漫画最終回ネタバレ

ストロボ・エッジ36話【最終回】ネタバレ!ついに恋人に…!

2010年8月11日発売の別冊マーガレット9月号掲載の「ストロボ・エッジ」についてネタバレをまとめました。

【前回のあらすじ】

蓮の席に座っていたところを蓮本人に見られてしまった仁菜子。

なぜ座っていたのか追い詰めるように問われて、つい反発してしまいます。

そこからお互いに気まずくなってしまいどんどんすれ違ってしまう二人…。

どんな風に接すればいいのか分からない仁菜子と、振られたと思っている蓮。

それを見かねた安堂に本心をずばり言い当てられ、キスをされてしまった仁菜子。

しかしそこでやっと自分の本心に気付きました。

また安堂が嫌な役回りをしてまで、仁菜子の本音をさらけ出そうとしてくれた優しさにも気付きました。

安堂に背を押され蓮を追いかけて走る仁菜子と、仁菜子の様子が気になり乗っていた電車を降りた蓮。

すれ違ったかと思いきや、すれ違うことなく、電車のホームで会えた二人でした。

ストロボ・エッジ35話のネタバレはこちら

ストロボ・エッジ36話【最終回】のネタバレ!

ホームで出会えた二人はお互いに言いたいことがありました。

しかし仁菜子は譲らず自分から話し始めます。

自分からきちんと言うべきだと思ったのです。

話し始める前から感極まって泣いてしまう仁菜子。

それでも待っていてくれる蓮に、きちんと目を見て想いを伝えます。

蓮に好きだと言われてどれほど嬉しかったか。

なぜ蓮の気持ちにその時は応えられなかったのか。

安堂にキスされて気付いた本心。

ちゃんと伝えたいのにうまく言えずに言葉に詰まってしまう仁菜子。

しかし蓮に大丈夫だと言ってもらって、大切なのは伝えようとする気持ちだと気付きます。

そして…とうとう蓮に告白をします。

ただ一つだけ、ずっと変わらなかった想い、ずっと伝えたかった気持ちをを言えた仁菜子。

我慢していた涙をまた流しながら、蓮に好きだと伝えます。

好きだと告白したら止まらず、そのままの勢いで仁菜子は要望を伝えます。

用がなくても電話やメールをしたいこと。

ケーキを半分にして、でも仁菜子の方が多く食べてしまって、それを蓮が笑って許すような些細な日常。

手を繋ごうと言わなくても当たり前に手を繋げるようになれること。

一度伝えたら、堰を切ったように溢れ出す、蓮への気持ちと涙。

それを嬉しそうに聞いていた蓮が堪えきれずに仁菜子を抱きしめました。

驚いた仁菜子でしたが、私もしたい、と蓮を抱きしめる仁菜子。

そこから確かめ合うように何度も“ぎゅ”っと抱きしめ合う二人。

何度も強く抱きしめ合いながら、蓮からも大好きだよと言われた仁菜子。

遠回りをたくさんした二人でしたが、ようやく晴れて恋人同士になりました。

 

次の日学校のクラスでは、女子が仁菜子と蓮の話で大盛り上がりでした。

昨日駅で二人を見かけた人がいたらしく、質問攻めにあう仁菜子。

分かっていたはずなのに、そんな様子に居たたまれなくなった安堂はひっそりと教室を出ていきます。

そこへタイミングよく登校した蓮と鉢合わせました。

今はまだ口を聞きたくないと言う安堂に、蓮はそういう所に救われてきたとお礼を言いました。

意地を張って蓮から遠ざかる安堂でしたが、胸中では蓮との縁が切れないことに嬉しさを感じていました。

そこへ、遊ぼうよと女の子に声をかけられた安堂。

吹っ切れた笑顔でそういうのはやめると宣言しました。

一方、安堂と別れた蓮が教室へ入ります。

すると昨日のやりとりの一部始終を仁菜子が話している最中でした。

クラスは相変わらず大盛り上がりで、蓮も仁菜子同様にからかいの対象として質問されます。

しかし仁菜子とは対照的に教えない蓮。

秘密にされたことにより一層盛り上がってしまったクラスの皆を見て謝る蓮。

しかしそれを嬉しく思っていた仁菜子は恥ずかしがりながらその気持ちを伝えます。

嬉しいと仁菜子に言われた蓮も恥ずかしくなり、二人して赤面するのでした。

 

学校からの帰り道に、何も言わずに手を差し出す蓮。

ドキドキしながら手を繋いで歩く二人。

仁菜子が望んでいたことを叶えてくれる蓮にときめく仁菜子。

当たり前になるのなんてすぐだよ、と言う蓮にときめく仁菜子。

そして男の子もときめく事を知ります。

そんな他愛もない話をしながら、手をぎゅっと握りなおす二人。

何をされても、何を言われも、きゅんとしてどんどん好きが積もってゆく二人なのでした。

 

ストロボ・エッジ36話【最終回】の感想!

ついに想いが通じ合った仁菜子と蓮に、こちらまで嬉しくなりました。

やっとやっとやっと…!

涙なしには読めない最終回でした。

安堂とも良い関係を築いていけそうで良かったです。

仁菜子のことも蓮のことも好きな安堂にも、ぜひ幸せになってもらいたいです。

大好きなキャラクターばかりで、きゅんきゅんさせられっぱなしだったストロボ・エッジ。

幸せな結末でとても嬉しいけれど、終わってしまうのは切ないです。

王道のラブロマンスでとても楽しく読ませていただきました。

蓮と仁菜子が末永く仲良くいられますように。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍