漫画ネタバレ

水神様の仰せのままにネタバレ!ティアナの処女を奪ったのは、水神様…?!

DLsiteで配信している「水神様の仰せのままに~生贄少女は悪魔に溺愛される~」のネタバレです。

水神様の仰せのままに~生贄少女は悪魔に溺愛される~ネタバレ

冷たい水の中を、ゆっくり沈んでいくティアナ。

彼女は今年の贄に選ばれ、水神様の怒りを鎮めるために川に身を投げたのです。

どのくらいの時間流されているのだろう…と思った時、目の前に釣り針が現れます。

不思議な温もりを感じ、釣り針に手を伸ばすティアナ。

気が付いた時には、水の中から出ていました。

見知らぬ風景に戸惑っていると、釣れてるな!という男の声が聞こえます。

アシュレイと名乗った男は、美しい黒髪に彫刻のような褐色の肌を持ち…耳の先は尖っていました。

この場所は現世と黄泉の狭間・ルミナ郷であると伝え、その番人をしているというアシュレイ。

驚いたティアナは、水神様の行方を聞きます。

村を守って下さるようにお願いしたいという彼女に、アシュレイは水神などいないと告げます。

所詮自然の摂理から逆らえず、村からいくら贄を出そうと無駄だ…と言いました。

がっかりした様子のティアナを見て、贄に選ばれてどう思っている?と聞くアシュレイ。

彼女は健気に、村の役に立つならば…と答えます。

それを聞いたアシュレイは、自ら命を投げ捨てているだけだ!と声を荒げました。

ティアナの世話を他の者に任せ、その場を立ち去るアシュレイ。

急一体どうしたのだろう…?と、ティアナは不安になるのでした。

川の臭いを落とすため、お風呂に入るティアナ。

付き添いの者に、アシュレイを怒らせてしまった原因を聞きました。

郷の番人であり…悪魔な故に警戒心が強いのでしょう、と答える侍女。

ティアナは身を清めた後、「剥奪の儀」に臨むことになりました。

アシュレイに「剥奪の儀」をしてもらう事により、生贄の業から解放され…この郷に住めるようになるのです。

意を決したティアナは、侍女と共にアシュレイの部屋に向かいました。

洗脳が深そうだな…と呟き、彼女を部屋に招き入れます。

ティアナはその間も、胸をドキドキさせているのでした…。

アシュレイは先刻の非礼を詫び、お前ほど無垢な乙女には会ったことがなかったからな…と言いました。

その無垢な心を気に入ったアシュレイは、微笑み…。

お前の処女を捧げてもらう!と、言いだしたのです。

ティアナは顔を真っ赤にして、それは一体どうすれば…?と答えます。

俺に全て委ねれば問題ない…と言い、ティアナに口づけを落とすアシュレイ。

儀式を始めようと言い、彼女の体を横たわらせました。

服の下に隠れた豊満な身体に、すげえデカいな…!とアシュレイは驚きます。

処女であるティアナを気遣い、指で優しく秘部をほぐします。

初めての快感に、目をチカチカさせながらイくティアナ。

終わりましたか…?と聞く彼女に、服を脱いだアシュレイが手を伸ばしました。

アシュレイの身体を見たティアナは、きれい…と呟きます。

彼女の胸に己のモノを挟み、腰を動かすアシュレイ。

次第に興奮が高まり、辺りには卑猥な音が響き渡りました。

アシュレイのモノの先端に、ティアナが口づけをすると…。

彼は我慢できなくなり、白濁した液体をティアナに注いでしまいます。

これは…何ですか?と聞くティアナの顔を拭き、無垢で可愛いな…と呟くアシュレイ。

十分濡れている事を確認し、そそり立ったモノをゆっくりと挿入しました。

ミチミチと音を立てて咥え込んだ為、ティアナの呼吸は辛そうに乱れます。

それに気づいたアシュレイは、深呼吸しろとアドバイスしました。

次第に腰の動きが早まり、ティアナの身体にも次第に快感が訪れます。

出すぞ…!という言葉と共に、きつく抱きしめ合う二人。

処女は貰い受けたというアシュレイの言葉にホッとしていると…。

再び彼はティアナの腕を引き、行為を続けます。

体位を変えて初めての潮吹きを体験したり、獣のように犯されたり…。

その最中、アシュレイからかすかに水の香りがしている事に気づくティアナ。

もしかして…と思ったティアナは、自分からアシュレイに口づけをするのでした…。

翌朝、祈りを捧げて外に出るティアナ。

長い間剥奪の儀に臨んでいたティアナに、侍女は心配そうに声をかけました。

昨晩の事を思い出したティアナは、顔を真っ赤にして慌てます。

いつもあのような儀式を?と聞くと、血を一滴捧げるだけですが…と答える侍女。

身体を捧げるんじゃないの?と驚いたティアナは、愛想笑いを浮かべるのでした。

 

前に立つアシュレイを見つけ、水神様…と呼ぶティアナ。

お前の村の贄のせいで、今は神から悪魔に堕ちたんだよ…とアシュレイは説明します。

落ちぶれた水神に幻滅したか?と聞く彼に、ティアナは笑顔を向け…。

それでも…私は水神様の元にたどり着けました!と言う彼女に、調子を狂わされて頭を掻くアシュレイ。

昨日はよく鳴いていたが…大丈夫なのか?と、話を逸らしました。

ティアナは頬を上気させ、ありがとうございます…と呟きます。

悦びを知った彼女の体が、疼くのを感じるアシュレイ…。

彼は満足そうにティアナに口づけ、これからも楽しませてやろうと囁きました。

思わず、水神…と呟くティアナ。

アシュレイと呼べ!と告げ、彼はその場を去ります。

ティアナはこのルミナ郷で、アシュレイとの生活に思いを馳せるのでした。

水神様の仰せのままに~生贄少女は悪魔に溺愛される~ 感想

ヒロインのティアナが純真無垢で、とっても可愛らしいです!

しかもマシュマロボディで、魅力的…。

アシュレイが処女を奪うのですが、とってもラブラブな感じですね。

タイトルからして神様と結ばれる系ですが、嫌な気持ちにならないで読めました。

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍