漫画ネタバレ

炎炎ノ消防隊226話ネタバレ!祖父の死の理由が明らかに!

2020年7月8日発売の週刊少年マガジン32号掲載の「炎炎ノ消防隊」についてネタバレをまとめました。

炎炎ノ消防隊最新話を無料で読む方法は?

炎炎ノ消防隊最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、炎炎ノ消防隊最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
炎炎ノ消防隊最新話を読む

【前回のあらすじ】

親のいない紅丸をひきとり、自分の後継者としようとしていた火鉢・・・

まだ子供だったころの紅丸は、火鉢の伝えたい”日輪”を継承するということが理解できません。

紅丸を心配するコンロをよそに、火鉢は彼なりのやり方で紅丸に引導を渡そうとしていました。

炎炎ノ消防隊226話のネタバレはこちら!

炎炎ノ消防隊226話背負った末にのネタバレ

「浅草の火消しは大馬鹿野郎しか務まらない?」

コンロは火鉢の言葉が理解できず、いわれたことばをそのままくりかえします。

そのことばに、火鉢はそうだ、といいました。

聖陽教(せいようきょう)の消防官と浅草の火消しは違うと火鉢はいいます。

消防官は太陽神の加護のもと焔ビト(ほむらびと)の命を奪うため、責任は神にあるといえる・・・

しかし、浅草の火消しは神のために焔ビト(ほむらびと)をころしているわけではありません。

「俺たち火消しは自分の手で命を奪う、奪った生を、死を背負っていくんだ」

そう言った火鉢は、タバコの煙を吐いて苦しそうにつぶやきます。

「そんなの大馬鹿野郎にしかできないだろう」

コンロは、火鉢の言葉をじっときいていましたが、何かがわかったのか火鉢をじっと見つめました。

それにたいして、火鉢もコンロにその通りだ、というように言葉を続けます。

「あいつなりにわかってんのさ、その覚悟を背負ってく重みを」

人の命を奪うという責任の重さをわかっている紅丸は、そのせいで跡取りになりたくないとうだうだ答えを探しているのだ、そう火鉢は言っていました。

コンロは火鉢を見つめます。

「だから、紅は”日輪”が打てねぇ」

コンロの言葉をきいた火鉢は遠くを見つめ、跡継ぎのいない自分には紅丸しかいないといいました。

親のいない野良犬のような紅丸に、跡継ぎを押し付けてやるというのです。

「コンロのいう通り、紅丸を化け物にするわけにァいかねぇな」

そう言った火鉢に、コンロは紅丸について話しはじめました。

「紅は自分のことを本当の大馬鹿野郎だと思ってますぜ」

その言葉をきいた火鉢は、そう思っても自分でそのことに気がつくしかないから、大馬鹿野郎だと思いたいなら思わせておくしかない、といいます。

そして、この話は絶対に紅丸にいうんじゃねぇぞ、といいました。

「”日輪”をうてたあかつきには俺が言ってやる」

火鉢の言葉に、コンロは安心したのか笑顔でうなずくのでした・・・

それからしばらく後、浅草の町にまた火事をしらせる鐘が鳴り響きます。

「火事だ!焔ビト(ほむらびと)だ!」

火事の現場には、焔ビト(ほむらびと)となった女性が立ち尽くしていました・・・

現場へとやってきた火鉢と火消したち・・・

火鉢は焔ビト(ほむらびと)を殺そうと一歩前に出ましたが、そんな火鉢の前に立ちはだかる子供がいます。

「だめだ!まってくれ!母ちゃんはなんもわるいことしてねぇ!殺さないでくれ!」

そう頼む子供に、火鉢はすまねえな、とつぶやきます。

子供は絶望に顔を歪めながら、それでも火鉢に叫びました!

「頼むよ!母ちゃんは女手一つで俺を育ててくれたんだ!俺もやっと親孝行できるようになった!許してやってくれ!」

そうすがりつく子供を、火鉢は自分からひきはがします。

もう一度火鉢を止めようとした子供でしたが、彼を後ろから紅丸がはがいじめにしました・・・

「放せ!紅丸!お前ならわかるだろ!?お前みたいな野良犬にするつもりか!?」

そう叫ぶ子供に、紅丸は顔を歪めながらしょうがねえんだ、といいきかせます・・・

火鉢は、ためらいなく焔ビト(ほむらびと)となった女性のもとへとむかうと、その命を奪いました・・・

目の前で母親を殺されてしまった少年は、火鉢の背中を睨みつけ涙しています・・・

火消しの後、屋敷へと戻った火鉢は紅丸にいいました。

「9568人だ」

その数は、浅草の火消しが殺してきた焔ビト(ほむらびと)の数です。

「そして今日は、9569人目を殺したわけだ」

そう話す火鉢の背中を、紅丸はじっとみつめていました。

火鉢はふりかえらず、そのまま紅丸に話し続けます。

「俺は278人の命を奪った責任を背負いこれからも殺し続けていく」

浅草は俺の町だからこそ、守るためにしなきゃならない、そう火鉢は語ります。

「だが、いつまでも続くわけじゃねぇ、紅丸、いつまで逃げてんだ!覚悟を決めろ!」

人の死を背負っていく覚悟を決めなければ浅草の火消にはなれない、そう火鉢はいいました。

「出てけ紅丸、日輪を背負う覚悟ができるまで帰ってくんじゃねえ」

そういわれた紅丸は、文句を言わず屋敷を後にします。

浅草の町を見ながら、紅丸は考えました。

「死を背負っていく・・・」

浅草に神はいません。

だからこそ、人を殺した責任は自分で負うしかないのです。

日輪を背負うなんてだいそれた行いは、まるで神さまの真似のようで、1人の男がやるにはあまりにも大きすぎることのように思えました。

それでも、紅丸は日輪の型を構えます・・・

紅丸は、年をとり老いはじめている火鉢の姿を思い浮かべていました。

「奪った命の悲しみも怒りも恨みも、おいぼれジジイに担がせるには重すぎる荷物だ」

そう決意した紅丸は、浅草の町を睨みつけるようにしながら、空に向かって”日輪”をきめてみせます。

それを離れたところから見ていた火鉢は、ようやく覚悟がきまったようだな、とつぶやきました。

「俺としたことが語りすぎちまったか、大馬鹿野郎が」

そう言った火鉢のもとに、1人の少年がかけてきます・・・

彼は、この前の焔ビト(ほむらびと)の息子でした・・・

火鉢の背中には、少年がつきさした刃物がふかぶかと突き刺さっています・・・!

 

炎炎ノ消防隊最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、炎炎ノ消防隊最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
炎炎ノ消防隊最新話を読む

炎炎ノ消防隊226話背負った末にの感想

火鉢は紅丸のことを、本当に大切に思っていたんですね・・・

でも、言いたいこということができず、こんな形で死んでしまうことになったのであれば、それは心残りだったことでしょう・・・

次回の炎炎ノ消防隊227話が掲載される週間少年マガジン33号は7月15日の発売です!

炎炎ノ消防隊227話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍