漫画ネタバレ

青春ヘビーローテーション11話ネタバレ!1%の可能性で圭司は・・・

2020年7月20日発売、Sho-Comi16号に掲載の「青春ヘビーローテーション」(11話)についてネタバレをまとめました。

青春ヘビーローテーション最新話を無料で読む方法は?

青春ヘビーローテーション最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、青春ヘビーローテーション最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
青春ヘビーローテーション最新話を読む

前回のあらすじ

寝不足で気分が悪くなって倒れた奈緒を保健室に運んだのは圭司でした。

試合が終わり、眠れなかったのは俺のせいだね、ごめんねと水野先輩が言うと、部屋から出て行こうとした圭司が振り向いて、奈緒が眠ることができないのは、俺のせいですからと言います。

応援をしなかった奈緒と圭司はグランド10周をした後に、奈緒が持っていた手作りレモンはちみつを食べるためにベンチに腰掛けます。

そこで圭司は奈緒の何時もの笑顔を見ながら、俺のことわからないとか言っていないで、もっと知ってよ・・・俺の事と言います。

青春ヘビーローテーション10話のネタバレはこちら

青春ヘビーローテーション11話 ネタバレ

つぐみ、どうしたの?

奈緒はつぐみに、同じ中学だった圭司のことをどうだったと尋ねています。

つぐみは上の空でした・・・しかも奈緒が傍に来ていることも気が付いていませんでした。

つぐみに奈緒は最近よくボーとしているねと言い、気になることがあるなら私が聞くよと言います。

にこっと微笑む奈緒を見て、つぐみは、水野先輩の言葉を思い出します。

本当に奈緒は何時も元気だなあという言葉を。

そして、つぐみは奈緒に本当に元気で可愛いわ・・と言います。

突然言われた奈緒は驚きます。

水野先輩ってやっぱり見る目があるというこね・・・凄いわぁとブツブツ独り言を言うつぐみです。

奈緒は何の話かな?つぐみちゃん・・・と言いながら、つぐみの次の言葉を待っています。

つぐみは圭司のことは同じクラスになったこともないし、この高校を受験していることも知らかったと言います。

もう、奈緒の方が隣の席なので、知っていること多いのではとつぐみは言います。

そして、告白しないの?と奈緒に尋ねます。

奈緒は顔がだんだん赤くなり、1回失敗したからと言い、前のは勢いだけで告白したかなと照れています。

つぐみはだから失敗したのでは?とはっきり言います。

勢いも大切だよと奈緒がつぐみに言うと、今度は水野先輩と間違わないでねとつぐみに言われてしまいました。

プール掃除

職員室の前を通ると、奈緒は先生に呼び止められます。

プール掃除の業者が来られなくなり困っているので、他の生徒に呼び掛けて、一緒に掃除してくれないかと頼まれます。

奈緒は皆で掃除をするのは、凄く楽しそうと思い、クラスメートに声を掛けます。

でも、急だったためか、部活があるからとか、バイトがあるからとか、お稽古だとかで皆に断られてしまいました。

奈緒はこれは誤算だと思い、仕方なく一人で掃除することになりました。

先生は、他をあたってみるから、掃除をしててと言って行ってしまいました。

奈緒と圭司は友達・・・

奈緒は一人で始めます。

汚れも直ぐに取れるのですっきり気持ちいい・・・これなら一人で大丈夫!と思いながらプールを見渡すと、かなり広いことに気が付きます。

うーん、終わりが見えないかもと軽いめまいが起きます。

その時、何やってんのと圭司が突然現れました。

奈緒がいるのが見えたから来てみたと圭司は言います。

何か悪いことでもしたの?と圭司に言われた奈緒は違うよと言って説明します。

圭司は、どうせ奈緒のことだから、集まらなくても一人でやろうと思ったんだろうと言って、ズボンの裾をあげて、プールまで降りて来ました。

人がいいなあと言って、余っているブラシをとって、俺も一緒にやるよと言ってくれました。

奈緒は、私に人がいいって言うけれど、圭司だって、普通に手伝ってくれるから、おひとよしだよねと言いながら、笑ってありがとうとお礼を言います。

すると、圭司は誰にでもしないけれどねと奈緒を見つめます。

奈緒は赤面しながらも、友達だもんね!と言います。

だけど、圭司は私と友達でない時も、私に優しくしてくれたよねと言いながら、掃除を始めました。

圭司はその言葉を聞いて、友達、やめようかなと。

奈緒は手を止めて、どうして・・・私、何か変な事、言った?と慌てます。

圭司はちらっと奈緒を見て、奈緒の顔に手を近づけながら、泥ついていると、口元近くについている汚れをとってくれました。

赤面している奈緒を見ながら、圭司は俺は、友達にキスなんてしないよと言います。

奈緒は胸の鼓動が聞こえるほど、驚き、ドキドキしてしまいます。

1%の可能性⁉

その時、大声で駆けてくる男子がいました。

圭司の友達でもあり、応援部の仲間のトムでした。

圭司がいることにも驚きながら、先生から聞いたよ・・・俺らに声掛けてよと奈緒に言います。

すると、後から、バイトが休めたという友達やお稽古、明日に変更してもらったという友達、部活抜け出したよという友達が続々プールに駆けつけてくれました。

圭司は奈緒に良かったねと言ってくれました。

皆、遊び半分、仕事半分という気持ちで楽しくプール掃除ができています。

友達かぁ・・・と奈緒は圭司を見ていると、圭司が振り返り、目が合います。

その瞬間、奈緒はドキッとし目をそらしますが、圭司とはよく目が合うことに気が付きます。

それって、圭司も私を見ているっていうこと⁉・・・と思って掃除をしていると、水が奈緒にかかりそうになる瞬間、圭司が庇ってくれました。

庇ってくれた圭司を見ながら、奈緒はドキドキし、圭司の言葉を思い出していました。

月曜日、奈緒に会えるの嬉しいよ・・・俺の彼女になる?・・・奈緒には嫌われたくないから・・・俺は友達にはキスしないよ・・・

奈緒は今、私、すっごく厚かましいこと考えているんですけど・・・とドキドキ感が止まらないまま思っています。

そして、圭司を見ながらまだまだ圭司の言葉を思い返しています。

奈緒、俺のことわからないとか言っていないで、もっと知ってよ・・・俺のこと!

1%の可能性かもしれないけれど・・・

圭司も私のこと好きなの⁉

 

青春ヘビーローテーション最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、青春ヘビーローテーション最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
青春ヘビーローテーション最新話を読む

青春ヘビーローテーション11話 感想

圭司も私のこと好きなのと初めて感じた奈緒ですが・・・

また、自分で告白してしまうのでしょうか?

圭司も奈緒のような鈍感な子には、はっきり言ってあげればいいのにと思うのですが・・・

次回、青春ヘビーローテーション12話が掲載されるSho-Comi17号は8月5日(水)に発売されます。

青春ヘビーローテーション12話ネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国