漫画ネタバレ

葬送のフリーレン17話ネタバレ!フェルンとシュタルクが忍び込む!

2020年9月9日発売のサンデー41号掲載の「葬送のフリーレン」についてネタバレをまとめました。

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法は?

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、葬送のフリーレンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
葬送のフリーレンの最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

【前回のあらすじ】

フリーレンは、地下牢から脱出したところでフェルンとシュタルクに会いました。

フリーレンが魔族を一匹倒したことを聞きますが、まだ2匹います。

フェルンとシュタルクは、フリーレン抜きで倒すことに決めました。

葬送のフリーレン16話ネタバレはこちら

葬送のフリーレン第17話のネタバレ

夜の伯爵邸は、静まり返っています。

高い塀をこえて屋敷に侵入したシュタルクが、忍び込むような真似をしていいのかとフェルンに聞きました。

しかし、まさか真正面から門番に「和睦の使者を殺しに来た」など言えるはずがありません。

2人は1階の庭に面した窓を開けて忍び込みました。

しかし、誰も居ません。

静けさが支配しています。

 

一方、上の階では、リュグナーが窓の外を眺めていました。

魔法が大好きでね、と、自身のことを語り始めます。

腐敗の賢老クヴァ―ルが、人生の大半をかけて「人を殺す魔法」を開発したように、魔族は一つの魔法の研究に生涯を捧げるのだといいます。

リュグナーは自身の手から流れる血を操り、浮かび上がらせました。

部屋は広く、リュグナーのほかには、椅子に縛り付けられているグラナト伯爵と後方に立っているリーニエしかいません。

リュグナーは、年月をかけて研鑽した10年後の魔法は、今よりもっと優れたものになるだろうと語りました。

しかし、魔法と言うのは不思議なものです。

この街は、大魔法使いフランメの防護結界がかけられています。

千年前の天才が作り上げた魔法は、魔族に破られることもなく今も効力を発揮しています。

リュグナーは振り返りながら、天才は嫌いだと言いました。

積み重ねたものの美しさがないからです。

グラナト伯爵のもとへ歩きます。

結界の管理は、代々グラナト家に一任されています。

仮にも魔族だというのにリュグナー達が入れたという事は、結界を操作できる何らかの魔法が存在するはずです。

リュグナーは、教えろと伯爵に迫りました。

グラナト伯爵は、顔の半分から血が流れ、着ている服も血まみれです。

拷問に耐え、なおも黙秘しているのです。

リュグナーは時間を置くことにしました。

人間にとっては待たせるのも、有効な外交戦術のひとつだと判断したためです。

当然、それでも吐かなければ拷問の続きが待っています。

リュグナーとリーニエは部屋を出ました。

廊下を歩きながら、結界関連の魔導書を探すことにします。

 

部屋に1人残されたグラナト伯爵は、部屋の大きな窓からさしこむ月明かりに照らされていました。

静かに考え込みます。

と、ギィと扉が開かれました。

シュタルクです。

伯爵はシュタルクに気づくと、息子がお迎えに来たのかと思ったと軽口をたたきました。

シュタルクはそれに応えず、今助けてやると近寄りました。

ナイフを取り出し、縄を切ろうとします。

その手が震えていることに、伯爵は気づいてしまいました。

縄はなかなか切れません。

魔法がかけられているのかも知れません。

グラナト伯爵は、自分のことはもういいとシュタルクに話しかけました。

どうせ助かりません。

それよりも、街の人々の避難が大切です。

しかし、シュタルクは、伯爵がいなければ皆言う事を聞いてはくれないと言い、なおも縄を切ろうとします。

すると伯爵は、自身の首にかかっているペンダントのことを言いました。

飾りはグラナト家の紋章です。

衛兵に見せれば、指示をきいてくれる代物です。

シュタルクは手をとめました。

伯爵はさらに、本来ならば、伯爵に対してタメ口を叩くのは重罪ですが、今なら見逃してやると言います。

さっさと行けと言う伯爵に、シュタルクはそうかいと言いました。

しかしシュタルクは逃げださずに、背中の斧を持ち上げます。

縄が切れないので、椅子を壊そうというのです。

弁償はできない、とシュタルクが言ったところで、魔族が部屋に戻ってきました。

皆、一瞬動きがとまります。

さきに声をあげたのはリーニエでした。

シュタルクのことを「鼠」と一言で表します。

次にリュグナーが、伯爵に知り合いかと問いかけました。

伯爵は、昼間の冒険者の1人だと言い、事情も知らずに来た馬鹿なガキだという風に説明しました。

リュグナーはそれに納得し、シュタルクに言いました。

「帰っていいぞ小僧。見逃してやる。」

――まただ。

シュタルクは思いました。

自分のことを、見もしないのです。

シュタルクは斧を構えました。

リュグナーが、邪魔をするなら殺すぞと言いますが、シュタルクは睨みつけ、やってみろよと挑発します。

シュタルクは跳ねあがり、一瞬でリュグナーの背後に着地しました。

そのまま斧を振り降ろします。

リュグナーの上半身がガッと切られました。

が、リュグナーは笑います。

大量に出血した血を操り反撃しました。

シュタルクは腕で受け、倒れ込みます。

血は巨大な手の形でシュタルクを押し倒します。

リュグナーはシュタルクのことをなかなかだと評価しましたが、同時に、若いやつは短慮で無策で無謀だと批判しました。

だが、とリュグナーは続けます。

単身で挑んだ武勇は評価すると告げました。

それを聞いたシュタルクは「単身…?」と言い、やはり見えていないのだと言いました。

リュグナーは不思議に思います。

するとシュタルクは、フェルンの名を読んだのです。

リーニエは驚き、急に現れた魔法使いの反応に叫びました。

しかし遅く、攻撃魔法は外から窓をつきやぶり、リュグナーの脇腹を抉りました。

パラパラと散る硝子の破片の奥に、浮かんでいる少女が見えます。

リュグナーは、リーニエの魔力探知をかいくぐった事に驚き、次に、自身にダメージを与えた魔法に驚きます。

部屋に降り立ったフェルンの前に、リーニエが立ちふさがりました。

戦おうとするリーニエを静止、リュグナーは問いかけます。

「この魔法はなんだ?」

フェルンは答えました。

「一般攻撃魔法。」

魔族のあいだではゾルトラークと呼ばれている、と註釈をつけます。

リュグナーはフェルンの回答に、馬鹿なことを言うなと静かに反論しました。

魔族は、ゾルトラークを半世紀以上前に克服しています。

つまり、ゾルトラークごときでリュグナーが傷つくはずはありません。

リュグナーが更に「誰から習った?」と問いかけますが、フェルンは時間稼ぎと判断して止めをさそうとします。

リーニエが立ちはだかります。

すると、伯爵をかついだシュタルクが、伯爵の怪我がひどいため退くぞと言いました。

フェルンは攻撃をやめ、2人は窓から撤退します。

リュグナーは自身の血を操って止血を開始し、血が止まり次第追うぞとリーニエに指示しました。

2人の服にはリュグナーの血が付着しているため、見失うことはありません。

リュタルクを殺せと言われたリーニエは、魔法使いも私が…と言いかけますが、リュグナーはかぶせるように言います。

「お前があの魔法を食らっていたら死んでいた。」

リーニエは静かに聞いています。

あの魔法は、魔族を殺すことに特化した改良がなされていました。

最早あれは、「人を殺す魔法」ではありません。

「魔族を殺す魔法」です。

実はリュグナーは昔、全く同じ魔法を受けた事がありました。

そう、その名は――フリーレン。

リュグナーは思い出しました。

歴史上で、最も多くの魔族を葬り去った魔法使い……『葬送のフリーレン』です。

リュグナーは目を細めて言いました。

「私の嫌いな天才だ。」

 

葬送のフリーレンの最新話を無料で読む方法はU-NEXTでできます!

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、葬送のフリーレンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
葬送のフリーレンの最新話を読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

葬送のフリーレン第17話の感想

ここでついにタイトルの「葬送」を拾ってきましたね!

単行本の1巻が発売となり、近所の書店では2冊分のスペースで平積みになっていました。

次回も楽しみです。

次回の葬送のフリーレンが掲載されるサンデー44号は9月16日発売です。

葬送のフリーレン18話ネタバレはこちら

まんが王国で無料キャンペーン実施中!

まんが王国で人気作品が無料で読めるお得過ぎるキャンペーンを実施中です!

この機会に絶対無料登録!期間限定のお得情報はこちらから↓
まんが王国