漫画ネタバレ

最強の王様、二度目の人生は何をする?120話ネタバレ!忍び寄る不吉な足音

ピッコマで掲載中の【最強の王様、二度目の人生は何をする?】についてまとめました。

【前回のあらすじ】

前回の最強の王様、二度目の人生は何をする?119話では、なんとあのランス·アレアが謎の魔術師に敗北して死亡。

ランス·アレアはアーサーでさえ到達出来ていない白い魔術師。

それが沢山の部下達と共に、洞窟ダンジョン最下層に倒れていました。

アーサーは信じられない顔で彼女の死を悲しみます。

ほんの一度しか会っていませんが、アーサーに優しく接してくれた人のうちの一人。

既にアーサーにとって大切な人になっていたんですね。

さてこうしてアレアは死んでしまったわけですが、彼女を大勢の部下と共に殺害した魔術師の情報は掴めていません。

アーサーがアレアから見せてもらった情報によると、とにかく圧倒的力を持つ残虐非道な強敵。

物語が進行していけば、必ず今後対決する時が来るでしょう。

それまでにアーサーは大幅なパワーアップが出来るのか?そして怪しい魔術師の弱点を発見出来るのか?

まだまだ彼の進む道は前途多難です。

最強の王様、二度目の人生は何をする?119話のネタバレはこちら

アーサーでも救えなかった命!アーサーは更に強くなることを誓う!

場面はアーサーがランス·アレアの部下達を、その場に埋葬しているところから始まります。

ランス·アレアの記憶から判明したのは、犯人は複数の黒い角を持つ悪魔。

全部で何人いるのかや彼らの目的は不明です。

とにかく四元素を使えようが、今のアーサーでは勝てない。

あの悪魔が言っていたように本当に戦争が起きようとしているなら、もう今までのように楽観視は出来ません。

この世界で愛するようになった人々を守るには、大幅にパワーアップするしかないと自分に言い聞かしたアーサー。

彼は冷たくなったアレアに氷の棺?を作ってやり、そこに安置しました。

そしてアーサーはアレアの形見であるネックレスのような物を、握り締めます。

長く一人にはしないから安心してほしい。

そう死んでしまった人々に言ったアーサーはシルビーと合流。

今の自分達に出来ることはこれ以上ない。

シルビーを伴い家に戻りました。

帰路の途中にある街の門では、こんな夕方に子供が一人で出歩いていることに門番に怪しまれます。

だから所属と名前を言った上で、野外活動で未亡人の墓から帰ってきたところだと伝えたアーサー。

すると門番は直ちにアドベンチャーギルドと学園に報告せよと、もう一人いた門番に指示。

彼によるとギルドはアーサーの探索と救出の為に、人を集めていたそうです。

すぐにエミッターを呼んで傷の手当てをしてもらおう···。

しかしアーサーは今日はこれで家に帰りたいと門番に頼みます。

門番は溜め息をついて彼の希望通りにしてやりました。

場面は切り替わりアーサーの自宅玄関前。

そこでアーサーはみんな心配しているだろうなと思いながら、アレアの形見を見詰めていました。

彼女の孤独に対する恐怖に死に対する恐怖。

ランス·アレアが自分と同じように、二度目の人生を歩めるようになったらどんなにいいだろう。

そんなことがアーサーの脳裏に浮かびます。

今夜は美しいオーロラ。

それを見ると少しだけ心が穏やかになりました。

さてここでアーサーの隣に腰を降ろしたのは彼の父親です。

父親は息子が何も言わなくても、アーサーの苦しみが分かっています。

そして彼の妻が治療能力を使えるのは軽傷者のみと告白。

アーサーが感じている痛みと同じように、彼女にも言葉に出来ない心の傷があるとも言いました。

皆それぞれ悩みがあり、それと戦っているのだから今は無理するな。

自分はいつでも息子の味方だし、アーサーが戦いに勝利するまで見守っていると父親。

時にはボコボコにされてもまた立ち上がればいい。

その戦いで学び、更に成長していけば必ず次に活かせる。

父親はアーサーの頭を優しく撫でて励ましてくれました。

場面は学園の中庭を見渡せるテラスで、アーサーが理事長に事件の報告をしているところに切り替わります。

グローリー教授から聞いているのはクイーン·スナーラーの異常事態。

最下層でそれ以上の何が起きているかと、理事長は聞いてきました。

アーサーが見せたのはランス·アレアの形見。

それを見た途端に理事長は驚愕。

まさかそんなはずは···。

しかしこれは紛れもない事実。

奴らはもうそこまで来ている···理事長の危惧したことは現実に!

「あなたは犯人を見たの?」

「いいえ何も見ていません。」

本当はアレアの記憶経由で犯人の情報を僅かながら得たアーサー。

でもそれは自分の心に仕舞っておこうとしたのでしょう。

いずれにせよ事件のことは理事長が諮問員に報告。

アーサーにはこれ以上介入をするなと釘を刺しました。

あとは諮問員と残りのランスが対処する。

理事長はキッパリとそう言ったものの、最早ランスの手にも余る事件には違いありません。

今後新たな犠牲者が出なければいいですが···。

これで最強の王様、二度目の人生は何をする?119話ネタバレは終わりです。

最強の王様、二度目の人生は何をする?120話忍び寄る不吉な足音の感想

ランス·アレアの死には、アーサーはかなり堪えていました。

大切な人を一人も失いたくないという強い思い。

しかし不本意にも多くの犠牲者が出てしまいましたね。

アーサーの到着がもう少し早かった場合でも、実力不足な彼ではアレアを守りきれなかったでしょう。

今出来ることは魔力の大幅な強化。

父親が言った通りボコボコに負けることがあっても、アーサーは何度でも立ち上がる男。

きっと打開策を見つけ、それを実行出来るようになるのではないでしょうか?

最強の王様、二度目の人生は何をする?121話は1月11日に更新予定です。

最強の王様、二度目の人生は何をする?121話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍