週刊ヤングマガジン

サタノファニ136話ネタバレ!真希への複雑な思いともたらされた新たな情報!

2020年6月27日発売の週刊ヤングマガジン31号掲載の【サタノファニ】についてまとめました。

サタノファニ最新話を無料で読む方法は?

サタノファニ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、サタノファニ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
サタノファニ最新話を読む

【前回のあらすじ】

殺人鬼ロバート・ハンセンの力を宿した村長に流石のアヤも防戦一方でした。

もうここで命を落としても構わないと考えたアヤですが、彼女のなかにいた都井睦雄はそれを許しません。

力を解放したアヤに村長はあっさり倒されます。

そして彼女を実験の為に利用していたはずの龍野は、途中で実験を放棄しその場から居なくなっていました。

龍野の関与を証明しようにも何一つ証拠がなく、アヤが全ての罪を被ることで事件は解決と見なされます。

しかしこの一件で心から自分に共感してくれる「仲間」が出来たのでした。

こうしてメデューサ達の計画は次のステップへと進んでいきます。

サタノファニ135話のネタバレはこちら

甲斐名物に舌鼓を打つ羽黒のメンバー!しかし真希のことを考えると?

隠れ家で机を囲み夜食を食べる羽黒のメデューサ達。

食卓には甲斐サーモンの刺身・ハナイグチ(ジゴボウ)の味噌汁・アマゴの背ごし・芹の白あえ・栗ごはんと贅沢な料理が並んでいました。

霧子が腕によりをかけて作った料理に特に感動していたのは食いしん坊の千歌です。

早速幸せそうな顔で料理に舌鼓を打っていました。

アマゴは骨がこりこりして身も甘いと千歌が言えば、小夜子は栗ごはんがホクホクして美味しいと感想を漏らします。

そして美依那はジゴボウという山梨近辺では人気のきのこを使用した味噌汁を飲んでいました。

美味しくていい香りのジゴボウは霧子の話では松茸にも負けないのだとか!

一方カレンが鮭の刺身だと言ったのは甲州名物の絞りカスで育てたブランドニジマスです。

刺身はバイト上がりの魚屋のオヤジに、栗やきのこはわざわざ山に入って収穫したものでした。

スケベなオヤジ・熊が出没してもおかしくない山、それなりの武道の達人を上回る強さを誇る霧子には朝飯前です。

昨日はダーキニーになると宣言していた真希のこともあり落ち込んでいた霧子。

でも今は上手く気持ちを切り替えているなと千歌は感じます。

それにしても真希は小夜子を撃ったことには変わりません。

真希に対して許せない気持ちがあるのは事実です。

しかし自分達が真希の姉である瀬理をまだ救いがあると思って送り出したせいで殺されてしまったのもまた事実。

そう思うと千歌はいたたまれない気持ちになりました。

一通り食事を楽しんでからいよいよ羽黒から指示された計画の作戦会議に入ります。

教祖及び龍野の暗殺は先決事項だが真希の救出は別問題だと発言したのは小夜子です。

何故ならダーキニー達は信者の目がある昼間の戦闘を固く禁じられているから!

そうなると一般信者や観光客の多い土日に真希を救出したほうがいいと提案しました。

それに異を唱えたのは美依那です。

情報が足りないし真希の居場所さえ分からない現状ではどうしようも出来ません。

「けどよ・・・!もう時間がねえんだ」とタイムリミットが迫っていることを指摘する霧子。

明日の昼までに助けなければ敵になりもう仲間として戻って来てくれないかもしれません。

彼女の言葉にその場にいた面々は考え込んでしまいました。

女医が提供した教団幹部の情報とは?そしてレイカの自宅にいた人物とは一体!?

そんな時幾つか情報を提供すると話したのは突然テレビの画面に映った羽黒の女医です。

彼女によると真聖教団の本拠地である「九龍城」は迷路のような構造で、地上11階東西300メートルのエリアに数千人もの信者が住んでいるという驚くべき事実が判明しました。

公式マップではないものの九龍城内部は本殿を中心に幹部移住エリア・空中庭園・信者居住スペース・商業エリアなどに別れています。

そして女医から送られてきたものには敵幹部の情報もありました。

そのなかには裏切り者の友坂えりや千歌と死闘を繰り広げた平樹(たいらいつき)の名前もあります。

しかも平は教祖の養子でもあったのです。

一通りの情報を提供した女医は新しい衛星電話を用意したから真希救出に役立てろと話します。

昨日の学校では電波を妨害されました。

これを防ぐ為の対策ではありますが、豪華客船での一件で瀬理を死なせてしまったことへの罪滅ぼしでもあったのです。

「オーダーに支障がない程度にはキミたちの意思も尊重しよう」と女医は出来る限りの協力をすると話しました。

いよいよ真希の救出作戦へ向けて動き出すことに・・・。

その頃胡桃沢は真聖教団信者の男に接近し甘城道隆の情報を得ようとしていました。

男は天城が内田という医者を訪ねその内田は九龍城に軟禁されていること、それを天城が探ろうとしていたことを話します。

しかしこの男、元から胡桃沢の味方ではありませんでした。

突然ナイフを突き付けると「教祖さま この女アーカーシャーへ送ります」と言いました。

ゴッ!!

そんな時横合いから小石を投げてきたのはレイカです。

彼女は男を簡単に捩じ伏せてしまいました。

急いで車に乗り逃げた男を尻目に家に来ないかと誘われた胡桃沢はレイカの誘いに乗ります。

レイカの自宅に到着するとなんとそこに居たのは道隆でした。

そんな時幾つか情報を提供すると話したのは突然テレビの画面に映った羽黒の女医です。

彼女によると真聖教団の本拠地である「九龍城」は迷路のような構造で、地上11階東西300メートルのエリアに数千人もの信者が住んでいるという驚くべき事実が判明しました。

公式マップではないものの九龍城内部は本殿を中心に幹部移住エリア・空中庭園・信者居住スペース・商業エリアなどに別れています。

そして女医から送られてきたものには敵幹部の情報もありました。

そのなかには裏切り者の友坂えりや千歌と死闘を繰り広げた平樹(たいらいつき)の名前もあります。

しかも平は教祖の養子でもあったのです。

一通りの情報を提供した女医は新しい衛星電話を用意したから真希救出に役立てろと話します。

昨日の学校では電波を妨害されました。

これを防ぐ為の対策ではありますが、豪華客船での一件で瀬理を死なせてしまったことへの罪滅ぼしでもあったのです。

「オーダーに支障がない程度にはキミたちの意思も尊重しよう」と女医は出来る限りの協力をすると話しました。

いよいよ真希の救出作戦へ向けて動き出すことに・・・。

その頃胡桃沢は真聖教団信者の男に接近し甘城道隆の情報を得ようとしていました。

男は天城が内田という医者を訪ねその内田は九龍城に軟禁されていること、それを天城が探ろうとしていたことを話します。

しかしこの男、元から胡桃沢の味方ではありませんでした。

突然ナイフを突き付けると「教祖さま この女アーカーシャーへ送ります」と言いました。

ゴッ!!

そんな時横合いから小石を投げてきたのはレイカです。

彼女は男を簡単に捩じ伏せてしまいました。

急いで車に乗り逃げた男を尻目に家に来ないかと誘われた胡桃沢はレイカの誘いに乗ります。

レイカの自宅に到着するとなんとそこに居たのは道隆でした。

そんな時幾つか情報を提供すると話したのは突然テレビの画面に映った羽黒の女医です。

彼女によると真聖教団の本拠地である「九龍城」は迷路のような構造で、地上11階東西300メートルのエリアに数千人もの信者が住んでいるという驚くべき事実が判明しました。

公式マップではないものの九龍城内部は本殿を中心に幹部移住エリア・空中庭園・信者居住スペース・商業エリアなどに別れています。

そして女医から送られてきたものには敵幹部の情報もありました。

そのなかには裏切り者の友坂えりや千歌と死闘を繰り広げた平樹(たいらいつき)の名前もあります。

しかも平は教祖の養子でもあったのです。

一通りの情報を提供した女医は新しい衛星電話を用意したから真希救出に役立てろと話します。

昨日の学校では電波を妨害されました。

これを防ぐ為の対策ではありますが、豪華客船での一件で瀬理を死なせてしまったことへの罪滅ぼしでもあったのです。

「オーダーに支障がない程度にはキミたちの意思も尊重しよう」と女医は出来る限りの協力をすると話しました。

いよいよ真希の救出作戦へ向けて動き出すことに・・・。

その頃胡桃沢は真聖教団信者の男に接近し甘城道隆の情報を得ようとしていました。

男は天城が内田という医者を訪ねその内田は九龍城に軟禁されていること、それを天城が探ろうとしていたことを話します。

しかしこの男、元から胡桃沢の味方ではありませんでした。

突然ナイフを突き付けると「教祖さま この女アーカーシャーへ送ります」と言いました。

ゴッ!!

そんな時横合いから小石を投げてきたのはレイカです。

彼女は男を簡単に捩じ伏せてしまいました。

急いで車に乗り逃げた男を尻目に家に来ないかと誘われた胡桃沢はレイカの誘いに乗ります。

レイカの自宅に到着するとなんとそこに居たのは道隆でした。

 

サタノファニ最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、サタノファニ最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
サタノファニ最新話を読む

サタノファニ【136話】真希への複雑な思いともたらされた新たな情報!の感想

真希救出作戦に女医が協力してたのは以外でした。

羽黒では随分と千歌達メデューサを苦しめた人物です。

また何かを企んでいるのかと思いきや、瀬理を死なせてしまったことに罪悪感があるようですね。

そして女医が送ったリストには教団幹部はずらりと並んでいました。

まだまだ龍野や教祖に辿り着くまでには長い道のりになりそうです。

今回の話では最後に道隆が登場しましたが、彼がどう物語に介入するのか現時点では全く分かりません。

何か手掛かりを持っているかもしれないですし、真希救出作戦の行く末も気になります。

きっと千歌達なら成功出来ると信じたいです。

次回のサタノファニ【137話】が掲載される週刊ヤングマガジン32号は7月6日に発売されます。

サタノファニ137話のネタバレはこちら