漫画ネタバレ

スポットライト1巻ネタバレ!盗撮犯がミスコンのカメラマン!?

月刊アフタヌーンで連載中の「スポットライト」について1巻のネタバレを紹介します。

スポットライトを無料で読む方法はこんなにあります!

スポットライトを無料で読む方法はこんなにあります!アフタヌーンで連載中の「スポットライト」を無料で読む方法をまとめました。 スポットライトを無料で読むならコミック.jp! \登録...

まずはお試しで読みたい方は無料アプリ「コミックDAYS」がおすすめです!

マガジンやアフタヌーン、KissやBE LOVEなど講談社のオリジナル作品も多数掲載され、PCブラウザでも読むことができます。

ダウンロードは無料ですので、ぜひお試しで読んでみてはいかがでしょうか。

コミックDAYS
コミックDAYS
開発元:Kodansha Ltd.
無料
posted withアプリーチ

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\月額ポイント全額返還あり/
半額クーポンもらえる

コミックシーモアで漫画を読む

スポットライト1巻のネタバレ

第1話

華やかなキャンパスライフを送る大学生たち・・・

彼らは美人の同級生の誕生日を祝うサプライズを行おうと計画していますが、写真係がいないと話し合います。

そして、1人の女子がある男子生徒を指差してこういったのです。

「発注しよーよ、斎藤とか!」

こうして話したこともないグループの女子から一眼レフを持ち歩いているからという理由だけで撮影係を頼まれてしまった斎藤・・・

彼は偶然サプライズ予定の女性、あやめとすれ違った時に盛大に転んでしまいました!

斎藤はころんだ衝撃でスマホの画面をバキバキに割ってしまい、あやめはそれに責任を感じて謝りますが、斎藤は平気だし授業が始まるからと謝るあやめを授業に行かせます。

そして、彼女と接点がもてたことに感謝するようにその場で静かに手を合わせました・・・

そう、斎藤がさっきカメラ担当を引き受けたのは、何を隠そうあやめとお近づきになれるかもしれなかったからだったのです!

そんな彼に絡んでくる男性が一人・・・

彼は斎藤にペラペラと話しかけてきたため、斎藤は逃げるように立ち去るのでした。

斎藤がカメラを始めた理由はあまりに悲しい理由です。

中学の頃、掃除を毎回押し付けられていた彼は教師にその事を訴えますが、証拠がほしいとカメラで写真を取るように言われてしまいます。

・・・これが彼のカメラとの出会いだったのでした。

そんな話をサプライズパーティの打ち合わせ中に話していると、斎藤たちにむかってあの絡んできた男性がやってきます。

「君たちミス・ミスターコンに興味ありません?私芳央大学学園祭実行委員の逸崎と申します」

彼はそういうと、ミスコンについて説明をはじめました。

この大学で催されるミスコンは、学園祭の大トリ的役割の行事であり、コンテスト期間中は候補者たちは様々な活動を行い、結果として集まった投票数を競うといいます。

候補者たちの人間的成長物語も見られます!と笑顔で伝えられた斎藤は、圧倒的陽の気に気圧されてしまうのでした。

逸崎が去った後、斎藤は彼らと打ち合わせを行いますが、そこでようやく彼らはあやめの誕生日を祝う気がどうやらあまりないということに気が付きました。

彼らはただ楽しいことを探して、自分たちが楽しめればそれでいいと考えていたのです。

(・・・なんであいつらのキラキラライフのためにモブが記録係しないといけないの?)

そういらつきながらも、斎藤はバキバキにわれたスマホをいじって写真をじっと見つめます・・・

そこには、こっそり隠し撮りされていたあやめの姿が何百枚と保存されていました!

大学に入学してからすぐに彼女とすれ違い、その瞬間にあやめに一目ボレをした斎藤は、話しかける勇気がどうしてももてずに隠し撮りをしていたのです・・・

帰宅後、斎藤は中学時代の夢を見ました。

結局、教師に言われてサボっている生徒たちの写真を撮った斎藤は、その写真を勝手にコンクールに出され入賞してしまいます。

文句を言おうとした彼に教師は「先生、この写真見ていいなーうらやましいって思ったよ?お前がそう感じたんじゃないの?」と言ってきたのです。

ショックを受け、ぼんやりとサボっている生徒を眺める斎藤にあやめが声をかけてきました。

「撮ってれば何か変わるとでも思った?」

何も返事ができない斎藤に、逸崎までもが「じゃあ撮り続けるしかないね!」と言ってきます・・・

慌てて飛び起きた斎藤は、寝覚めの悪い夢に溜息をつくのでした。

その日の夜、彼は大学の敷地内で桜がきれいに見える場所へとやってきます。

ここでサプライズが行われる予定ですが、電灯が切れているからと斎藤は使い走りにだされ、用務員室へと向かいました。

そこには逸崎がいて、彼はすぐに「あの人達にいいように使われてない?」と図星をついてきます!

斎藤はムッとしたまま立ち去ってしまい、逸崎は(あー、ミスった・・・)と顔をしかめたのですが・・・

「ん?」

逸崎は斎藤が忘れていったスマホを見つけてしまいました・・・

・・・こうしてはじまったサプライズパーティ、斎藤はあやめをメインに写真を何枚もとっていたのですが、いきなりサプライズで告白をするといわれムービーを回すことに!

「ハッピーバースデー!19歳おめでとー!」

「小川さん!誕生日おめでとうございます!俺のものになってください!」

あやめは一瞬硬直した後、ごめんなさい、と謝罪をしました。

「私、一浪してるから20歳になるんです、あと私は物じゃないので圭ちゃんの物にはなれません」

彼女の言葉で場は一気に白け、あやめに告白をした男子はテンパって走り去ってしまいました。

あとに残されたあやめと斎藤は後片付けをして立ち去ろうとしたのですが・・・

斎藤はスマホがないことに気が付き慌てて用務員室へと向かいます!

そこには逸崎がいましたが、彼は斎藤にあやめを隠し撮りしていたデータを見せ、この写真は今すぐ消せと迫ってきました。

そして、突然こう提案してきたのです。

「ミスコンのカメラマンやってくれない?」

第2話

「斎藤くんは生まれ変わるべき!」

逸崎にそういわれ、半ば脅されるような形でミスコンのカメラマンになれと言われてしまった斎藤はトボトボと帰路についていました。

彼に言われるまま、盗撮していたあやめの写真は全て消去しています。

あやめのことを1年間、女神だと思っていたと彼は考えていましたが、あの告白の時に彼女も自分と同じことを考えるんだな、と思い、微妙な心境になっていたのです。

翌日、カメラ部へとやってきた斎藤に部員の坂東がにこやかに声をかけてきました。

明るい彼に辟易しながらも、斎藤はふと昨日のあやめに告白をして振られたシーンを撮っていたなと思い出します。

すでにあやめに告白した男子が振られたというニュースは耳の早い学生の間では知られていましたが、坂東もその1人だったようでその動画を見たがりました。

彼に動画を見せていると、いきなり逸崎から連絡がありミスコンのカメラマンの話がしたいから来てくれと言い出したのです。

困惑する斎藤でしたが、坂東がとんでもないことをしでかします。

「振られた動画加工したからみてみて!」

彼はそういって、盛大に面白おかしく加工した振られ動画をおくってきたのですが・・・それはクラスLINEに送られていました!

「えっうそ、ヤバイヤバイー」

坂東は特に気にもしていない様子で動画を消しましたが、すでに何件か既読は付いていました・・・

斎藤は冷や汗をかきながら、逃げるように逸崎のまつ教室へと向かいます。

彼はいきなり去年の準ミスだったというりかこという女性に紹介され、そして改めてミスコンのカメラマンをやらないかと言われました。

軽く雑談をする流れになったのですが、斎藤のささいな一言がきっかけでりかこは怒ってしまいその場を立ち去ります。

「何やってんのー!斎藤くん!」

斎藤は謝った後、こういうことになるかもしれないからやっぱりカメラマンはできないと断ろうとするのですが・・・

「小川あやめ、ミスコン出るけど」

逸崎にそう言われた瞬間、斎藤は反射的にやだ!と叫んでいました・・・

結局カメラマンになるかどうかは保留として、彼は教室を後にします。

そんな彼を呼び止める者がいました・・・それはあの振られた男、圭ちゃんです!

(ぎゃー!圭ちゃん!)

慌てる斎藤ですが、彼は特に怒る様子もなく斎藤に昨日の写真やムービーを見せてほしいと言ってそれを見ると、楽しそうでよかった、とつぶやいたのでした。

「写真見れてよかった、ありがとな、斎藤」

そういって去っていく圭をみて、彼は真正面からぶつかって告白したんだ、と斎藤は思うのでした。

外の椅子に座りぼんやりとしていた斎藤のもとに、あやめが声をかけるため近寄ってきます。

あやめに話しかけられて驚く斎藤ですが、彼女をみているうちに斎藤は自然とこう叫んでしまいました!

「俺、ミスコンのカメラマンやります!俺が小川さんを優勝させます!」

いきなりそう豪語されたあやめはびっくりした様子でしたが、言質とったからね!とほほえみます。

・・・その頃、実行委員会にいた逸崎はにっこりとほほえみながら、別に斎藤の写真にはなんとも思ってないと言っていました。

「候補者にベタぼれしてるやつがカメラマンやったらおもしろくね?」

・・・斎藤を誘った理由の本当の理由は、コレだったのです。

一方、斎藤はあやめからとんでもない発言をきかされていました。

「私、元貴の事好きだから、頼まれてミスコンに出るんだ」

第3話

あやめの好きな人は逸崎だった・・・逸崎に頼まれてミスコンに出る・・・

その事実にショックを受けた斎藤は、ミスコンのカメラマンを断ろうと思いながら寝落ちしてしまいます。

そして目覚めると、ミスコンの集まりの時間だったのでした・・・

大慌てで大学へとやってきた斎藤に文句をいう逸崎ですが、あやめがそれを注意したため彼はトーンダウンし、そのままどこかへといってしまいます。

成り行きであやめと2人きりになった斎藤は、ミスコンに出られるような魅力的な人間になれるかな・・・と言われなんとか励まそうとしますが・・・

「いやいや、急にどうした?突然私のすべてを知ってます感出してきて笑う」

あやめにそう突き放されるように言われてしまった上に、さらに恐ろしいとどめの言葉まで言われてしまいました・・・

「私、元貴だけでいいんだよな~、今の見た目も性格も、元貴が好きになってくれないならどうでもいい」

その言葉でどん底まで落とされた斎藤は、シカバネのような状態のまま授業をうけます。

そんな彼に逸崎から「候補者の長多さんがカメラマンに会っときたいって」と連絡がはいり、斎藤は長多に会うために出かけることに・・・

そこにいたのは芸能人レベルに顔面の美しい女性でした。

彼女は強気で、男も女も自分よりはブスだったとあっけらかんと言い放ち、いきなり今日の夜空いてる?と言ってきます。

こうして斎藤は彼女が主催する飲み会へと連行されてしまったのでした・・・

そこでうっかりアルコールを飲んでしまった斎藤は、酔った衝撃で秘密だったはずのあやめの隠し撮りデータを全部消去させられた話をゲロってしまいます。

結局その飲み会ではゲロをかぶった上に楽しいことは1つもなく、不愉快な思いを抱えたまま斎藤はひとまず大学へと戻るのですが・・・

彼は学園祭実行委員の教室へと向かい、そこにいるあやめに気が付きました。

酔っていたこともあり、彼女に今日あったひどいことを一気にぐちってしまった斎藤ですが、うっかり口を滑らせてしまいます。

「小川さんは元貴さん好きだし、なんで俺だけこんな・・・やっぱ1人で小川さん撮ってたときのほうが・・・あっ」

視界がゆがむほど血の気が引いた斎藤でしたが、顔を上げた先にいたあやめは見たこともないくらいに冷たい表情を浮かべていました・・・

「コレ撮ってたのって斎藤くん?すげー不快、謝って」

あやめに必死で謝りながらも、酔った頭はうまく働かず斎藤は何も言えなくなり「俺は小川さんの顔がすき・・・?」と自問にもにた言葉をつぶやいてしまいます。

あやめはすかさず「いや、斎藤くんが好きなのは自分でしょ」と突き放すようにいいました。

もう私を巻き込まないで、一生1人でオナってろ、そう言われた斎藤は、何も出来ずにその教室にへたりこんでしまいます・・・

第4話

翌日、あやめはいつもの様に遅刻ギリギリに出席して、共有スペースで持ち込んだケトルを使ってカップ麺をすすっていました。

それをみた友人たちは「今のままじゃミスコン勝てないよ!」と叫びます!

おもしろ枠には入れるかもしれないけど、おもしろ枠は1位にはなれない、そう言われたあやめはうーん、とうつむいてしまいました。

「頑張るって約束した人がいて・・・」

それを聞いた友人たちは「じゃああやめが変わるしかない」というのでした。

・・・その頃、斎藤は大学からにげるようにバイトを週6でいれ、退学すら視野にいれいている状態に・・・

そんな彼に、あやめの友人でもある江口は相談にのると言ってくれるのでした。

斎藤は退学しようと思いながらも、断れなかったためミスコンの撮影には向かうことに。

「お!斎藤クン!」

斎藤は、逸崎があの盗撮データをあやめに見せたのだろうと思いつつも、非があるのは自分なのでなにもいえず、ウス・・・と返事を返すのでした・・・

今日は服装やトーンを統一させた宣伝ビジュアルの写真をとるということで、斎藤は忙しく動き回ります。

撮られる側としてやってきたあやめは斎藤を睨みつけますが、逸崎のために普通に接するからこれ以上迷惑をかけないよに、と釘を差してきたのでした。

次々写真をとっていく斎藤でしたが、あやめの番になった瞬間彼女は撮られ慣れていないせいかギクシャクした固い表情のものになってしまいます。

見かねた長多が小物を使うようにだとか、色々指導をし、結果あやめの写真は良いものとなりました。

「私が靴ずれしてるの気づいてくれたんだよね、ありがとう!」

長多はポカンとした表情を浮かべますが、すぐにあやめもそれに気が付きました。

そして、ミスコンにヒールのある靴を普段はかない人が出るなんて驚きかな?と笑います。

「ずっと応援してくれた人がいて、その人のためにミスコン頑張ろうって思って」

その言葉をきいた長多は微笑むと、あやめは生まれ変わろうとしてる最中なんだね、といって笑ったのでした。

それを聞いて、あやめは昔予備校に通っていた頃を思い出します。

彼女が大学を目指して頑張っていた頃、彼女はそこで逸崎に会ったのでした。

逸崎は同期で、しかも同じ大学を目指していたのですが、彼だけ先に合格してしまいます。

こうして浪人することとなったあやめは、合格したあげく指導スタッフとして予備校に入ってきたのでした・・・

そのままあやめを指導することになった彼に怒りをむき出しにするあやめでしたが、逸崎はひょうひょうとした様子で彼女をサポートし続けたのです。

こうしてあやめは大学に合格でき、いつしか好きになっていた逸崎に告白するのですが・・・

「まじ?ありがとー、俺は別にお前のこと好きじゃないけど」

そういってあっさり振られたあやめでしたが、大学に入ってしばらくした後、逸崎からミスコンに出てほしいと頼まれたのでした。

そうしてあやめは”ミスコンで優勝したら1つだけ言うことを聞くこと”と逸崎に約束させ、今この場に立っているのです。

彼女は早速買いためていたカップ麺の箱に「もう食べない、ご自由にどうぞ」と書き、カップ麺生活をやめようと決意したのですが・・・

元の部屋に戻ると、そこには斎藤がいて彼女の持ち込んだコップと電気ケトルを持っていたのです!

斎藤はただ机の上にある誰かの私物を片付けただけだったのですが、あやめからみるとそれは怪しげなストーカーによる物色にみえてしまったのでした・・・

「いいよ、言い訳は・・・てか食器って・・・勝手に写真撮ったり私物漁ったりさあ・・・」

あやめに詰問される斎藤ですが、彼は文句をいうだけ言って無視をするあやめに一応自分は片付けただけだといい、そしてこういったのです。

「元貴さんのためにその靴で足ボロボロにしてるんですよね、なんかそれ違くないですか?」

足をボロボロにしてその靴をはいたからといって、別にあやめのことを逸崎が好きになるはイコールで結びつかないのではないか?

そう言って斎藤は教室を後にしました。

残されたあやめは呆然としながらも、たしかにミスコンに出たからと言って逸崎が自分を好きになってくれるわけではないな・・・と考えます・・・

スポットライトを無料で読む方法はこんなにあります!

スポットライトを無料で読む方法はこんなにあります!アフタヌーンで連載中の「スポットライト」を無料で読む方法をまとめました。 スポットライトを無料で読むならコミック.jp! \登録...

まずはお試しで読みたい方は無料アプリ「コミックDAYS」がおすすめです!

マガジンやアフタヌーン、KissやBE LOVEなど講談社のオリジナル作品も多数掲載され、PCブラウザでも読むことができます。

ダウンロードは無料ですので、ぜひお試しで読んでみてはいかがでしょうか。

コミックDAYS
コミックDAYS
開発元:Kodansha Ltd.
無料
posted withアプリーチ

スポットライト1巻の感想

斎藤の全てが裏目に出てしまう所と、あやめとの噛み合わなさが見ているとグサグサきますね・・・!

大学のミスコンという泥沼になりそうな話ですが、真反対ともいえる人種のあやめがでて、一体どうなるのか?!

スポットライト2巻のネタバレはこちら!

ネタバレもいいけど漫画は絵で読んだ方が
100倍面白い!

\1万7000冊以上まるごと無料!/

初回登録50%OFFクーポンで有料作品も
半額
で読めます!

bookliveで半額で漫画を読む

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍