漫画ネタバレ

高嶺の恋はめんどくさい4話ネタバレ!優秀な慎の一面を見て…!?

めちゃコミックで配信中の「高嶺の恋はめんどくさい」4話のネタバレです。

【前回のあらすじ】

慎から食事に誘われた亜紀。

断るところですが、打算的な理由からその誘いに乗ります。

しかし友人からはそのまま付き合っちゃえばいいと言われ…?

高嶺の恋はめんどくさい3話ネタバレはこちら!

高嶺の恋はめんどくさい4話ネタバレ

発展しない相手なんだもん、適当な感覚で会ってたら周囲は勝手に勘違いしてくれるよ、と話す麻衣子。

まあ小田切さん本人も勘違いするだろうけど、小田切さんは亜紀ちゃんが誘いに乗ったって事実が重要なんだと言います。

亜紀ちゃんもその気はない訳だし、WINWINじゃない?と言う言葉に、確かに…と思ってしまう亜紀。

私は小田切さんだけに気を配ってればいいんだから…そうすると…と悩む亜紀を見て悩んでる悩んでると麻衣子は笑います。

殺してやりたいレベルの贅沢な悩みだわーと言われ、おいーと返す亜紀。

仕事も落ち着き、6時半を迎えるとまだ慎は仕事をしており、亜紀は先に行くかなと会社を出ます。

大人の女がこれから男とデートに行くって恰好じゃないのは解ってる、といつも通りの姿でホテルに向かう亜紀。

麻衣子からは頑張って落とせ、明日詳しく聞かせてね、というメッセージが入り、昼間と言ってる事違うじゃん…と思います。

はいはい明日ね、と打ち込んでいると背後から待たせた?と慎が訪れます。

この人を過剰に喜ばせるつもりもない、それがいつも通りの服装の理由でした。

好みを聞きそびれたから予約してないけど何か食べたいモノある?と言う慎に好き嫌いはない、と答える亜紀。

日本食恋しいんじゃないですか?と言うとロンドンでも日本食は普通に食べられるからそれほどでもないと慎は答えます。

ワインが好きだと言う亜紀に慎がタパスを提案し、生でフラメンコの見れる店へと入る二人。

慎が、ハハと笑う笑顔に思わず亜紀はドキッとしてしまいますが、いかんいかんと我に返ります。

イケメンの笑顔の破壊力は素晴らしい、それは認めるけど、残念ながら響かないのよね、と思う亜紀。

オススメを聞く亜紀に最初はスペインのビールはどう?その後カバにしようかと言われ、亜紀はカバ?と尋ねます。

動物のカバじゃないよと言われわかってますよ!と怒る亜紀を見て、あははは、と笑う慎。

小田切さんマジでうちの女の敵トリオと気が合いそうだなあ…と亜紀は考えます。

2人で乾杯をし、美味しい料理とアルコールに嬉しそうに舌鼓を打つ亜紀。

運ばれてきたカバを、これがカバなんですか?と言って飲んでみると、こちらもとても美味しいものでした。

スペイン産のスパークリングワインだよ、とシャンパンとスパークリングの違いを説明する慎。

一切興味のない相手だとしても、博識でいろんなジャンルに精通し、話し方は柔らかくウィットに富んでいて面白い、と感じる亜紀。

そりゃおモテになりますわあ、と納得します。

説明を受けたワインが高級なものであることを聞いた亜紀はごちそうさまです、嬉しいです、と笑顔を向けます。

これは別に媚びてる訳じゃなくて美味しいものに対する素直な反応だからね、と内心で思う亜紀。

そろそろ今日の本題なんですが…と亜紀が言うと、慎はそうだね、と返します。

慎は亜紀に会社でどの人にどんな仕事を頼むと得とか、損とか、そういうものを聞きたかったと話します。

小田切さん、早くも女性達の心を掴んでるから誰に頼んでも良さそうですけど、と言う亜紀。

しかし慎は誤解されても厄介だろ?と返します。

均等に頼むにしても仕事は向き不向きもあり、効率だってある。

地雷は困るし出来ると思ってた人ほど出来なかったり、面倒が起きやすい、味方はいらないけど敵は作りたくないと言う慎。

その点君はそういう心配はないだろ?アンタッチャブルさん、と言われ若干イラッとする亜紀。

それなら私より星野さんに聞く方が正確な気もしますけど?と返します。

勿論聞いてるさ、照らし合わせてより良い分析をしたいんだ、と答える慎。

データはいかに正確なものを手に入れるかにかかってる、と言われ慎が本当に優秀なんだ、と亜紀は実感します。

麻衣には悪いけれどこの人に仕事が出来ない女と思われたくない、と亜紀は思うのでした。

高嶺の恋はめんどくさい4話感想

意外な所から良さを知ってしまう感じですかね?

次回も楽しみですね!

高嶺の恋はめんどくさい5話ネタバレはこちら

漫画好きなら使わないと損!電子書籍完全比較!

漫画好きなら必見の2020年最新の電子書籍サービス完全比較!

あなたに合った電子書籍が必ず見つかります↓

電子書籍