漫画ネタバレ

進撃の巨人132話ネタバレ!ハンジとの壮絶な別れ・・・

2020年9月9日発売の別冊少年マガジン10月号掲載の「進撃の巨人」についてネタバレをまとめました。

進撃の巨人は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://honya-go.com/singeki-free/

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\全巻無料でお試し読みはこちら/
今なら600円分無料ポイントGET!

U-NEXTで無料で漫画を読む

進撃の巨人最新話を無料で読む方法は?

今進撃の巨人最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、進撃の巨人最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
進撃の巨人最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

過去を振り返りながら、どうしても復讐の連鎖が止められないまま、エレンは地鳴らしを進めていきます。

一方アルミンはその胸のうちをアニに語りました。

進撃の巨人131話のネタバレはこちら!

進撃の巨人132話のネタバレ

「静かですね・・・では頼みます、アズマビトの皆さん」

ハンジは残っていたアズマビト達に飛行艇の整備を依頼していました。

なんとしても進撃の巨人となったエレンをとめるために、そして地鳴らしから人々を守るために、飛行艇が必要だったからです。

船を停泊させると、アルミン達やアズマビトたちは一丸となって飛行艇の整備に取り組みました。

そんな中、ピークはガビたちに現実を教えています。

「もう地鳴らしはマーレ大陸の大半を飲み込んでいる・・・」

「これからどうしたら!?オレ達だけで!?」

絶望する相手にピークは何も言えず、頭を抱えただすまない、とつぶやきました・・・

その頃、アニは整備が進んでいく飛行艇を眺めながら港に座り込んでいます。

そんなアニにミカサは立体機動装置を手渡し、練習するように言いました。

「まだ新型になれてないでしょ?今できることをやるべき」

そういいながらテキパキと動こうとするミカサに、アニはなんとも言えない表情を浮かべました。

「私は降りる、悪いけど人類を救うとか、よくわからないから」

彼女達マーレのエルディア人は、ずっと人類から迫害を受けてきていました。

今地鳴らしが止まってしまうと、その人類からマーレのエルディア人を守ってくれる存在がいなくなってしまう・・・

故郷を救いたいという願いはわかるし、手助けできなくて申し訳ないけど・・・アニはそういいました。

「私はもう戦えない、最期の時間くらい穏やかでいたい」

そういいながら、アルミンをじっと見つめるアニをみて、ミカサは驚いたような表情に!

「い、いつのまに?・・・でも、アルミンは飛行艇にのりエレンを止めに向かう」

ミカサの言葉をきいたアニの表情には絶望と諦めしか残っていませんでした。

それでもアニはわかってる、とうめきます。

その頃アルミンは、船内で起き上がり尋問をしなければというリヴァイを必死で止めていました。

リヴァイはきずだらけで、からだのあちこちから出血もしています。

それでも彼はエレンの行き先をはかせるため、怪我を押して捕虜のいる船室へと向かいました。

そこにいたイェレナは、すぐに行き先を思しき場所を教えてくれます。

その場所は”スラトア要塞”でした・・・!

エレンは始祖の巨人を攻撃できる可能性を潰すため、次に向かうのはその場所だろうとイェレナは語ったのです。

「皆さんに頼みがあります・・・」

イェレナは、突然そう語り出しました。

「ジークは敗れた・・・でも正しかった」

2000年という長きにわたり争われてきたエルディア人問題の解決策は、結局安楽死計画しかありえない・・・

ここまでの惨状をみればもうそうだとわかるだろう!とイェレナは強く主張しました。

それを聞いていたハンジは、一瞬呆れた表情になりますが、同意の言葉を口にします。

「認めるよ、エレンに解決策も、未来も定時できなかった自分の無力さを」

こうして一行の目的地はスラトア要塞にきまり、夜明けには飛行艇の準備はできあがります。

いよいよ離陸という時に、突如飛行艇にむかって銃撃が放たれました!

あわててその相手を取り押さえ殺してみると、その相手はフロックだったのです・・・

彼は島の希望である悪魔に行かないでほしいと懇願するため、ここまできていたのでした・・・

フロックの攻撃により飛行艇は重大なダメージを負い、修理には一時間はかかると言われてしまいます。

焦る一行でしたが、追い討ちをかけるように地鳴らしがもうすぐそこまで迫ってきていました・・・!

それをみたアルミンは、とっさに自分が巨人化して止めるしか・・・といいますが、ハンジがすぐさまそれを否定します。

同じくライナーも自分が巨人化して、と提案しますがハンジはそれも否定しました。

「みんなをここまで導いてきたのは私だ、ケジメをつけるよ」

ハンジはそういうと、アルミンにむかっていいます。

「アルミン・アルレルト、君を調査兵団団長に任命する」

調査兵団の団長に求められる資質・・・それは理解することを諦めないという姿勢を貫くことだとハンジは語りました。

そして、彼女はみんなに背を向けると地鳴らしにむかって歩き出したのです!

リヴァイに呼び止められたハンジは、彼と軽口を叩き合うとすぐさま立体機動装置を動かし巨人に立ち向かいます!

絶望的な状況にあっても、ハンジは迫り来る巨人たちをみて青ざめながらも笑いました。

「ああ、巨人って素晴らしいな・・・」

そういいながら、ハンジは巨人のうなじを切り裂き次々殺していきます。

巨人の熱で体を燃やされながら、ハンジは最後まで飛び立つ飛行艇を気にし続けていました。

「いそげええ!!」

飛行艇の修理はおわり、燃料も詰め込まれ、地上にハンジを残したまま調査兵団は大空へと飛び立ちます!

「ハンジさん!!」

何千何万という巨人に立ち向かい続けるハンジに声をかけるアルミンたち・・・

ハンジが再び意識を取り戻した時、彼女は巨大な足跡の上に横たわっていました。

「飛行艇は!?」

そういって飛び起きたハンジに、エルヴィンが笑顔で声をかけてきます。

「飛び立ったよ、ハンジ、オマエは役目を果たした」

大空を飛んでいく飛行艇を眺めながら、ハンジは今まで死んでいった仲間達を見つめ、そして笑いました。

「まったく、団長なんかに指名されたせいで大変だったよ!エレンのばかがさあ!」

進撃の巨人は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://honya-go.com/singeki-free/

今進撃の巨人最新話を無料で読むならU-NEXTがオススメです!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、進撃の巨人最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
進撃の巨人最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...
ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

進撃の巨人132話自由の翼の感想

フロック!こんな時にこんな事をするためについてきたとは・・・!

ハンジという犠牲をはらって進む旅・・・せめてこの旅が意味あるものとなることを願うばかりです。

次回の進撃の巨人133話が掲載される別冊マガジン11月号の発売日は10月9日です!

進撃の巨人133話のネタバレはこちら!

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍