでした!

 

忘却のサチコ最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、忘却のサチコ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
忘却のサチコを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

有料の最新巻を完全無料で読む意外な方法は?

もうU-NEXTにはお試し登録してしまった・・・そんなあなたに朗報です! 意外と知られていない次のサービスで大量ポイントを完全無料でゲットできます!
クランクインコミック 初回無料登録で3000円分のポイント付与
comic.jp 30日間お試し無料登録で1350円分のポイント付与
クラインクインコミックのメリットからデメリットまで詳しいサービス紹介はこちら

comic.jpのメリットからデメリットまで詳しいサービス紹介はこちら

まだ試してないのは絶対に損です!

完全無料でお試しできますので読みたい漫画を無料で読みましょう!

忘却のサチコ147話の感想

今回は、とうとう社会に適合できなかった柴崎先生が、社会復帰できた回になっていました!

真面目すぎるサチコさんと、ゴミ屋敷の小説家が、どんなふうに絡んでいくのか心配でしたが・・・。

サチコさんは生真面目ですが、柴崎先生の心の変化を汲み取って、上手に自立の道に誘導することに成功したようです!

そして、サチコさんのお母さんが作った親子丼は、柴崎先生の疲れをほぐしてくれた様子でした。

柴崎先生が癒やされたあとは、お食事処で親子丼を注文したくなったサチコさん。

あまりに癒やされた柴崎先生が印象に残っていたのですね!

そして椿副編集長の

「あくまでと、柴崎先生の担当は佐々木サチコだからな」

という男前のセリフも、カッコよかったです!

新しい恋愛が、サチコさんに訪れるでしょうか!?

そして椿副編集長のマイペースぶりで混乱していた編集部。

いつも頼みの綱であるサチコさんが、柴崎先生につきっきりになることで、編集部はさらにこまっていましたが・・・。

全員がそれぞれ、サチコさんへの依存心を断ち切り、成長していく良い結果につながって良かったです!

「いい加減な副編集長」と思われいた椿副編集長ですが、実は【イイ男】なのかもしれませんね!

次回の「忘却のサチコ」は、2020年11月30日に発売されるビッグコミックスピリッツ53号に掲載される予定です。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍