漫画ネタバレ

少年のアビス73話ネタバレ!ボクたちの失敗

「少年のアビス」73話についてネタバレをまとめました。

[前回のあらすじ]

少年のアビス72話ネタバレはこちら

令児はチャコの家に向かいます。

玄関開いているから部屋に来て、とチャコからのラインを確認した令児は、家の中に入ります。

そして、チャコの部屋をノックすると、中から出てきたチャコ。

そこには、とても痩せて綺麗になった姿のチャコがいて・・・

「少年のアビス」73話ネタバレ

三か月ぶり・・・やね

そう言われ、固まる令児

チャコは廊下に突っ立ってないで部屋に入りなよというと、ベッドに座って

「びっくりした?」と聞きます。

令児は、どうしたの?と真剣なまなざしをチャコに向けて言います。

チャコは「いやいやそこはほら 痩せた?きれいになったね~!とかお世辞でも言ってほしいんだけど?」と茶化しますが、令児は何も言えません

チャコはため息をついて、もういいから早く部屋に入って、寒いよと言います

令児が部屋に入り、顔を横の本棚に向けると・・・

そこにはガランとした本棚がありました

あれだけたくさんあった本が、すっかりなくなっていてびっくりした令児は本は?と聞くと

捨てた とつぶやくと、令くんまた髪伸びたね、自分も気が付いたらすごく伸びてて・・あ、お母さんはどう?もう普通に生活できるの?と話を変えていくチャコ

令児はそんなチャコの話を遮って、学校行けなくなったのは自分のせいやろと言います。

チャコは違うよ、令くんのせいじゃないと言うと、あのあと学校で自分が一気に人気者になったことを話します。

みんな興味津々で、見直したとか伝説作ったとか言われたし、令くんのことカッコイイって言ってた子もいたよ と言うと

じゃあなんでいけなくなった?本もなんで捨てた?なんでそんな痩せて・・・何があったんだよ!と問い詰める令児

昨日も行ったけど 聞いてどうすんの?と冷たい視線を向けるチャコ

自分はチャコが色々自分で考えて決めて、きちんと学校にも行ってると思ってたからも会わない方がいいだろうと思っていたけど

あの日からチャコがおかしくなったのならそれは自分のせいだから知らん顔できない!と言います。

チャコは そっか、見下してた令くんに同情されるくらい堕ちちゃったかと言うと・・・また久しぶりに“告解ごっこ”やろうよと言うチャコ

2人は向かい合って布をそれぞれの頭にかぶります

そして、チャコは告白を始めました

学校では全然ダメージがなくて自分も安心したこと

病院で令児に宣言した通り、自分は家から通える大学に通って、就職して、ずっとここで親を安心させる一生を送って死ねる

そう思ったけど、その日・・・

久しぶりの家族そろっての夕飯で吐いてしまった

味がいつも通りだった。何も変わらない今まで通りのいつもの味に、

これから何が起きても母は変わらずこの味を出してくる。そして家族4人でいつまでもいつまでも食べ続けるんだと思ったら・・・

それ以来母の料理を食べられなくなり、学校で倒れたり気を遣われて面倒を賭けているうちに体重が減り、気力も削げて無気力になってしまった

だから今は何もせず、ただここにいる

そう言うと・・・

あの時ちゃんとチャコの元に戻るべきだったと後悔する令児

でもきっと、令くんは何もできなかったと思う。そして自分はそれにうんざりして結局家に帰ったと思う。

でもそしたらきっと、その夜に出されたご飯は食べられていたと思う。

私たちは、そこまでしなければいけなかった。

そして子供じみた自分にうんざりして嫌気がさして、ふてぶてしくご飯を食べていたら今頃この町の“大人”の一員になれていたのに。

チャコはそう後悔するのでした。

そして、令児はまだ青江ナギと死にたい?一生を母・兄・祖母を抱えてこの町で生きる覚悟はできてる?ときくと

令児の手を掴んで、今度は嘘つかないで応えてと言うチャコ

令児は動揺して、できてないけどやるしかないから・・・!本当は嫌に決まってると思いを吐きます

チャコはそんな令児に

2人で大人になろう

そういうと、自分の服を脱いで下着姿になり

あたしを早く大人にして 令児

そう言い、布をかぶっている令児の頭を抱くのでした。

「少年のアビス」73話ネタバレ感想

チャコの親や祖父、凄く時代錯誤で気持ち悪いと思ってしまいますが

きっとそんな家庭は周囲にたくさんあるのでしょうけれど、

子どもを縛る親が密集する町・・・嫌ですねー!!!

令児はチャコを抱くのでしょうか・・・?

次回が気になりますね!

「少年のアビス」74話のネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍