漫画ネタバレ

白金あずさは頭を打ってギャルになる1話ネタバレ!本当の姿は…?

めちゃコミックで配信中の「白金あずさは頭を打ってギャルになる」1話のネタバレです。

白金あずさは頭を打ってギャルになる1話ネタバレ

帰宅途中、誤ってぶつかって来たギャルがサーセン、と謝罪すると、青年はいえ、とだけ返します。

けれど彼の見た目はギャルが思わずごめんなさいと言い直してしまう程、がっしりとした体と目つきの悪さ。

怯えて去って行くギャルに、すみませんと言うべきだったか…?と悩む堅物高校生・龍之介。

彼は何を考えているかわからないギャルが苦手で、一生関わらない人種と考えていました。

けれどそんな龍之介にも、ギャルとは無縁の清楚で可愛い彼女・白金あずさが居ます。

一部始終を見て、また怖がられちゃったね、本当はすっごく優しい人なのに、表情のせいかな?と笑うあずさ。

そんなあずさが龍之介は可愛くて仕方がありません。

始まりは一年前の事、龍之介くん、ひと目惚れなの…付き合ってください!とあずさの告白から始まった二人。

文武両道、眉目秀麗、学園のアイドルだったあずさは何故か龍之介に一目ぼれ。

そこから二人の交際は今日まで、仲睦まじく続いています。

ああいう時はお茶目にウインクしてみたら?片目だけつぶるの!やってみて、と言うあずさ。

あずさに言われるがまま、龍之介は慣れないウインクに挑みますが、どうしても両目を閉じてしまいます。

ふふ、私が片目押さえてあげる、と龍之介のまぶたにそっと触れるあずさ。

龍之介は突然のあずさの行動に照れて、大慌てでちょっと待って、と手を伸ばします。

けれど偶然にもその手があずさの胸に触れてしまい、ぽよっとした感触が龍之介の指先に伝わります。

鼻血を出しながら、何故か見ない様に目まで閉じてちっ、違うわざとじゃ…とあずさから身を引く龍之介。

慌てすぎて道の段差にひっかかり、こけそうになった龍之介にあずさが手を伸ばします。

危ない!龍之介く…と言う声の後、大きく響く鈍い衝突音。

あれから三日が過ぎ、あずさが学校に来ない事を龍之介は心配しています。

何故ならあずさは龍之介を助けようと、頭を打って入院、何度か家に行ったけれど会えず仕舞いだったのです。

無事かどうか、心配で仕方がない龍之介。

そこに、クラスメイト達のえ!?あずさ!?という驚きの声が入ってきます。

はっとして龍之介がその先を見ると、短いスカートにグレージュのベースカラーにピンクメッシュの派手髪。

シャツの胸元は大きく開けた、どう見てもギャル…という出で立ちの女子が、おはよ、と言っています。

まさかのギャル姿に驚く龍之介、あずさはおはおは、まじおひさぁ、と周囲に挨拶する言動までギャルそのもの。

クラスメイトに、頭打ったって本当?と聞かれ、そーなのガンっていっちゃってぇ、と答えるあずさ。

てか何?急にイメチェン!?と驚くクラスメイトになんか~こっちのがあずさって感じするしぃ、と返します。

頭打ったせいであずさが変になった!と教室中大騒ぎ、その様子を龍之介も信じられないという表情で遠巻きに見ています。

龍之介君ギャル苦手じゃない?と言うクラスメイトの問いに、りゅーのすけ?…誰それ?と言うあずさ。

龍之介はその言葉に、とても大きなショックを受けてしまいます。

あずさは龍之介の事だけを忘れ、親や学校、他のクラスメイトの事もしっかりと覚えています。

なぜ俺だけ…?そしてなぜギャル!?と、突然の出来事に龍之介の頭の中は大混乱です。

短いスカート、変な言葉遣い、爪にも何か塗って、化粧もして、あとなんかすげーいい匂…じゃなくて!

思わず沸いてしまった煩悩を払いながら、俺は…いつも真面目で清楚なあずさが好きだ、と考える龍之介。

悶々と悩み、トイレに籠っていると龍之介!いつまでウンコしてんだ!次席替えだぞ!とクラスメイトが扉を叩きます。

ガチャッと扉を開け、同級生を見下ろすように出てくる龍之介にビクッと怯えるクラスメイト。

…ウンコはしていない、と龍之介が的外れな訂正をすると、クラスメイトはその出方やめろよと返します。

席替えにきゃっきゃと騒ぐクラスメイト達、龍之介の席は前とほぼ変わらず、淡々と移動します。

すると横にはあずさが、お隣さーん、よろ、と軽く言うあずさ、龍之介も複雑そうに、ああ…と返します。

あ、ごめんけどあずさ教科書忘れてぇ、見せてくんない?と言うあずさに、…別にいいけど…と答える龍之介。

教科書を見せるために近づけた席のせいで腕が密着してしまい、龍之介は近い!と内心焦っています。

こんなに密着する必要が!?と考える龍之介に、ねえ消しゴム貸して、と手を伸ばすあずさの胸が龍之介の腕に当たります。

かッ、と言いかける龍之介に、か?と、続きが解らず、ぽかんとするあずさ。

直後、龍之介は観自在菩薩行深般若波羅~と煩悩を払う為、唐突な読経を始めます。

何?こわっ、と騒ぐクラスメイト、先生も、こーらそこの寺の息子授業中に読経するなと注意します。

掃除中、あずさはクラスメイトから、本当に忘れちゃったの?と聞かれますが、あずさはえ?と何の事かわからない様子。

いやだからさ、龍之介君と付き合ってた、と言う声を見事にかき消す、黒板消しクリーナーの激しい音。

黒板消しを掃除しているのは龍之介でした。

聞き取れず、なんて?と言うあずさに、いや、だから、龍之介君とつきあ…と言うとまたも激しい黒板消しクリーナーの音。

察したクラスメイトが、いや、なんでもない、と言って龍之介の背中をぽんっと叩きます。

それから一週間、教科書忘れちゃった、おかず交換しよ、などあずさは何かと龍之介を構うようになります。

髪の毛をいじられ、前髪にリボンまで付けられてしまい、鏡を見せられながら、連日物凄く絡まれる…と戸惑う龍之介。

あずさはそんな龍之介を見てふふっと笑い、はは、似合ってんじゃん、とウインクをして見せます。

けれどそのウインクは両目を閉じるスタイルのウインクで、以前のあずさはきちんと片目を閉じて居ました。

龍之介はその様子を見て、…それ、ウインクのつもりか?と言うと、そ、ウインク、とまた両目を閉じるあずさ。

…できてないぞ、と龍之介が言うと、…今ヘンな顔って思ったっしょ…と顔を赤らめるあずさ。

その言葉と仕草は、以前のあずさと重なるものがあり、思わず何とも言えない気持ちになる龍之介。

もーヤダあ、りゅーのすけってクールっぽいしぃ、時々何考えてるか解んないよね~と言うあずさ。

…でも、そゆとこケッコー好き、と、少し照れたような顔で、無邪気にあずさは微笑んできます。

一人になって、不覚にもときめいてしまった…と先ほどの一件を思い返す龍之介。

別人のようなあずさを好きになったらそれは浮気だろうか、と真剣に悩んでしまいます。

坊主が浮気ってどういうことよッと言う母と、やかましい、嫌なら出て行けと言った父。

そしてそのまま出て行きますともっ、この生臭坊主と吐き捨てて家を出た母が流した涙。

過去の事を思い出すと、それだけは嫌だと思ってしまい、どうにかしなくては…と龍之介は考えます。

放課後、りゅーのすけぇ、一緒にかえろ~とくっついてくるあずさ。

また胸が腕に当たっているので、龍之介は焦りつつ、駄目だ流されるな、今言うんだ…!と決意を固めます。

し、白金さん、俺に付きまとうのはやめてくれないか、俺にはその…好きな人が居るから、と告げる龍之介。

そ、それってあずさのこと…かなっ?と明るく言おうとするものの、その先を聞くのが怖いと言うようなあずさの表情。

その顔を見ない様に、目をそらしながら龍之介は…違う、すまない、と告げます。

笑った表情を崩さず、あずさは…そーなんだぁ、ごめんねっウザかったよねあずさ、と龍之介から離れます。

…いや、こっちこそ、その…もっと別の言い方を…と謝ろうとする龍之介を、ちがうの、と制するあずさ。

ちがくて…と、ぎゅっとスカートの裾を握りしめるあずさの様子に、思わず白金さん?と心配する龍之介。

だ、だましててごめんねっ龍之介くん…瞳に涙を浮かべながら、無理に作った笑顔であずさはその場を立ち去ります。

追いかけようにも、…え?と、あずさの言葉使いと、騙してる、と言われた事の状況がわからない龍之介。

一方あずさは、資料室に逃げ込んで、携帯に保存されている龍之介との写真を見ながら泣き出します。

そして、ブレザー姿の清楚な自分と、中学時代のギャル姿の自分の写真を交互に見るあずさ。

やっぱダメなのかな…やっぱりあきらめるしかないのかな…。

そう言って、資料室でひとり泣き続けるのでした。

白金あずさは頭を打ってギャルになる1話感想

最後の発言と、昔の写真を見る限り…ギャルが本当の姿だったのでしょうか?

喋り方なんかは頭打ったからって身につくものでもないですよね…。

龍之介があずさの気持ちに気付けるといいのですが…っていうか追いかけてあげてよ!

次回が気になります!

白金あずさは頭を打ってギャルになる2話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍