漫画ネタバレ

葬送のフリーレン22話ネタバレ!断頭台のアウラ戦、決着!!

2020年10月13日発売のサンデー46号掲載の「葬送のフリーレン」についてネタバレをまとめました。

葬送のフリーレンを無料で読む方法は?

葬送のフリーレンを無料で読む方法はU-NEXTでできます!

葬送のフリーレン

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、葬送のフリーレンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
葬送のフリーレンを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

サンデーうぇぶりで無料配信中!

まずはお試しで読みたい方は無料アプリ「サンデーうぇぶり」がおすすめです!

サンデー系のオリジナル作品も多数掲載され、PCブラウザでも読むことができます。

ダウンロードは無料ですので、ぜひお試しで読んでみてはいかがでしょうか。

サンデーうぇぶり
サンデーうぇぶり
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

【前回のあらすじ】

致命傷を負ったリュグナーは、フェルンが魔力を制御して通常よりも少ない魔力を見せていることに気づきました。

リュグナーは、卑怯者と言って死んでいきました。

そして、フェルンにその術を教えたフリーレンもまた、魔力が少ないと見せかけたまま、アウラと対峙します。

葬送のフリーレン21話ネタバレはこちら

葬送のフリーレン第22話のネタバレ

断頭台のアウラはフリーレンに、話しかけました。

しかし、フリーレンは無言でじっとアウラを見ています。

アウラが持っているのは服従の天秤です。

お互いの魂を天秤の上に乗せると、魔力の大きい皿が傾きます。

そして、魔力の大きいほうが小さい相手を服従させることができます。

こんなリスクの高い魔法を扱えるのは、アウラ自身の魔力がものすごく高いためです。

フリーレンにはアウラの魔力が見えました。

体からたちのぼる魔力の気配は、周囲2メートルほどの範囲から出ています。

対するフリーレンの魔力はというと、体をすこし覆うようなかたちでたちのぼっています。

魔力の量は、鍛錬した年月で多くなっていきます。

フリーレンは分析しました。

断頭台のアウラは500年以上生きており、そのほとんどの時間を魔力の鍛錬に費やしたことがわかります。

魔族は魔力を包み隠さないため、この気配がアウラの全力量というわけです。

フリーレンはただ一言、哀れだと呟きました。

断頭台のアウラは余裕の表情で魔法を発動させました。

「アゼリューゼ。(服従させる魔法)」

 

時はさかのぼり、まだ大魔法使いフランメが生きていた頃、フリーレンは彼女に質問しました。

なぜ魔族は、今のフランメやフリーレンのように、常に魔法を制限しないのでしょうか?

フランメはできないからだと答えました。

魔族は個人主義の世界ですが、最低限の組織的なつながりも持っています。

組織をまとめるには、力関係が大事です。

人の場合は、偉さがわかりにくいので、質の良い着物を着て装飾品を身に着け、身なりでその人の地位がわかるようにできています。

しかし魔族は違います。

魔族は実力主義です。

魔力の量を見て、強さを推し量ります。

フランメはフリーレンに教授しました。

魔族にとって魔力とは、人にとっての地位や財産と一緒です。

隠密の手段として一時的に魔力を制限する事はあっても、常日頃から魔力を制限するような馬鹿は存在しません。

力の強い魔族ほど、必死に魔力を誇示します。

それが生き抜く術でもあります。

フランメはそれを哀れだと言いました。

魔族は魔力に縛られています。

彼らは魔法を誇りに思い、誰よりも魔法が好きなのに、己の魔力すら自由にできないのです。

いろいろと語ったあとで、フランメはフリーレンを見ました。

フリーレンからは、ほんの少しだけ魔力がたちのぼっています。

魔力の制限をはじめてから3年です。

フランメは、見込み違いではないことに安堵しました。

 

それから50年がたち、崖の上に座っているフリーレンからは、やはり少しだけしか魔力が出ていませんでした。

年老いたフランメはそれを見て、だいぶ様になってきたと言いました。

結局、復讐のための戦いの魔法しか教えなかった、とも言います。

しかし、フリーレンの長い寿命なら、いつか魔王を倒せるほどの高みにたどりつけます。

フランメはフリーレンに、自分の墓のまわりは花畑にしてくれと頼みました。

フランメが一番好きな魔法は、綺麗な花畑を出す魔法だったからです。

 

その後フランメは死に、フリーレンは森で独りで暮らしてきました。

もちろん、魔力の鍛錬は欠かしません。

魔力の制限も欠かしません。

年月はどんどん過ぎ去っていきました。

そして――。

 

森に、3人の男たちがやってきます。

ヒンメル・ハイター・アイゼンです。

ヒンメルが話しかけてもそっけない態度のフリーレンに、ハイターが近づきます。

ハイターが魔力量を図ると、フリーレンの魔力はハイターの5分の1程度しかありませんでした。

しかし、ヒンメルの評価は違いました。

今まで出会ってきたどの魔法使いよりも強いと確信したヒンメルに、どうしてそう思うのかとフリーレンは聞きました。

『なんとなくだ。』

ヒンメルは笑いました。

それから10年、旅の日々が続きました。

フリーレンは勇者一行のパーティーに加わり、様々な魔族と戦い、ついには魔王を倒したのです。

 

断頭台のアウラはフリーレンの魂と自身の魂を取り出しました。

アウラは勝利を確信し、嬉しそうです。

葬送のフリーレンは謎に満ちたエルフの魔法使いですが、見える魔力が全てを物語っているとアウラは思いました。

フリーレンの周囲にたちのぼる魔力から推定するに、鍛錬を積んだのはせいぜい100年程度です。

しかも、80年前と大して変わっていません。

アウラは天秤に魂を乗せて、勝利を宣言しました。

このあとは首を落として終わりです。

しかしその時、天秤が動きました。

アウラは不思議に思います。

フリーレンは魔力を制限していたとアウラに種明かしをしますが、アウラが測定した魔力は制限特有の不安定さもわずかなブレもありませんでした。

しかし、生きてきた時間のほとんどを制限したまま過ごしたフリーレンは、この状態が自然です。

フリーレンは魔力を開放しました。

千年以上生きたフリーレンの魔力は膨大で、アウラなど足元にも及びません。

天秤はズンという音をたてて、フリーレンのほうに傾きました。

「アウラ、自害しろ。」

フリーレンが命令すると、アウラは自分自身の首に剣をあてました。

断頭台のアウラは泣きながら自害たのでした。

 

葬送のフリーレンを無料で読む方法はU-NEXTでできます!

葬送のフリーレン

今なら31日間無料体験実施中に加え、新規加入で600円分のポイントをゲットできますので、葬送のフリーレンの最新話を実質無料で読むことができます!

ぜひこの機会にこちらから↓

登録無料でマンガ1冊まるごと無料

今すぐU-NEXTに登録して
葬送のフリーレンを読む

U-NEXT
U-NEXTで漫画を読む特徴とメリット・デメリットや評判・退会方法まとめ人気の配信サービスU-NEXT【ユーネクスト】で漫画を読む特徴とメリット・デメリット、評判や退会方法までどこよりもわかりやすく紹介します!...

 

まずはお試しで読みたい方は無料アプリ「サンデーうぇぶり」がおすすめです!

サンデー系のオリジナル作品も多数掲載され、PCブラウザでも読むことができます。

ダウンロードは無料ですので、ぜひお試しで読んでみてはいかがでしょうか。

サンデーうぇぶり
サンデーうぇぶり
開発元:SHOGAKUKAN INC.
無料
posted withアプリーチ

葬送のフリーレン第22話の感想

今回は巻頭カラーで、次も巻頭カラーだそうです。

次回も楽しみです。

次回の葬送のフリーレンが掲載されるサンデー47号は10月21日発売です。

葬送のフリーレン23話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍