漫画ネタバレ

葬送のフリーレン10話ネタバレ!戦士シュタルクの登場!!

2020年7月15日発売のサンデー33号掲載の「葬送のフリーレン」についてネタバレをまとめました。

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法は?

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、葬送のフリーレンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
葬送のフリーレンの最新話を読む

【前回のあらすじ】

幻影を使う魔物と遭遇し、フェルンはハイターの幻影に見入ってしまいます。

一方のフリーレンは、勇者ヒンメルの幻影を消し飛ばしました。

衝撃音で正気に戻ったフェルンは幻影の魔物を倒し、二人は旅を続けます。

葬送のフリーレン9話ネタバレはこちら

葬送のフリーレン第10話のネタバレ

勇者ヒンメルの死から28年後。

フリーレンとフェルンは中央諸国リーゲル峡谷まで来ました。

ゆるやかに曲がった河の崖は段々畑のようになっており、そこに低木が生い茂っています。

2人はしゃがんで、向こう岸の竜を確認しました。

初めて見たと言うフェルンに、フリーレンは巣を確認するように促します。

竜の後ろには大きな巣がありました。

細い木の枝でぐるりと囲まれた巣の中央に、なぜか魔導書が置いてあります。

あれは探していたやつだとフリーレンは言いました。

相変わらずの魔法集めです。

どうしてあんな所にあるのかとフェルンが呟くと、フリーレンはその疑問に答えました。

竜は、魔力の籠もった物を営巣の材料にするのです。

この巣の主は『紅鏡竜』といい、冒険者を何人も屠っています。

フリーレンは、どちらにしても仕留めておいた方がいいだろうと判断しました。

フェルンに魔法を打たせます。

巣にあてないようにと注意を受け、フェルンは竜だけに当たるよう攻撃魔法を放ちました。

しかし、竜はピクリとも動きません。

プスプスと音をたてながら煙が立ち昇ります。

手ごたえのなさにフェルンが戸惑いますが、フリーレンはあっさりと「竜は硬いね」と言いました。

フェルンが、すぐに逃げ出したフリーレンを見ていると、フェルンの背後に音もなく竜が現れたのです。

「え?」

ポカンと見上げるフェルンでした。

 

峡谷から森の中へと逃げ出したフェルンは、息も荒くペタンと座り込んでいます。

フリーレンは、ようやく撒けたかと上空の様子をうかがいました。

死ぬかと思ったとフェルンが絶望に打ちひしがれていると、フリーレンは竜の巣に戻ろうと言いました。

行って攻撃して逃げてを繰り返せば倒せると言うフリーレンの裾を、フェルンがつかみます。

ふるふると首を横にふるフェルンに、フリーレンもようやく、魔法使いのやり方じゃないよねと諦めました。

「素直に仲間にするか…」

実はアイゼンから、前衛として仲間になりそうな人物の情報を得ていたのです。

 

以前、フリーレン・フェルン・アイゼンの三人で森で過ごしていた時のことです。

夜の森で焚火にあたりながら、リーゲル峡谷沿いにある村にシュタルクという戦士がいるとアイゼンは言いました。

アイゼンの弟子なのだそうです。

それを聞いたフリーレンは、いい戦士なのかとアイゼンに問いました。

アイゼンは無表情で、真っすぐフリーレンを見つめます……。

 

リーゲル峡谷沿いの村に着きました。

村人たちは穏やかに笑い、活気にあふれています。

竜が近くにいるとは思えないほど平和だとフェルンが感想を漏らすと、フリーレンも同意しました。

ふと竜が持つ魔導書の中身が気になったフェルンは、フリーレンに問いかけます。

「服が透けて見える魔法」が書かれていると知ったフェルンは、本当に変な魔法ばかり集めていると、また感想を漏らしました。

フリーレンは服が透けて見える魔法の実用性について語りはじめましたが、途中で中断されます。

村のおばあさんが二人を呼び止めたからです。

シュタルクが会いたいと言っているらしく、二人はおばあさんに着いていくことにしました。

森を歩きながら、おばあさんは三年前の出来事を語ります。

三年前、紅鏡竜が村を襲い、おばあさんは子供を抱きかかえ、竜に喰われる覚悟を決めました。

そこへ現れたのがシュタルクでした。

シュタルクは竜を前にしても一歩も引かず、長い睨み合いの末に、竜は誰も食わずに立ち去ったのです。

それ以来、村は竜に襲われることもなく、平和に過ごせているのだとおばあさんは語りました。

フェルンは、シュタルクに協力してもらえば竜を倒せそうだと言いましたが、フリーレンは何か思う所があるようです。

シュタルクが居る場所は、垂直に切り立った断崖の下でした。

崖はまるで、作りかけの通路があるかのようにV字に抉れています。

その横の岩に、青年が座っていました。

後ろには大きな斧が立てかけてあります。

少年が二人、青年にくっついています。

少年の一人が、シュタルクみたいな強い戦士になれるかなと訊くと、青年――シュタルクはなれるさと請け負いました。

少年たちがおばあさんの元へ駆け寄ると、シュタルクはフリーレンに話しかけます。

あまり竜を刺激されると困るんだとシュタルクは言いました。

竜は思っている以上に恐ろしい存在だと前髪をあげ、額の傷を見せます。

フリーレンが、大したことはない傷だと言った事で、シュタルクはフリーレンたちが戦士アイゼンの関係者だと気づきました。

師匠(アイゼン)は怒っていただろうと言うシュタルクに、フリーレンはなぜ竜を倒さないのかと率直に訊きました。

前衛として仲間になり、竜の討伐を手伝ってほしいと言うフリーレンに、シュタルクは言葉を濁し続けます。

なかなか煮え切らない態度のシュタルクに、フェルンは痺れをきらしそうです。

フリーレンはやっぱりかと目を閉じました。

「シュタルク、魔物との戦闘経験は?」

「ゼロだよッ!!」

シュタルクはわっと泣き出してフリーレンにすがりつきました。

村のおばあさんが言っていた「睨み合い」の真相は、ただ怖くて一歩も動けなかっただけです。

竜が気まぐれで立ち去り助かったと思いきや、何故か竜はパッタリと村を襲わなくなり、シュタルクは未だに英雄扱いを受けているのです。

泣きながら、逃げられる雰囲気じゃないと訴えるシュタルクを、フェルンはゴミ屑でも見るような目で見下ろしました。

こいつは駄目ですと言うフェルンに、こいつは竜と戦えるとフリーレンは言い返します。

V字に抉れた崖を背に、フリーレンは一晩だけ考えろとシュタルクに声をかけ立ち去りました。

 

フリーレンはアイゼンとの会話を思い出します。

いい戦士なのかと訊かれたアイゼンは、臆病者だと答えました。

『俺と同じだ。だからあいつには俺のすべてを叩きこんだ』

今のあいつは昔と違い、誰かのために戦えるとアイゼンは言ったのです。

 

夜の村に響くドオォンという音が気になったフェルンは、昼間シュタルクと会話した崖まで行きました。

V字の奥の突き当りで、シュタルクの後ろ姿と轟音、攻撃の閃光を目たフェルンは、ようやく気付いたのです。

これは修行の跡だったという事を――。

 

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、葬送のフリーレンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
葬送のフリーレンの最新話を読む

葬送のフリーレン第10話の感想

戦士シュタルクは、果たして竜を倒せるのでしょうか!?

次回も楽しみです。

次回の葬送のフリーレンが掲載されるサンデー34号は7月22日発売です。

葬送のフリーレン11話ネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国