漫画ネタバレ

少年のアビス68話ネタバレ!墓守の告白

「少年のアビス」68話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

お前が今生きて、この見た目の良い女とセックス出来て、心中ごっこして、浮かれてられんのは誰のおかげだかわかってるか?と言いながら令児の肩を掴む玄。

そしてこういうのでした。

「お前の親父殺してやった俺のおかげなんだぜ?」

あの日、包丁を両手にして風呂場で父親の背中を刺した玄・・・

令児の額の傷を触りながら

俺とお前はずっと、地獄<ここ>におるんや。

そう、いうのでした・・・

「少年のアビス」68話ネタバレ

父親に殴られ気絶した幼少期の令児。

病院のベッドで目を覚ました時、母親に、お父さんは逃げたと言われます。

令児は気絶をしていたから覚えてないだろうけど、灰皿を投げられた時に血がすごく噴き出て、令児が死ぬと思って逃げたのだろうと語る母親。

そして、令児の頬を触りながら「よかったね令くん、あたしたちもう大丈夫よ」というのでした。

令児は、やっと地獄が終わったと思っていました。

なのに今、知らされる父親の殺害。

自分の額の傷を触りながら、

父親は逃げたって母さんが言ってた

もし玄が殺したなら母さんも知ってるはず

と、ポツポツと話します。

そんな令児に玄は「・・・お前の親父刺した後、俺の手から離れなかった包丁を取り上げてくれたんはお前の母ちゃんやった」と語ります。

血まみれの玄の手から包丁を取り上げ、玄を抱きしめながら大丈夫、何も心配いらないからねと言う母親。

「おばちゃん 玄くんのこと一生守るから」

何も言えず、ただ血まみれになった令児の父親を見ている玄・・・

その後、場面は変わって玄はボーっとTVを見ています。

すると、玄の父親が入ってきて玄を呼びます。

父親は死体を包んでいて「帰るぞ」といいます。

玄は、辺りの山を見渡しながら、「親父はどのあたりにお前の親父埋めたんやろな・・・」とつぶやきます。

自分には何も言わずに全部片づけてくれたという玄の父親は、一言だけ「一生この山 守れよ」と玄に言うのでした。

令児はうなだれながらそんなこと言われても、無理だ自分にはもう背負えない・・・そう言います。

そして、隣で気絶しているナギを見ると玄の方を向き膝間づいたまま、ナギさんを埋めるなら、自分も一緒に埋めてくれ

そう頼むのでした。

玄は令児の胸ぐらを掴んで、自分にまだ背負わせるのかよ!?と怒鳴ります。

今度は3体も死体守って一人で生きろっていうのか!?と。

そして、玄は言いたいことを吐き出します。

自分はただ親友を助けたかった。

この町で一緒にずっといてくれるだけでいい。

それだけでいいって・・・

それだけなのに・・・

なんで令児を中学になってから殴るようになったと思う?

令児が自分を避けたからだ

自分がヤンキーになったからか?

普通でなんかいられなかった!

11でひとをころどうやって普通の中学生になれって言うんだ?

なんも知らねーで自分を裂けて知らねーやつと笑ってるのが許せなかった!

・・・こんなこと一生言うつもりなかったのに・・・

言っちまっただろーが・・・!

望み通りこれからぶっ殺してやる!

死ねよ!

玄は、一通り令児に吐き出すと・・・

少しの沈黙の後、できねー・・・とつぶやきます。

そして、泣きながら令児を見て

「お前が好きだ 令児」

そういうのでした・・・

「少年のアビス」68話ネタバレ感想

衝撃の告白・・・

まさか死体を守るためだったなんて。

そして虐めていた理由も、そんなにつらいものだったなんて。

玄は今までどんな思いで生きてきたのか。

令児は、玄を受け止められるのでしょうか・・・

「少年のアビス」69話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍