漫画ネタバレ

シャングリラ・フロンティア64話ネタバレ!サンラクがリュカオーンの情報を解説!

2021年11月10日発売の週刊少年マガジン50号掲載の「シャングリラ・フロンティア」のネタバレについてまとめました。

シャングリラ・フロンティアの最新刊4巻を無料で読む方法!

シャングリラ・フロンティアの最新刊5巻を無料で読む方法!8月17日発売の「シャングリラ・フロンティア」の最新刊5巻を無料で読む方法をまとめました。 シャングリラ・フロンティアを無料で読む...

シャングリラ・フロンティアを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

シャングリラ・フロンティアを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年マガジンで連載している「シャングリラ・フロンティア」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 シャ...

【前回のあらすじ】

黒狼の団長サイガー100、SF-Zooのアニマリア、ライブラリのキョージュを呼び出したペンシルゴン。

そしてサンラクとカッツォも交えて、4クランの会合がスタートしました。

シャングリラ・フロンティア63話ネタバレはこちら

シャングリラ・フロンティア64話ネタバレ

黒狼の団長サイガー100はサンラクに、ユニークモンスター「夜襲のリュカオーン」の情報を要求し、その対価として「呪い」を解く方法を提供すると告げました。

方法自体は割と知られたものではあるものの、自分たちが協力すれば、一からやるよりも数倍楽に済ませられるというサイガー100。

サンラクは「呪い」に助けられたこともありますが、装備を自由に付けられるのはありがたいと感じました。

黒狼の最終目標は夜襲のリュカオーンの討伐のようですが、今までユニークモンスターとまともに戦えたことがないようです。

リュカオーンと運よく出会えたとしても、情報の一つも手に入らずやられてしまうというサイガー100。

 

するとサンラクは、どこまで話せばいいかと考え始めます。

現在彼が独占しているユニークシナリオEX「致命兎叙事詩」や「ラビッツ」のことは、アニマリアたちもいるこの場では隠したいと感じました。

サンラクはペンシルゴンとカッツォも警戒しており、特にペンシルゴンは情報の一欠片でもこぼせば、警察犬がごとく嗅ぎ付けるだろうと考えます。

そのため、この場で話すのは「ウェザエモン」と「リュカオーン」の情報で、それを隠れ蓑に「ラビッツ」の情報は隠し通してみせると決意しました。

 

そしてサンラクは、恐らくユニークモンスターはただ戦うだけでは倒すことは不可能だと思うと口を開きます。

例えば自分たちが倒したウェザエモンに挑むためには、専用の「ユニークシナリオEX」を受注しなければならなかったというサンラク。

するとペンシルゴンは、ユニークモンスターはEXシナリオの中核を為すと話し始めます。

夜襲のリュカオーンはランダムエンカウント(フィールド移動中の偶発的な遭遇)なので、戦いを挑むことはできてもどこかでシナリオのフラグを立てないと、倒すことができないという仕様は十分にあり得るようです。

サイガー100は、アップデートで追加された新大陸にそのフラグが隠されている可能性はあると言いますが、ペンシルゴンはフラグが高そうなのは、まだ発見すらされてない2体のユニークモンスターの方だと思うと推測しました。

するとキョージュがサイガー100に、新大陸といえばうちの家内は迷惑をかけていないかね?と問いかけます。

その家内というのはマッシプダイナマイトという名前らしく、サイガー100は新大陸に行けるのがよほど楽しみだったようで一番はしゃいでいたと答えます。

そんな彼らのやり取りを見て、どういう関係なんだと疑問を浮かべるサンラク。

するとキョージュは現在確認されている「七つの最強種」の情報について、解説を始めました。

まず「夜襲のリュカオーン」は、ランダムエンカウントの黒い狼で、実はメスとの情報があるようです。

「深淵のクターニッド」は、海に出現するタコの形をしたユニークモンスターですが、実際に姿を見たプレイヤーはおらず、情報は発狂したNPCによるものなのだとか。

「天覇のジークヴルム」はランダムエンカウントの黄金ドラゴンで、リュカオーン同様にランダムエンカウントなので目撃情報は多いものの、上空を飛んでいるので手が出しにくいようです。

エリア「気宇蒼大の天聖地」で戦えるとされており、常に己に挑む英雄を求めているのだとか。

「冥響のオルケストラ」はこの大陸全土を国土とする統一国家「エインヴルス王国」の王城図書館に潜入した情報屋が、ある書物から存在を発見しました。

津波を操り炎をまとい、雷を落とすなどとされていますが、詳細は名前以外不明です。

そしてサンラクたちが倒した「墓守のウェザエモン」の5つの情報もあるようですが、確かな情報となるとネット上のモノと大差ないのが現実だとキョージュは言います。

するとペンシルゴンが、ふふんと笑いながら「世界の真理書~墓守編~」を取り出しました。

中にはウェザエモンの超貴重な情報が盛りだくさんらしく、キョージュは驚きます。

ペンシルゴンは、本来なら絶対に手放したくない超極レアアイテムだけど、この本の貴重性を理解してくれるキョージュになら、その誠意によっては譲ることもできると言います。

するとキョージュは、金ならいくらでも積むと購入を希望しました。

サンラクやカッツォはその様子を冷めた目で見つめながら、真理書なんて二、三度読んだらほとんど価値なんてないのに、限界までぼったくる気だと感じます。

そしてサイガー100に改めて夜襲のリュカオーンの情報を聞かれたサンラクは、リュカオーンについて知っていることを話し始めました。

まず物理攻撃は予備動作が少なく、発生も並のボスよりはるかに速いものの、パリィは可能。

基本的に前足攻撃は斜めで、縦や横振りの3パターン。

ディレイも多用してくるけど、思ったより安地(敵の攻撃が当たらない場所)が多い。

厄介なのは噛みつき攻撃で、破壊属性がついている。

サイガー100はその話を聞きながら、夜襲のリュカオーンを相手に初見の戦闘中にそれだけの情報を分析しきったサンラクに驚き、今後も色々やらかしてくれそうだと感じました。

しかしサンラクにも一つ分からないことがあると言います。

夜襲のリュカオーンとエンカウントした時、サンラクは「レッドキャップの群れ」と戦っていたようです。

その最中、突然の一撃と共に夜襲のリュカオーンが現れたのだとか。

あの時、リュカオーンは背後からではなく、サンラクの正面からレッドキャップ共を薙ぎ払っていました。

不意打ちとはいえ、あれだけの巨体が攻撃してきたのに余波で吹っ飛ばされるまで、近づかれたことにすら気づけなかったのが不思議だというサンラク。

もちろんこのゲームのシステム上、エリアにモンスターが突然湧くことはありません。

つまりリュカオーンの何らかの能力によるものだと、サンラクは考えているようで、もう一度戦えれば何か掴めそうだと言います。

するとサイガー100は、サンラクたちのクラン「旅狼」に黒狼と手を組もうと交渉しようとしますが、アニマリアはその打診を後にしてほしいと要求しました。

そしてアニマリアはサンラクに、ヴォーパルバニーの国「ラビッツ」について何が何でも話してもらうと詰め寄ります。

サンラクはやはり仕掛けてきやがったかと考えながら、動揺するのでした。

シャングリラ・フロンティアの最新刊4巻を無料で読む方法!

シャングリラ・フロンティアの最新刊5巻を無料で読む方法!8月17日発売の「シャングリラ・フロンティア」の最新刊5巻を無料で読む方法をまとめました。 シャングリラ・フロンティアを無料で読む...

シャングリラ・フロンティアを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ

シャングリラ・フロンティアを全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査まとめ週刊少年マガジンで連載している「シャングリラ・フロンティア」を全巻無料で一気読みできるお得な配信サイトの調査をまとめました。 シャ...

シャングリラ・フロンティア64話感想

アニマリアにラビッツのことについて聞かれてしまいましたね。

サンラクはどんな行動をとるのでしょうか?

次回のシャングリラ・フロンティア65話が掲載される週刊少年マガジン51号は11月17日に発売されます。

シャングリラ・フロンティア65話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍