漫画ネタバレ

七つ屋志のぶの宝石匣47話ネタバレ!この街が、わたしたちの居場所

2020年6月25日発売の月刊Kiss8月号掲載の【七つ屋志のぶの宝石匣】についてまとめました。

七つ屋志のぶの宝石匣を無料で読む方法は?

七つ屋志のぶの宝石匣最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、七つ屋志のぶの宝石匣最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
七つ屋志のぶの宝石匣最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

乃和の突然の引退と彼女から距離を置かれた顕定の複雑な心境!

一時期芸能界から乃和が引退するという報道があったとはいえ、本人は芸能界を継続していくことを選びました。

その情報は当然顕定の勤務するデュガリーにも広まっています。

上司は乃和が来季もまたデュガリーのイメージキャラをやってくれるかもと期待しますが顕定は複雑な気分です。

何故なら「友達も今日で終わりにしましょう」というあの一言が脳裏に浮かんでしまうから・・・。

本当は乃和の力になりたい!でも彼女が自分の居場所を誰にも邪魔されずに生きられるならそれでも良いと思っています。

それにしても自分は説得も出来ずに乃和が引退したことは未だに心残りでした。

・・・彼の悩みは尽きません。

七つ屋志のぶの宝石匣1巻ネタバレ!質屋の娘とイケメン宝石外商が織りなす人間ドラマ!Kissで連載中の人気漫画「七つ屋志のぶの宝石匣」の1巻のネタバレです。 七つ屋志のぶの宝石匣を無料で読む方法は? 今ならまんが王国...

デュガリー展の成功で忙しくなる顕定!しかしそれは不幸の連鎖の始まりに過ぎず?

顕定はこの間のデュガリー展の評判が良く店舗も外周も忙しくなってきました。

今日訪問することになっていたのは時田という大層な豪邸に住んでいる女性です。

しかしそこに居たのは講談デパート外商の江口でした。

同業者とまたもダブルブッキングしてしまったことに二人共気まずい様子。

そんな二人を尻目に両者が持参したダイアを並べてみるように言った時田。

今回の商談は見た目や値段を競わせる為に彼女が仕組んだことでした。

「え・・・・・・とあー・・・うちはその・・・」と何故か江口は口ごもります。

その理由は・・・オーダーメイドで作ったリングを別のお客様にキャンセルされたばかりだったから・・・。

一方隣にいた顕定は一言も喋らずただ話を聞いているだけです。

「何か言え!毒舌王子 お前の取り柄は毒舌だろ」とプルプル震えながら心の中で叫ぶ江口。

彼が可哀想に思ったのか顕定はあっさりとこの商談を講談デパートに譲り立ち去りました。

そして次に向かったのは不動産投資会社社長をしている武井の邸宅です。

夫人の横で5ctで800万する指輪を見つめる武井。

因みにこの商談、顕定は武井夫人から「主人が何を言っても逆らわないこと」と注文を付けられていました。

「400万だったらいいぞ!」

ガーーン!!!

嫌な予感は的中しなんと半額もの値切りを迫ってきたのです。

ふと夫人の顔を見ると嫌だとは言わせないという目付きで見てきます。

その場では彼女の勢いに押されてOKを出しましたが流石に800万の指輪を半額には出来ません。

社に戻ると上司の雷が落ち再交渉する流れになりました。

せっかく仕事が順調に進むかと思われましたが2件ともハズレを引いてしまったわけです。

北上家には豊穣の石という家宝があります。

そしてそれを持つ者が北上家の離散に関わっていて、豊穣の石は日本の資産家が持っているらしいのです。

顕定がこの業界に入ったのもその為でその石を必死に探していました。

しかし家宝の石にどんな特徴があるかも分かりません。

白い石なのかそれとも赤い石なのか・・・。

それに追い討ちを掛けるようにこんな案件ばかり続き精神的にもぼろぼろになってきました。

翌日

顕定は後輩の宮地を伴いホテルドバーイに滞在する名古屋の社長夫人栗田秀子の元を訪れます。

大事なお客様の所に行くと言われた宮地は客の引き継ぎかと心踊っていました。

しかし蓋を開けてみれば顕定の客、彼は着いて早々意欲を無くすのでした。

実は今日ここには急遽秀子の主人も名古屋から駆け付けています。

ブランデーにどっぷり浸したバウンドケーキを食べた彼はぐでんぐでんに酔っていました。

これでは宝石を見ることも出来ません。

本日これで3件目のハズレ、顕定の心はもうズタズタです。

「俺もう辞め・・・」

宝石商を辞めたいと思い始めた直後にスマホに入った一件の着信。

それは顕定がよくお世話になっていた八木家でした。

八木家と北上家の関係とは?オレンジサファイアから思い出された家族の絆!

「顕定くん久しぶり よく来てくれたわね」

八木家の敷居を跨いだ途端八木夫妻を始め娘二人も顕定のことを暖かく迎え入れてくれました。

そもそもこの八木家は只の商談相手ではありません。

顕定の母親と八木夫人は同じ大学の友人で北上家とは家族ぐるみの付き合いがあったのです。

彼らはそれはもう親切で両親が行方不明になった後も顕定のことを気にかけてくれました。

「うちの子になってもいいのよ うちの娘と結婚してくれてもいいのよ」などと普通ではあり得ないような歓迎ぶり。

それだけこの家族は顕定を信頼していました。

しかし今日訪れた目的はあくまでも宝石を売る為です。

「舞子さんに似合いそうなリングをいくつか持って参りました」と長女である舞子に話す顕定。

それはこの家を出ることになった娘への両親からのプレゼントです。

しかし既に働き出していて勝手に留学するつもりだった舞子はいらないと言い出します。

両親からしたら土地もマンションも受け取ってくれない娘へのささやかな贈り物だったのですが・・・。

「欲しくはない物をもらっても困る」と自分の意思を貫こうとしました。

親子でバトルを繰り広げるなか顕定は「舞子さんはどちらに入学されるんですか?」と当たり障りのない質問をします。

語学留学ならパリかロンドンあたりですが・・・アルゼンチンにタンゴを習いに行くと舞子は話しました。

大人しい彼女がまさかそんなに激しい躍りを勉強しに行くとは家族には予想外だったようです。

それに南米といえば治安が不安、出来れば日本の教室に通ってほしいのが両親の思い。

それでも舞子はやると決めたらやる女!後には引き下がれません。

しかし姉に比べて次女の真保呂はせっかくお金持ちに生まれたんだから思う存分両親に甘える気満々です!

「土地ちょうだい マンションちょうだい」

庶民にはとても付いていけない会話を聞きながら、顕定の脳裏にはまた昔のことが浮かんでいました。

この家に招かれる度に思うこと・・・それは自分の家族もこんな雰囲気だったということです。

お父さんもお母さんもいつも俺を見て笑ってくれた、その笑顔は自分にもあったはず・・・。

だから舞子にも笑顔になって欲しい!そう思った顕定は自分の選んだ宝石を改めて彼女に紹介しました。

9月生まれの舞子の為に取り出したのはパープル・ピンク・イエローと色とりどりに美しく輝くサファイアです。

なかでも赤ピンク色のパパラチアサファイアは稀少で現在ではほとんど産出されていません。

因みに主な原産国はマダガスカルやスリランカなのだとか。

マダガスカルと聞いて舞子が気になったのはオレンジのサファイアです。

マダガスカルの夕日のように情熱的なオレンジは舞子の心をぐっと惹き付けました。

オレンジはアメリカで人気でパパラチアとも呼ばれることがあると顕定。

そんな彼の話を聞きながら舞子の脳裏に浮かんだのはアメリカの土の色。

そこから思い出されるのはアメリカのパワースポットに指定されているセドナです。

セドナは両親が予約してくれたヨーロッパ旅行をキャンセルしてまで舞子が訪れたかった場所。

だからそんな彼女の気持ちを優先して両親が連れて行ってくれたのです。

「ずっと自分は家族に大切にされてきたんだ・・・」

そう思うとなんだかこの宝石が欲しいと感じるようになりました。

自分が失ってしまったものをこの家族にはずっと大事にしてほしい、それが顕定のささやかな願いです。

束の間の幸せを満喫する顕定!しかし豊穣の石を巡る陰謀は既に動き出していた?

八木家で心暖まる一時を過ごし会社への帰路を急いでいると一件の着信がありました。

「800万のダイアを半額にしろ」と言った不動産投資会社社長夫人です。

「あの人が珍しく自らプレゼントしてくれるって言うから主人のカオを立てたかったの」と語る夫人。

あの場では半額の話に反対しなかったが、目的は達成したので残りの半額分も払うと聞いた顕定はほっとしました。

心穏やかになってきた顕定は志のぶの家を訪れ珍しく手料理を振る舞っていました。

牡蠣鍋や南蛮漬け・・・これは全ておばあちゃんが作ってくれた懐かしの味です。

たまにはこの家で過ごすのもいい、まだ宝石商を続けていたいと顕定は思いました。

しかし何故か志のぶは自分が心の中で言った言葉に返事をしたのです。

「どこから聞いた?ゾっとさせんな?」と驚きながらも突っ込みを入れる顕定。

一方顕定が長年追い求めた北上家の家宝は三浦銀一という人物が持っていました。

「本当はそもそもうちのモノだ。僕は取り戻しただけなんだよ」と話す銀一の視線の先には息子の菖蒲がいます。

いずれこの豊穣の石は彼に引き継がれると銀一は言いました。

しかし菖蒲本人は元々その石は自分のものにするつもりだったと内心思っています。

ところで菖蒲の隣にいる謎の女は彼が西と合流することに気付いていました。

どこまで知っているのか・・・この女は只者ではありません。

 

七つ屋志のぶの宝石匣最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、七つ屋志のぶの宝石匣最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

今すぐU-NEXTに登録して
七つ屋志のぶの宝石匣最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

有料の最新巻を完全無料で読む意外な方法は?

もうU-NEXTにはお試し登録してしまった・・・そんなあなたに朗報です! 意外と知られていない次のサービスで大量ポイントを完全無料でゲットできます!
クランクインコミック 初回無料登録で3000円分のポイント付与
comic.jp 30日間お試し無料登録で1350円分のポイント付与
ひかりTVブック 990円コース(初月無料)登録で1170円分のポイント付与
クラインクインコミックのメリットからデメリットまで詳しいサービス紹介はこちら comic.jpのメリットからデメリットまで詳しいサービス紹介はこちら まだ試してないのは絶対に損です! 完全無料でお試しできますので読みたい漫画を無料で読みましょう!

七つ屋志のぶの宝石匣 【47話】この街が、わたしたちの居場所の感想

イケメンやり手宝石商の顕定でも上手くいかない時はあるようですね。

次々とハズレの商談を掴んでしまったのは可哀想だと感じました。

それにしても3件ともいささか難ありなお客様でしたが、4件目の八木家はとても暖かな家族です。

主人公のことをあれだけ歓迎してくれるところが好感が持てます。

両親に何でも関与されるのは嫌だと言ってた娘さんも最後は仲直りしていました。

仕事が不調で冷えきっていた顕定の心も暖まり良かったです。

しかし豊穣の石を巡る陰謀は加速していきます。

顕定には是非それに打ち勝ってもらいたいと思います。

次回の七つ屋志のぶの宝石匣 【48話】が掲載される月刊kiss9月号は7月22日に発売されます。

七つ屋志のぶの宝石匣48話のネタバレはこちら

七つ屋志のぶの宝石匣1巻ネタバレ!質屋の娘とイケメン宝石外商が織りなす人間ドラマ!Kissで連載中の人気漫画「七つ屋志のぶの宝石匣」の1巻のネタバレです。 七つ屋志のぶの宝石匣を無料で読む方法は? 今ならまんが王国...
漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍