漫画ネタバレ

少年のアビス71話ネタバレ!笑う女

「少年のアビス」71話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

少年のアビス70話ネタバレはこちら

ナギに「制服の方にはお売りできません」と言われたことを思い出しながらも、レジの人が出すタバコを見て

“・・・そっか、もう高校生じゃないんだった”と思いながらコンビニを出ます。

そしてコンビニ横で、ナギが「一服しないとやってらんないことばっかりだよね」と言ってタバコを吸っていたことを思い出しながら

今買ったタバコを口にするのですが

「・・・あ、火 ないや・・・」

と、空を見上げながら思うのでした。

「少年のアビス」71話ネタバレ

年が明け、令児の日常は募り積もる雪の中でまた・・・

「ただいま」といい、玄関のドアを開ける令児

次の瞬間、異臭が鼻を挿し・・・

鼻を抑えながら「・・・ばあちゃん?」と部屋のドアを開けると

部屋の手前には祖母のおむつが落ちていました。

そして部屋の奥には・・・冷蔵庫を開けて、座り込んでいる祖母の姿が。

よく見ると、祖母はおもらしをしています。

「ばあちゃん・・・!」と言いながら何してるの、風邪ひくよ!と話しかける令児

見ると、祖母の手にはお酒が握られていました。

「これ兄ちゃんが買ってきたお酒やろ?飲んだらいかんよ!」とお酒を取り上げる令児。

祖母は、あー!と叫びながら返せ!バカ!と暴言を吐きます。

そんな中、兄がすぐにやってきて「すまん ちょっとうたた寝してたら・・・」と言うと、祖母を抱きかかえてお風呂に連れていきます。

その後、祖母が寝てしまうと・・・

令児は兄に、冷蔵庫にお酒を入れたらいかんって・・・ばあちゃん結構目ざとく見てるから・・・と注意します。

兄が忘れとったすまんと言うと、うたた寝したのは兄ちゃんものんだからだろ?と咎める令児に、「飲まんとやってられんのや!」と声を荒げる兄。

四六時中祖母のことで気を張っていないといけないし、バイトの面接は受からない、それにもうすぐ母親も帰ってくるのです。

そういって愚痴る兄に、令児が

選ばなければ働き先はあるよ、交代でばあちゃん見れるように働こうって言って・・・と言うと、それを遮るように

「あれや・・・!もう少し我慢するわ 春になれば絶対募集増えるし 早まってもしょうがないけん・・・」

と言いながら、兄は自室へ戻ってしまうのでした・・・

そして令児も自室に戻り、コートをハンガーにかけようとしていると

ドンっとドアをたたく音にビクッと驚く令児。

兄はドアも開けずに令児に話しかけます。

「・・・令児 夕方また峰岸の親父が来た 玄からお前に連絡きたか?って・・・来てないと思うって言っておいたけど・・・」

令児は、うんきてないよと言うと

「もう消えて3か月・・・とっくに町でとっとるやろあいつ・・・」と言いながら、兄はまた自室に戻っていくのでした。

あの日

令児が最後に玄に会ったあの日

あのまま、玄は消えてしまったのでした

その後警察が令児の元に来て、「付き合ってる彼女と無理心中をしようとしたんよ」と聞かされる令児。

彼女は刺されたりしたんだけどなんとか逃げて通報しに来て、玄はそのまま行方をくらましたという警察。

そこで幼馴染の令児に、連絡が来ていないか確認をしに来たのでした。

あの日、“令児 俺も町を出れん・・・”と言っていた玄のことを思い出す令児。

そして・・・

松葉づえを使う母親を支えながら、令児は帰宅し・・・

家に入ると、兄が母を迎えます。

笑顔でただいまと言うと、自室に入り、ベッド買ってくれたん?と言う母。

うん、中古やけどねと令児は言いながら、母をベッドまで支えます。

ベッドに座り、落ち着いてから母は本当に信じられない、この家で令くんと無理心中しようとしたなんて・・・と言います。

母は、記憶喪失になり、事故前の記憶が飛んでいて・・・全部なかったことになったのでした。

自分が「あんたが大嫌いだ」と言ってやったことも・・・

覚えてないんだけど、1人で車にひかれに行ったのは自分だけ死ねばいいと思ったからだと思う、と話す母親。

自分が令児にたとえ一緒でも死んでほしいなんて思うわけないもの・・・と目に涙を浮かべます。

令児は母に、あの時は混乱しとったんよと言い、でももう大丈夫だからと母の肩に手を置くと、その手にすがる母・・・

ふと、令児は祖母のデイノートを入れ忘れたことに気づき、バイト先の通り道だから施設に届けてからバイトに行くと言い、部屋を後にします。

令児がドアを出た音がすると・・・

母親は、とても満足そうな顔をするのでした・・・

似非森に、母親の記憶喪失のことを話した時、似非森は笑っていました。

「そうかふふ…記憶喪失ねぇ・・・入院費は全部、轢いちゃった先生が払って、ボクとナギは東京に戻って

令児くんとまた一緒に暮らせる ハ・・・さすがだ・・・結局 彼女の一人勝ちだ」

その言葉を思い出しながら、施設へと向かう令児。

施設につき、ノートを職員に渡し出てくると、そこには段ボールを持ったチャコの父親が立っていました。

令児はすれ違いざまに会釈をすると・・・

お茶の入った段ボールを、令児にぶつけてくるチャコの父親。

中身が散乱すると、それを拾おうとする令児に「触るな!」と叫ぶ父親。

「不幸の菌でもばら撒いてんのか?お前の一家は?」

「おかげさまで朔子の人生はめちゃくちゃになったよ」

そう言われるのでした・・・

「少年のアビス」71話ネタバレ感想

令児の知らぬ間に、チャコに一体何が・・・?

それにしても令児の母親、本当気味が悪いですね・・・

不幸の菌、ばら撒いてますよね・・・!!!

次回、チャコのことが気になって待ちきれませんね!

「少年のアビス」72話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍