漫画ネタバレ

炎炎ノ消防隊227話ネタバレ!紅丸の心残りとは?

2020年7月15日発売の週刊少年マガジン33号掲載の「炎炎ノ消防隊」についてネタバレをまとめました。

炎炎ノ消防隊最新話を無料で読む方法は?

炎炎ノ消防隊最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、炎炎ノ消防隊最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
炎炎ノ消防隊最新話を読む

【前回のあらすじ】

火鉢は浅草の火消しは信仰という言い訳が使えないとコンロに語りました。

そのせいで、焔ビト(ほむらびと)を殺せば、それだけの死を背負わなければならないというのです。

その覚悟は大馬鹿野郎にしかできない、と語る火鉢。

そんな火鉢の心を理解した紅丸は、ついに日輪を完成させたのでした。

遠く空にかかった日輪を見た火鉢は笑顔となりましたが、その背後から迫ってきたのは焔ビト(ほむらびと)となった母親を殺された少年です!

火鉢は背中を少年に刺されてしまったのです!

炎炎ノ消防隊227話心残りのネタバレ

少年に何度も体を刺された火鉢は、抵抗もせずその攻撃をうけいれていました・・・

涙を流す少年に、火鉢は文句も言わずにむきあいます。

「おれは悪くない!あんたと同じことをしただけだ!」

そう叫ぶ少年に、火鉢はそうだな、とつぶやきました。

なんでおれの母親を殺したんだ!そう叫ぶ少年に、火鉢は正直に気持ちを伝えます。

「おれにもわからねぇ、だから浅草の火消しの頭ってのはまともじゃいけねぇ」

浅草の火消しの頭になるなら、天下御免の大馬鹿野郎じゃなきゃ務まらない、そう言い残し、火鉢は亡くなりました・・・

その後、少年の犯行はすぐにばれ、火鉢の死は火消し中に知れ渡ります。

紅丸は、いつも通りの無表情で火消し棒をかついでやってきました。

「手向けだ・・・みんなで全力で送ってやろうぜ」

そういうと、紅丸は思い切り浅草の町めがけて火球を投げつけます!

火球の当たった屋敷は壊れますが、火消しの者たちは泣きながらも両腕を天につきあげ、紅丸についていく!と叫ぶのでした。

あまりにもめちゃくちゃな紅丸の火消しを目の当たりにしたコンロでしたが、ベニ流の手向けってやつか、と納得します。

めちゃくちゃな火消しのやり方だというのに、彼のやり方に火消したちはついていっています。

こんなことができるのは次の頭となる若しかいない、その言葉をきいたコンロはそうだ、とうなずきました。

そこまでできたのに、なぜ大隊長になるのを尻込みしてるんだ・・・という問いに、コンロは答えます。

「紅はまだ先代に認められてねぇと思ってんだ」

そういったコンロの先には、頼りなく小さな紅丸の背中がありました。

「だから、俺たちで若をかついでやんだよ!」

そう叫んだコンロは背後の若い衆たちにもっと声出せ!と指示を出しました!

あれからもう何年もたちました・・・

コンロは遥か上空を見上げています。

浅草の空のうえには、焔ビト(ほむらびと)となってしまった火鉢と、浅草を守るべく立ちはだかる紅丸の姿がありました。

コンロは、あの日から浅草を火消しとして守ってきた紅丸に、見せてやれ・・・!と願います。

「あとは真の日輪を背負うだけだぜ、紅丸・・・」

コンロの心の声は、火鉢の背後にそびえる真の日輪を見ながらも紅丸に発せられていました。

悲しげに火鉢を見つめる紅丸に、火鉢は容赦無く蹴りをあびせます!

「俺の最期をいつまでひきずってんだ!」

その言葉に紅丸も「簡単に死にやがって!」と言い返し次々に技をくりだしていきました!

「火月!」「曙!」

紅丸の技に火鉢も完璧な動作で対応していきます。

その動きは生前よりもはるかによく、思わず紅丸は「死んじまった時より強くなってるじゃねえか!」というのでした。

それに対し、火鉢は口ばかり立派になりやがって!と返します。

その戦いを見守っていたコンロたちは、浅草の海に変化が起きていることに気がつきました。

コンロたちと共に戦いをみまもっていた火華は「アドラが近くなっている!」と驚きます。

紅丸と火鉢の強い炎で、海のイメージがアドラのものに近くなっていっていたようでした・・・!

コンロは「先代も・・・」と違和感を口にします。

生前の先代の力程度では、今の紅丸と渡り合えるほどの力量はありませんでした。

ところが焔ビト(ほむらびと)の火鉢は、いとも簡単に紅丸をおさえこんでいるのです。

「浅草の連中、俺たちがもつ先代像・・・」

火消しの者たちや、浅草の民たちに恐れられ尊敬されていた火鉢は、焔ビト(ほむらびと)となった時そのイメージの力を集めていたのかもしれません。

コンロはふと、ちょうどいい機会だと思います。

「若!やり残したことがあんだろ!わざわざ現世まで戻ってきたんだよな先代!」

コンロは紅丸にはっぱをかけ、そして火鉢にも語りかけました。

紅丸はその言葉をきくとニヤリと笑い、みせてぇもんがあるんだ、と火鉢に語りました・・・!

 

炎炎ノ消防隊最新話を無料で読む方法は?

炎炎ノ消防隊最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、炎炎ノ消防隊最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
炎炎ノ消防隊最新話を読む

炎炎ノ消防隊227話心残りの感想

紅丸!ついに日輪を火鉢に見せるときがきたんですね!

けれど、大きな技をうつことでさらにアドラの影響を受けてしまいそうな気もするのですが・・・

次回の炎炎ノ消防隊228話が掲載される週間少年マガジン34号は7月22日の発売です!

炎炎ノ消防隊228話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍