漫画ネタバレ

進撃の巨人138話ネタバレ!惨劇!ジャンやコニーが巨人に・・・

2020年3月9日発売の別冊少年マガジン4月号掲載の「進撃の巨人」についてネタバレをまとめました。

進撃の巨人の漫画が無料で読めてしまう方法!

進撃の巨人 無料 読む 方法
進撃の巨人の最終刊34巻が無料で読める方法!【完結】別冊少年マガジンで連載していた「進撃の巨人」を無料で読む方法をまとめました。 期間限定!今ならひかりTVブックで「進撃の巨人」を全巻半...

【前回のあらすじ】

ジークの協力で脱出に成功したアルミン・・・!そしてジークは死ぬために身体を無防備につきだし、リヴァイによって断首されます。

エレンの首を無事におとすことは成功し、地ならしは止まったかのように見えましたが・・・

進撃の巨人137話のネタバレはこちら!

進撃の巨人【最終回結末】予想考察!ループ説最有力!?諫山先生は絶望を届けたい!?

進撃の巨人【最終回結末】予想考察!ループ説最有力!?諫山先生は絶望を届けたい!?もうすぐ最終回が迫る進撃の巨人! 別冊マガジン5月号、4月9日に掲載される最終回ですが、今回はこちらの進撃の巨人がどう終わるのかを...

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\月額ポイント全額返還あり/
半額クーポンもらえる

コミックシーモアで漫画を読む

進撃の巨人138話長い夢のネタバレ

すさまじい衝撃波のあと、土煙の向こうには潰された進撃の巨人の姿がありました!

要塞のすぐそばに避難してきたリヴァイたちは、遠くからその光景を眺めこれからどうなるか、アルミンたちは無事かを確かめようとしますが・・・

「うっ!」

その時ミカサを激しい頭痛がおそいます!

「ミカサ、お前がずっと嫌いだった」

そう冷たく言い放ったエレンの言葉がミカサの頭をまわり、そしてミカサはあれがエレンとの最期の会話だなんて・・・!と涙をこぼしました・・・

よりいっそう激しくなる頭痛に頭を押さえるミカサでしたが、その背後に要塞の周辺にいた人々が集まってきています。

それはピークの両親たちで、彼女たちはようやく会えないと思っていた家族と再会することができたのです・・・!

喜び泣きながら抱きつく彼らを見て、ジャンたちは地ならしを止めたのは間違いじゃなかったなとつぶやきました。

そんな中、アニは自分の父親が要塞の中にいるときき、慌てて要塞へと駆けていきます。

土煙が少しおさまったころ、クレーターのようになった場所からアルミンが巨人の姿のママ這い上がろうとしていました。

そのすぐ側には何本もの矢が突き刺さったライナーの姿があります。

「無事だ!」

ホッと一息つくまもなく、ジャンたちはライナーたちのすぐそばに光るムカデのような謎の生き物がいることに気が付きました・・・

アルミンもライナーもそれに対処しようとゆっくりと近づいたのですが・・・

すぐ真後ろで、爆発がおこり・・・そして・・・

「まあ、やはりな、お前があれで死ぬとは思ってねえからよ、エレン・・・」

そこには、進撃の巨人・・・エレンの姿があったのです・・・

「光るやつとエレンを接触させないで!また地ならしが始まるかも!」

結局エレンを殺さなければこの戦いは終わらない、リヴァイの言葉にミカサは頭をおさえながら冷や汗を流しました・・・

ピークたちは再び戦いに戻ろうと家族にわかれをつげます・・・

その瞬間、光るムカデのような生命体からガスのような物が放出されました。

・・・その頃、アニが向かった先には衝突しようとしていた要塞の兵たちとエルディア人たちは手を取り合い、戦いを収束させていたのです!

撃ち合いをしかけていた彼らでしたが、アニの父親の説得と要塞をとりしきるトップの男性の強い戦を終わらせるという思いのお陰で、戦いは免れたのでした!

ちょうどそこにアニがやってきます!

「父さん・・・」

「アニ・・・?」

ようやく再会できた2人でしたが、その場所にはあの光るムカデから出された煙が押し寄せてきます・・・

・・・一方、ジャンたちは煙を吸わないようにしながらも逃れるすべはなく咳き込みながら様子をうかがっていました。

「あの光るやつから出てる煙だ・・・」

「巨人が死んだ匂いじゃねぇ」

口々に何が起こったのかとつぶやく中、コニーが目を見開き、こういったのです・・・

「ラガコ村と同じやり方なんじゃ・・・」

ラガコ村・・・それはコニーの生まれ故郷であり、住人たちが強制的に巨人化させられていた悲しみの場所でもありました・・・

つまり、この煙を吸ってしまったエルディア人は、無垢の巨人になってしまうということです・・・

その事実に気がついたリヴァイたちは、その事実の残酷さと非情さ、そしてこれから自分たちに起こることに絶句します。

「ミカサ、ピーク、ファルコに乗れ」

すぐにそう指示したのはリヴァイでした。

アッカーマンと巨人の力を持つものであれば無垢の巨人にはなることはない・・・

今はその戦力のあるものだけで逃げ延びるしかない、リヴァイはそういい、これから無垢の巨人となる家族や仲間たちを捨てていこうと提案したのです。

泣き叫ぶピークを無理矢理にファルコの背にのせ、リヴァイとミカサは空へとファルコとともに逃げていきました。

あとには煙に包まれるジャンやコニー、そして彼らの家族だけが残されています・・・

「これが俺達の最期かよ・・・」

そうつぶやくコニーの背をジャンがそっと叩きます。

「後のことは仲間に託す、それが調査兵団の最期ってやつだ」

最期を悟り、飛んでいくファルコを見上げるジャンとコニー・・・

・・・その頃、アニは煙に包まれながら父親と再会を果たしていましたが、その瞬間、彼女の父親は無垢の巨人とかし要塞をつきやぶってあるきだしてしまいます。

要塞から大量にわきだした無垢の巨人たちは、ライナーやアルミンに襲いかかりエレンと光るムカデが合流できるように協力をはじめました・・・

ライナーはムカデを必死でとめ、アルミンはエレンと対峙し殴り合いのケンカをはじめます!

そんな状態をファルコの上で眺めるミカサは、激しい頭痛に意識を失いそして・・・

気がつくと、森の奥にある山小屋にエレンと二人きりでくらしていたのです。

「ミカサ、起きろよ、風邪ひくぞ」

エレンと静かなこの場所で、2人きりで暮らす・・・

それはミカサの思い描いた、最善の夢とも言える光景でした。

なぜだかあふれる涙をぬぐったあと、ミカサは「私ここにいていいのかな?」とつぶやきます。

エレンはミカサに今更もどることはできないといいました。

「俺にはヒストリアを地獄に落として永遠の殺し合いをすることも、島の外の人を虐殺することもできなかった」

だからこの場所であと4年の余生を一緒に過ごしたい・・・そういったエレンをみて、ミカサはエレンにそっと身を寄せました。

「俺が死んだらこのマフラーは捨ててくれ」

そうエレンに懇願されたミカサでしたが・・・

彼女はようやく幻想の世界、精神の世界から抜け出し、エレンによって頭蓋骨を叩き割られていたアルミンをみすえます。

そして、腹に大切に隠し持っていたマフラーを引き出すと、ギュッときつく首にまきました!

「エレンは口の中にいる、私がやる、みんな協力して」

ようやく復活したミカサの言葉にリヴァイはうなずき、そしてミカサはリヴァイの最期の一撃により吹き飛ばしてもらい、エレンの口の中へと入りました!

進撃の巨人の口の中には、長い背骨のような骨につながれたエレンの頭部があります。

その首を切り落としたミカサ・・・

彼女はエレンの頭部を大切にかかげもつと、そっと口づけをしたのでした・・・

進撃の巨人は全巻無料で読める?最短最速安全に読む方法のまとめ

https://honya-go.com/singeki-free/

進撃の巨人138話長い夢の感想

こんなむごい・・・ひどい別れがあるなんて・・・ジャンやコニー・・・そして家族たちが無垢の巨人になってしまいました・・・

エレンの首を落としたミカサですが、背後にはほほ笑みを浮かべる始祖ユミルの姿が・・・

次回の進撃の巨人139話が掲載される別冊マガジン5月号の発売日は4月9日です!

進撃の巨人139話のネタバレはこちら!

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍