漫画ネタバレ

シャドーハウス72話ネタバレ!ジョンとケイトが絶体絶命!?

2020年8月6日発売の週刊ヤングジャンプ合併号、36・37号掲載の「シャドーハウス」についてネタバレをまとめました。

シャドーハウス最新話を無料で読む方法は?

シャドーハウス最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、シャドーハウス最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
シャドーハウス最新話を読む

【前回のあらすじ】

ケイトとジョンはマリーローズの放つこびりつきから必死に逃げまどっていました・・・

ジョンはススの出し過ぎで体がうまく動かなくなってしまい、ケイトに肩をかりてなんとか逃げているといった状態に。

その頃、大人の棟ではエドワードひきいる3人がマリーローズが裏切り者に違いないといらだっていました。

彼女を大人の儀式に参加させ、失敗させるような苦しみを味合わせてやる!とエドワードは言い放ちます。

彼らは失敗した大人の儀式の後片付けにきていました。

ススでつくられたマユの中に、苦悶の表情で亡くなった生き人形の姿があります・・・

これこそが、大人の儀式の失敗例でした!

シャドーハウス71話のネタバレはこちら!

シャドーハウス72話やさしさのネタバレ

塀の裏に身を潜めたケイトとジョンはこれからどうするかを話し合っていました。

ススでの攻撃がマリーローズたちにきかない以上、もうケイトとジョンの2人だけで対処するのは難しい状態です。

ひとまずは館にもどろう、とケイトはいいます。

そうすればいざというときは大声をだして助けがよべるからです。

「洗脳のこともあるし、本当はおれたちだけでカタをつけたかったんだがな・・・」

ジョンはそう残念そうにつぶやきながら、フラフラとする体をなんとかふるいたたせました。

と、そんな2人の前に大量のこびりつきがあらわれます!

「今度は数で包囲するつもりだわ!」

慌てた2人はまたこびりつきたちから逃げることとなりました・・・!

走っている最中、ジョンのおなかが盛大に鳴り響きます・・・

「おなかもすいた!くそお!」

そんなジョンにケイトは「スス能力を使うと体力を削られるから・・・」と気遣って声をかけるのでした。

ジョンたちを追い回すマリーローズはにっこりと微笑み、歌うように喋りかけます。

「実に楽しい夜だね」

マリーローズは、2人の考えなどおみとおしでした・・・

ススが使えず、生き人形の戦力も失った彼らが取る行動といえば、館へ助けを求めるという行動以外ありえない・・・

そうかんがえたマリーローズはこびりつきたちに2人を館に近づけないように!と命令します!

逃げるケイトは、自分たちが館から遠ざけられていることに気がつきました!

「だめだわ!全て読まれてる!エミリコとショーンがしんぱいだわ・・・!」

逃げながらそう言ったケイトに、ジョンは「え?あっちは大丈夫だろう?!」と驚いた様子です。

そう、じつはエミリコとショーンにはある作戦がありました。

こびりつきを操れる相手を相対するのだから、生き人形が1番にねらわれるだろうと2人は予想していたのです。

その対策として、コップ一杯の水をあらかじめエミリコとショーンには口に含ませていました。

それだけでなく、ギリギリのところでケイトがエミリコたちの目にススを飛ばし、その瞳が真っ黒になるようにも見せていたのです!

それでも、ケイトは不安そうにつぶやきます。

「これまで全てマリーローズに上を行かれている・・・もし密度の高いこびりつきを放たれていたら・・・」

その頃、エミリコとショーンはホールで苦しみ暴れていました。

「ああ、ああああ!」

2人はまるでスス病になった生き人形のように苦しみの声をあげ、そして両目をおさえています・・・

「目が痛い!!」

2人は大粒の涙をこぼしながら、両目の痛みに苦しんでいました!

「ケイトさまやりすぎです!」

エミリコはそう泣きながら叫ぶと、洗い流さないと・・・!となんとか立ち上がり隠し持ってきていた水瓶を探します。

何度もつまずきながら、なんとか水がめを見つけたエミリコとショーンはやっと目のススを洗い流すことに成功しました!

「目にすすが入るのがこんなに痛いとは・・・!」

おかげで迫真の演技ができた!と上機嫌のエミリコでしたが、ショーンはマリーローズたちの行動力に驚いています。

「まさかあのタイミングでこびりつきがくるとは・・・」

2人はお互いの口の中を確認し、こびりつきが残っていないかを確かめました。

そして、何も残っていないことを確かめた後にショーンは「マリーローズ様はすごい・・・」とつぶやきます。

適量に調整したこびりつきを、しっかりと口の中に送り込む・・・、これはケイトやジョンにはできない繊細な技でした。

それを聞いていたエミリコは、ふっと寂しそうな表情でこういいます。

「マリーローズ様は優しいですね」

その言葉をきき、ショーンははっとしました。

「そうか、小さくても密度の高いこびりつきを放たれていたら・・・」

もしかすると、2人がスス病になったとしても軽度ですむよう調節していたのではないか、そうかんがえた2人は沈黙してしまいます・・・

このまま犯人としてマリーローズたちを捕まえてしまったら、2人を処分することになるのかと尋ねるエミリコにショーンも苦しい表情に・・・

しかし、すぐに思い直したのか「今は自分たちの主人のことだけ考えよう」とエミリコに言いました。

ジョンはケイトと2人きりで張り切りすぎて力を使い果たしているのではないか!?とショーンは心配な様子です。

こんなことならもっと夕食を食べてもらうべきだった!と悔やむショーンでしたが、エミリコはそれなら大丈夫です!と笑いました。

「ケイト様には秘密兵器がありますから!」

その頃、草むらに座り込みかくれていたジョンたちは、ケイトが隠し持っていたパンを見つめています。

「思い出したわ、これがあったこと」

そういってケイトはパンを半分にわると、ジョンに差し出しました。

「まず体力を取り戻さないと・・・一緒に食べましょう」

ジョンは最愛の相手であるケイトから何かをもらえたという事実に感動して、混乱します。

「初めてケイトからもらったプレゼントだ、大切にするよ」

そういうと、パンをポケットにしまおうとして、ケイトにおこられるのでした・・・!

ジョンはガツガツともらったパンを食べると、やる気全開!と力こぶを作って見せます!

「次こそはしとめる!まってろよマリーローズ!」

 

シャドーハウス最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、シャドーハウス最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
シャドーハウス最新話を読む

シャドーハウス72話やさしさの感想

マリーローズはエミリコたちにも慈悲をもって接してくれていたんですね・・・

できれば助けてあげたいですが、そううまくはいかない気がします・・・

次回のシャドーハウス73話は週間ヤングジャンプ38号、8月20日の発売です!

シャドーハウス73話ネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍